ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2019 冬ドラマ

「2019年冬ドラマ総括」

「フルーツ宅配便」が終わって、まだ「ボロ宿紀行」が残るものの世間も春。冬ドラマが終わりましたよ。結局完走したものから、ジャスミン的順位発表でーす!
なにかと特撮が印象に残り(「3年A組」「トクサツガガガ」)、実在しないヒットソングにはまってしまう(「日本ボロ宿紀行」「トクサツガガガ」)シーズンでもありましたw 深夜ドラマのニッチ狙いな面白さ(「日本ボロ宿紀行」「ワカコ酒(4)」「フルーツ宅配便」「天」)もありましたねえ。

1位「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」
2位「フルーツ宅配便」
3位「日本ボロ宿紀行」
                      特別賞「まんぷく」
4位「トクサツガガガ」
5位「3年A組 今から皆さんは、人質です」
6位「みかづき」
7位「我が家のヒミツ」
8位「グッドワイフ」
9位「ハケン占い師アタル」
10位「家売る女の逆襲」
11位「ワカコ酒(4)」
12位「天」←大阪では秋の地上波放映なかったので、今ここ。       

もーう、ほぼ主人公女性ですねw 今期旦那が忙しくて教育系の「3年A組」「みかづき」&「ワカコ酒(4)」以外は、ほぼ私チョイス、旦那は興味ない系「グッドワイフ」「アタル」「家売る女の逆襲」を見続けられたためでもありますが、別にその3本、超面白かったわけでもなくてねえ。
むしろ旦那も、疲れすぎてて毎回寝るくせに見たがってた「トクサツガガガ」「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」」は名作でした。最近のNHKは面白いですよねえ。意欲作が続きます。

漫画原作人気いまだ衰えず(「トクサツガガガ」「天」「フルーツ宅配便」)、そこに小説原作(「みかづき」)はともかく、エッセイ原作(「日本ボロ宿紀行」)やアメリカドラマ翻案(「グッドワイフ」)はまた新たな潮流を作るのか。そして「ワカコ酒(4)」の様に、ネット独占配信が先な作品もこれからもっと出てくるんでしょうねえ……。酒や食事は季節感も大事なので、むしろもう少し遅らせて季節合わせて放映して欲しいんですけどw

主演女優賞「グッドワイフ」蓮見杏子:常盤貴子
   久しぶりの常盤貴子の魅力で完走しました。
主演男優賞「フルーツ宅配便」咲田:濱田岳
   超絶お人好しに得心、エロも薄まる絶妙な配役!
助演女優賞「トクサツガガガ」母:松下由樹

   こんな親、嫌だけど居そう。抵抗できなさそう。
助演男優賞「みかづき」高橋一生
   教員界を免許でなく人間的魅力で生き抜いた男w
新人賞 「まんぷく」タカ:岸井ゆきの
   一度見たら忘れないインパクト、中学生も演じます!
(「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」のヒロインも候補でしたがが、別番組で見て分かる自信がなかったので…)

ベストオープニング賞「天」
   むしろ毎回マックス嬉しいのはオープニングw
特別作品賞&ベストカップル賞「まんぷく」
   萬平:長谷川博己、福子:安藤サクラ
   いやもう、イチャイチャを堪能しました。もっとやってw

「フルーツ宅配便」~最終回 ☆☆☆

 大団円でホッとしました。

 とりあえず、エミがデリ嬢だったのは小田ちんにもバレたよね~。でも、実際にラブホに呼び出してエミ本人だったら、勃ってない!と言い張って何もせず帰ったのでギリセーフ? てっきり咲田が喋ったと思うエミですが、そこを勘違いでひっぱらずにすぐ違うと伝わるのもいいですよね。
クスリ漬けで嬢を使い潰す様な元の店から、なんだかんだ咲田のフルーツ宅配便に移籍して。何千万円と言われてた借金も、ミスジ懇意の弁護士に整理させたら何百万に減って万々歳。恨みを買った店長(田中哲司)にバレないようにHPに顔は出さないけど、それでも売れっ子になるエミ=グレープフルーツちゃんですよ~ん。偽名で指名しようとする小田ちんw 何がしたいんじゃw

 そんな平穏な日々が続くはずもなくて、警察に踏み込まれたフルーツ宅配便は営業停止!元の上司に東京に呼ばれる咲田。本当ならそこで、デリヘルとは縁を切ってカタギの仕事に戻ればいいだけなのに。さらわれたエミを助けに、当然駆けつける咲田は、これまた当然ケンカで勝てるわけなくてボッコボコですよorz
「俺は何も出来なかった」
と歴代の理由あり嬢たちを思って吐露する咲田。せめて逃げない、と言い張るのですが。エミも言ってくれてるように、そんな何にもなんてことないですよ。話を聞いたり笑いあったり。咲田がそこにいただけで、何かしらホッとして暮らしていけたはず……。そしてあわやでジャジャーンとお仲間登場!決意の咲田が持ってきた役立たずのアレ(金包みかとw)が、GPSとマイクになってましたとさ。悪者がちゃんと逮捕されて法の裁きを受けるようでホッとしました。
ゲスト「上野さん」(大窪人衛)の所業が不明。流しの女衒で、女の子の値をつけているってことは……(^^lllll) これ露骨に描くことも出来たのに、カットで怖さが増したかも。風俗業界を描きつつ、友情と人情を厚めに、エロをソフトにしたことで、いいドラマになったと思います(しかし、マサカネ恋する回でのミュージカルはなんだったのかw)

 そして咲田は東京に、エミは元凶の母親と北海道へ。えええ。ここ結ばれてもいいと思ってたのにな。一夜の関係にすらならない、それでこそ友達なのかー! エミの毒母は、またやらかしそうで心配です。
で、戻ってきてしまう咲田。うーん、東京での堅気の暮らしと、愉快な仲間と営むデリヘル業、私が咲田の親で事情を知ったら、泣いて東京行きを勧めるかもしれませんがw あの上司がどれだけ信用出来るのか。視聴者としては続編が期待できてワクワクですね。

「グッドワイフ」~最終回 ☆☆

 えー、浮気してたんだ……。

 裏切り者の正体が部下の滝藤賢一で、涙目で落ちていったのはかわいそうでしたが……。正直そちらの騒動よりも、旦那が結局浮気してたことの方が衝撃でしたわ。それもハニトラ仕掛けた記者(相武紗季、意識不明の後はどうなったの?)とじゃなくて、今は奥さんと仕事している みちる(水原希子)と!
当時は蓮見とみちるは同僚、でも事後すぐに みちるが職場を去ったから、と
「一度だけ」
と念押しされましても。幸せセレブ主婦だったヒロイン杏子(常盤貴子)が、旦那逮捕から世間にもみくちゃにされた騒動の中、唯一良かったのはみちると逢えたこと、とまで喜んでいた相手だったのに、がっかりですよね。せっかく旦那(唐沢寿明)の無実が証明され釈放。家に戻ってきて子供達も喜んでいたのに。こんなに早く追い出す羽目になるとは。

と、信用が更に揺らいだところでの多田(小泉孝太郎)逮捕!

蓮見復職の、初仕事がそれってw 杏子の留守電に愛の告白したの、がっつり聞いた上に削除してましたからねw 小宮検事(野間口徹)と癒着の疑い、収賄容疑、といいつつ私怨丸だしですかー?

いつものフットサルの日と、多田が毎月10万円引き落としている日とが一致w おまけに、みちるの謎人脈は
『店内の他人が偶然、そのフットサル飲み会を撮影』
した謎写真を入手w いや、なんでw  ちょうどよく隅っこの多田が封筒渡してるわ、2枚目で小宮が金数えてるわw 手前のグループがインスタにでも揚げていたんでしょうかw しかも、杏子に避けられたみちるはそれを、敵側の脇坂(吉田鋼太郎)に渡してしまうんですよー!
実は渡すのは本当に渡してたし、過去には金でいろいろ解決もしてた多田! 事件まで旦那のことを何も知らなかったように、同期の多田のことだって何も知らなかったんじゃないんですか……!
ああ、、絶対絶命。

と、思わせておいて、実はその金は『冤罪被害者救済運動』への寄付というまっとうなものでした。←だったらすっと言えばいいものをw
言い逃れだ!と騒ぐ脇坂ですが、検察が出したその写真こそ、地道に救済活動に関わってきた証拠と指摘されてしまいます。なにしろ写り込んでいる店の主人(鈴木拓)は冤罪被害者。その件が裁判中なので、影響を心配して言えなかった、と。ほんと、こういうところ毎回うまいんです。

と、そこへ駆けつける蓮見と検察の大群。多田を隠れ蓑に、本当の狙いは多田が無罪にした正当防衛事件を『二審で有罪にしろ』と指示してた御手洗(中村育二)の逮捕だったのでした。やったー。 蓮見逮捕の時にも、裏であれこれしてましたもんね。追い詰めてやれー!

そんなこんなで一件落着、蓮見と杏子もやりなおせなくはないのですが……。
「もう、いい奥さんはやめる」
と、離婚の意思が固い杏子。弁護士として生きていくようです。うん、これだけ有能なんだもの。それに自分も駒として動かされているとわかってしまったら、あの旦那さんの横にはいられませんよね……。

二転三転する脚本の面白さと、常盤貴子の魅力でずっと見ていられました。原作もずっと続いていることだし、続編あっても楽しそうですよね。でも奥さんでなくなっちゃったら、タイトルはどうするんでしょうw

「家売るオンナの逆襲」~最終回 ☆☆

 三軒屋マチはお母さんになりました。こりゃパート3は子連れで登場かな!

 前作でも十分変な人だったマッチーですが、今作では変顔も変行動もパワーアップ。毎日朝晩フルコースを準備するほど家庭料理に縁がなかったそうで(えー、ホームレスになる前は普通に育ってたのに?)あの激務の中どうやってか買い出しを済ませ完璧に料理し、完璧にパッキングされて旦那さまの帰りを……タッパーの料理が、待っているんだとか。 もっとお茶漬けさらさら~とか、べちゃっとした焼きそばとか、気軽な適当料理がいいんだよと嘆く課長。ふらっと浮気しそうにもなりましたが、愛で踏みとどまりました。よ、男前!

 そして三軒屋リスペクト留守堂さん。実は幼馴染で、命を助けてくれたマンチッチに一生ついていく!と、ふさわしい男になるため名前を変え整形までしたヤバい奴でしたよ(^^;;;;)哀れ片思いを散らせた足立王子は……、ふっきれてひとつ大人になったね☆てな描き方で、かわいそうでしたわ。それこそ次作では、素敵なパートナーをみつけてほしいです。

 なにしろ元々ドジな留守堂くんたら、人工呼吸までしてくれた相手を間違えていたんですってよー!(え、死にかけてた本人はそりゃ間違えても、クラスメイトには記憶鮮明。卒業まで夫婦扱いされるでしょうにw) 人生賭けた思い込みを否定され、逆恨みした留守堂くん。何年もかけて三軒屋メソッド搭載の不動産AIを開発!ライバル社としてテーコー不動産を徹底的に叩いてくるのですが……
・ゲイカップルに旗竿地をお勧め
は今作でしたが
・事故物件は、葬儀屋や手術室看護婦に
・引きこもり娘と暮らせる家
と前作メソッドが結構多くて。今作からの視聴者にはピンとこない攻撃になってませんでしたか。かといって、じゃあ今作の目玉アイディアは……と考えてもあまり感心するものがなくてねえ。

 親孝行したい娘と、友達との暮らしを大事にしたい母の回だって、リフォームしなおしてまで同居しなくたって。勝手に娘が近くに住んで、会えればよくない? デザイナーの勝手なリフォームが無駄、の主張は分かりますけど、じゃあその代金は誰がもつのか、そこも大事じゃないですかー。むしろ、スケルトン風呂に住みたい特殊な家族を探してきてほしかったですよw
ラストの集合住宅も、親戚でもない老人世帯に保育園児を預ける前提ってw 助けてもらう若夫婦はありがたくても、老夫婦の方は、わー赤ちゃん預かれるぞラッキー♪と金払って入居するんですか? 更に年をとって子守が出来なくなったら? 高齢者にアピールするひと昔前のスターを、マジック団体にして留守堂と足立のフェンシングを活かしたのは面白かったんですけど…(メダリスト太田選手まで登場w)その先の、だから売れるぞーに無理がありすぎな最終回でしたよね。
あ、旦那の職場近くに越して、保育園送り迎えは旦那がすればいい!は、論旨はいいんですけどそれを旦那のいないところで決めているのがなんとも。 


 そう思うと、シリーズ続編を作るにはネタ切れですかね。
ライバル留守堂さんも、結局は敵対をやめ、マチが探してきた真実の恩人=餃子の味の人工呼吸の人w と幸せに暮らしておりますし……。
 庭野がまたなにもしないままで終了w あ、お父さんが来た回があったねー、それだけだねー。ダメじゃん!

「ハケン占い師アタル」最終回 ☆☆☆

なんと! まさにタイトル通りになって終わるんだw

企画では、いい感じだったアタルの卒業式案。ところが、ご自由にといいつつクライアントが口を出す出す! ケーブルTVで生中継しよう、に始まって社名を写せの来賓は誰それ、当社イメージカラーで壁をペイント、挙句は生徒の呼びかけ(「必死で走った、運動会~」『運動会~』ってアレかな?)に社名を入れろってw その都度、生徒の思い出の絵を飾るなど軌道修正を図っても、また別の無茶な案を出す(^^;;;) おまけにチームの面々も、恋愛や家庭問題がそれぞれに起きて悩みいっぱいで、案の定本番はガタガタに(TT)
保護者の怒号飛び交う、電源の落ちた体育館。主役のはずの生徒こそいい迷惑なのに何も言えずに
「なにこれ」
「せっかく練習したのに…」
と気落ちする心の声を、次々に寄り添って代弁していくアタルちゃん。その声に勇気付けられて立ち上がった生徒から、呼びかけの感謝の言葉が始まりましたよ。……もう泣くでしょ、こんなの\(T▽T)/

そうやって悩みや苦しみを見透かすことは、アタルも同じ苦痛を味わうことで先週倒れた様に自分の体調を崩してしまうかもしれないそうですが……、それでもやっぱり、占いで生きていこうと決意するアタルちゃん。最後にチームの面々を占って……。

課長は、介護退職せず続けて行けるよう家族と話し合うべき。上野と田畑は、アタルに背中を押されて愛の告白をしあってw 神田は、お腹の子の父親と復縁。残念ながら目黒くんは失恋です。でも、これから運命の人と出会って、結婚して、いいお父さんになれるよ……と笑顔で保証するアタルちゃんの言葉は、本当に占いなのかな。あまりにも目黒本人の望みそうなぽわーんとした未来で、ただ言ってほしいことを言ってあげただけ感w 持ち物ピンクw また目黒が好きそうなw 品川くんへの「才能あるよ」もそうだよねw でもそれも占いのうちなのかな。
こんなに仕事とチームが好きになるとはアタルは見通せずにいたわけで、占い占われて未来は変わっていくのですわ。
そうそう、部長はどうせもう社内で出世の道はないんだからw 友人に誘われてる企業立ち上げの話に乗るべき。奥さんは反対してたけどw どうしたらいいか、みんな本当は自分でわかってるんじゃんって描き方でしたよねー。ただその背中を押す、それがアタルの占いなのかも。

周囲と自分を隔てる黒い眼鏡を、捨てて。
知らない会社に入っていくアタルちゃん。

「今からあなた方を観ます」
きゃー私も見てもらいたい、ハケン占い師アタル! まさかこんな健康診断に来たお医者さんみたいに占い師来るとはw

中だるみはありつつも、ぶれずに楽しめました。特に4月から環境が変わる人への応援になっていそうで、それも良きかな。 

「我が家のヒミツ」1 ☆☆☆

 ネットオークションにはまる妻(佐藤仁美)
そして若返ったと周囲に美容法を聞かれまくりです。「何か始めたの?」ってライザップだよね(違)

 実際は、オークションで生活に張り合いがでた効果ですって。
入札評価が、自分へのほめ言葉に思えてくるのかー。あるかもしれませんねえ。それに家の不用品が小金に変わるのは魅力的です。私は梱包と発送が面倒に思えて手を出していませんが、最近はそういうのも簡単になってきてると娘情報。やってみようかなw

 それにしても、この家の子供たちがまーあ可愛くない。
お母さんの誕生日も、促されてやっと棒読みの「おめでとうー」
初オークションへの入札でヒロインが喜んでも、若いって言われたと上機嫌でも、水を差すようなことしか言わないの。挙句、PTAでいつになく積極的な質問をしたヒロインが『是非役員に』と勧誘された件でも、旦那(ココリコ田中直樹)も一緒になって鼻で笑うんですよ。曰く社交辞令を真に受けてる、雑用を喜ぶなんておめでたい、等々と超イヤな感じ……。
 きちんと片付いた家で、美味しい料理作ってこまめに世話してるいい奥さんなのに、もう可哀想で。

 もう心の支えは入札評価『とても良い』だけになってきたヒロイン、売れる物を求めて押入れをごそごそ。旦那のアコギを売っちゃいますw どーせ弾いてないじゃん!って、老後に習い直して弾くのが夢なのよー

その後も口喧嘩の腹いせにレコードプレイヤーを出品。どーせ使ってないじゃん! って、それも老後の(^^;;;;)

どちらも見る間に入札者が群がって高値がついて、焦って検索して価値を知るヒロイン。どーしてまず検索しないんですかw

挙動不審のヒロインと一緒に、いつバレるのかとこっちもヒヤヒヤ。
そのうち、思うところがあったご主人が妙に優しくしてくれて。出張先でイヤリング買ってくれたそうで
「これは売らないでくれよ」
って、え、バレてるの?どうなの?
そしてずっと君と共に、と旦那が思い描く幸せな未来には……うわ、やっぱりあのレコードプレーヤーが必要ですよ。本当はギターもだけど、せめてプレーヤーだけでも。さあ、落札間際、どうにかできるのかw がんばれー!

次回は母親役はやっぱり佐藤仁美で、でも違う家庭のヒミツが描かれるそうですよ。珍しい形のオムニバスですね。

「ワカコ酒(4)」~10 ☆☆

 さ、秋刀魚の焼き具合がたまりません(><)

 今回ワカコさんが訪れたのは、両国の古い定食屋。また目玉焼きでもアテに呑むのかと思いきや、鯖の味噌煮にタコの酢物ですよ。ドラマ内は秋ですからねw それぞれに
「ぷしゅ煮~」「まろぷしゅ~」
と変化形が飛び出してビックリしましたってw

 そして翌日はオフィスで同僚さんの大きなお腹なでなでw 産婆さんの話などしての帰り道には、また同じ定食屋に入って今度は秋刀魚焼いてもらっての、いつもの
「ぷしゅ~」
でした(^^)

 定食屋に、若い女の子が一人酒。相席どうぞなんて言われていたら、さぞコッチ来いとオヤジどもがうるさそうじゃないですか。でもワカコ酒の呑み助たちは案外シャイでw 相席のおじいさんなんて違う向きに座り直して、目線逸らして飲んでましたからねw そして翌日、自然に「昨日もいたね?」と話しかけてくる。こういう節度ある常連さんだったら、いいですよね~。
秋刀魚の身はビールと、ワタは日本酒で合わせるんだそうですよ!

 こういう店はビールが高くて案外会計が高く付くんだよね、等々と旦那が定食屋を語りだしましたw 行ってみたいけれど近所にあるのかな?

「トクサツガガガ」~最終回 ☆☆☆

 カラオケで仲直りの回、最高でした。
BeeBoys、救急機エマージェイソン、ラブキュートw素人の、それも架空の知らない曲のカラオケを何度も繰り返し見てしまいましたよ。海辺で撮影会も楽しかったです。砂浜に穴は掘る、自分の写真はロクなのがなくてもフィギュアのビーチバレー写真がなぜか大量にw 

 それなのに、後半はどんどんとお母さんとの話に。
そりゃ、家族の無理解は大きなテーマです。親に好みを否定され続けトクサツものを捨てられ続けた幼児期の心の傷を、通りすがりの幼児にグッズを譲ることで癒すという、その代償行為も理解できるんですけどねえ……。ちゃんと親御さんの了解のもとで渡さなくては。勝手に持ってきたと叱られてしまうかも。
「私も昔、バイクのおもちゃが欲しかったのを思い出して」 

と、おせっかいお姉さんになってみるのは、ダミアンの両親を説得するほどは難しくないですよねえ。 もしくは、今抑えると後にマニアになっちゃいますよ、とささやいてもいいですけどw 最悪捨てられますからね。

 そして母との対決では、ビンタして縁切り宣言までしちゃいますが。結局は叶の方から仲直り。自分が母にトクサツを否定され続けて傷ついたように、ラブリー路線を否定され続けた母もまた、傷ついていたのかも……って、えー。相手を思いやれる叶は優しいいい子で、仲直りはそりゃいいこどですが、それとこれは別でしょう。傷ついたら、相手の宝物を壊して捨ててもいいわけじゃない。
ここは是非お母さんから、大事な鍋でもブランドバッグでもそっと差し出して『これを壊したのと同じだった、申し訳なかった』と 言わせなきゃ全然イーブンじゃありませんがな。

 それに正直親子のゴタゴタより、リア充同僚たちとのやりとりをもっと見たかったです。
写真を撮って、と頼まれてパパッと見事な構図を指示したチャラ彦くん。上着を脱いで座れと言われた後輩くんの白シャツが、レフ板代わりだったのには笑いましたw てことは案外、チャラ彦にだって撮影へのこだわりやカメラの趣味があるのかも。 勝手に写真を見たがったの、そういう事じゃなかったんですか?
 コピー機営業の彼は、恥ずかしい特撮ポーズだけさせられて終わり(^^;;;;;) で、後輩くんは叶がその人を好きかもと誤解したまま終わってますよねえ? もっとドラマの話数が多ければ、後輩くんと特撮デートしたり? チャラ彦がトクサツ趣味を事もなげに受け入れて、イベントでいい写真撮ってくれたりする展開があったりなかったりしたんでしょうか。
原作のその後の展開を知らない分、妄想がとまりません。
あ、カミナリいい味だしてましたね。 

「3年A組 今から皆さんは、人質です」~最終回 ☆☆

 さくら(永野芽郁)の腕力に頼りすぎでしょう~!!!

 前回で「私が澪奈を殺した」とさくらが言い出した時には、家事をしていたので画面を二度見しましたがw そこはほら、大方の予想通りに『目の前で飛び降りられて、助けられなかった』という程度のもので。さくらの落ち度といえば、いくら思い出の場所とはいえ澪奈(上白石萌歌)を高所に連れてきてしまった、ということぐらいでしょうか。あとは運悪く来た連絡へのスマホ操作……。SNSの罵詈雑言でメンタルすり蹴っていた澪奈にはそれがダメージでも、まさかそんな日常動作で何か起きるなんて思わないものね。そこ以降は、頑張ったよ!
飛び降りる人に駆け寄って、腕を掴む。
なかなかどうして、出来ませんよお。棒立ちで見送ってもおかしくないところを、ちゃんと片腕で支え続けたじゃないですか!握力もすごいよ、さすがプロレスファン?

 そして柊先生(菅田将暉)をつかまえた二度目。
いや先生、いくら細身でも澪奈よりかなり重いはずw 今度こそ、さくらにちゃんと助けさせての立ち直りを目論んでいたのなら、実はワイヤーで結んでたとかさ、失敗しない保険をきちんとかけておかなかったらダメじゃないですか!同時に、引きこもりの彼女も呼んでショック療法を試みたようですが、助けられなかったらどちらもトラウマ倍増ですよ!!(しかも、一番最初にさくらが絶対に来る保証も特になしw)

 その前に、景山澪奈転落死の時点で手すりの指紋、衣服の繊維、屋上の足跡、微物は採取してないのかと。解剖時には手首が掴まれていた痕だって出るでしょう。鑑識がきちんと仕事してたら、屋上にいたもう一人が助けようとしたことぐらいわかるはずなのに。まあティーンの自殺と軽く片付けられたのかもしれませんが。 そこでもやっぱり、景山の両親がスルーされているのが気になります。遺体安置所で悔しがる柊先生。何故入れるのw そこに遺族はいないの?


 と、ツッコミばかり書きましたが、ドラマは最後までテンション高く引っ張られて観通しました。
政治家にまで追求が及んでも尚、目指すところはまだ上だと身体を張り続けた柊先生。え、これより大きな相手って?と思わせておいて物申したのは、SNSに集う大衆相手でしたよ。成る程ね。

 だからって、監禁しなくても、とか。こーなってあーなってと想定した通りにそう上手くことが運ぶとも限らないのに、よく何人も協力者がいたな、とか。これまたツッコミたくはなりますが、目指したところは納得しました。ぶっきーが一人で何かやらかして、耳目を集めて演説したところで、それに反応する匿名の存在は自分のことだとは思わないですもんね。あれこれ好き放題に言い散らし、非難の矛先を連日変える、そんな傍観者に説教を届けたかったんですよね。

 でも無責任なのはワイドショーも。そっち見てる中高年は想定外なんですねw また、大和よりSNSが悪い的な論調も問題かと。そもそもの元凶は大和だよ? 柊先生の彼女には謝れても、景山澪奈にはもう謝れないのよ? それこそ、澪奈の両親は大和を殴っても刺してもおかしくないと思うの。

 その後1年闘病したというぶっきー。起訴はどうなったのかしらw そして3周忌を機に開かれた同窓会。遺影に語りかけるさくら。えーっと澪奈の遺影も置いて欲しかったです(^^;;;)

「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」~最終回 ☆☆☆☆

「まだ、終わってないんです」
 避難民への偏見、立入禁止のままの故郷、報道と真実との乖離。3.11直前に、福島を思わせる展開となった終盤。実際に体験したライターみずほこそが、何があったかを伝える適任者なのだと食い下がる編集長(団時朗)なのですが……。
パイナップルの匂い←まさかの生果実w 串刺しを客に!
緑汁を嘔吐←抹茶オーレw
編集長のドス黒い隈←寝不足~

 と、いつ目の前の編集長が噛り付いてきてもおかしくない状態で、またどこかで起きている工場火災……。

もっとありがちにはっきりと、ガオーっとゾンビを出して終わることだって出来たでしょうに。「まだ、終わっていない」とだけ語らせて、隔離地域のゾンビは楽しげに踊るのですw


さて7話の終わりで、3人で住んだ家に戻るけれど噛まれてゾンビ化必至の柚木と美佐江。

1話からはもう1ヶ月たっていたんですね、美佐江の誕生日ケーキはカビだらけなのに普通に食べ始める柚木、マジすか。「ゾンビになっちゃう前に食べとかなきゃ」 って確かに。もうお腹壊さないし、どうせ緑汁吐くんだしね。ああ、美佐江まで(^^;;;;)  お別れが悲しくて抱きつく夢ちゃんを、噛みそうになりつつ我慢する柚木はまだハーフゾンビ。 いっそ全部ゾンビになっちゃったら楽だよねとゲラゲラ笑いながら、まだ少し人間でいるうちに、家を去っていくのです。泣かせるじゃないですか。

そして美佐江がするはずだった、突破&YouTuber尾崎乏しい氏の遺言動画アップロードを請け負う薫とピザ屋。町境の警備を、なんと神田ゾンビくんのギターが逸らしてくれて……

「俺のギターで、誰かを幸せに」

と語ってた夢が、ここで現実になるなんて。それも泣かせるじゃないですか。

政府は本当に町を爆撃するのか。夢ちゃんを抱きしめて、みずほが「その時」を待つ間も……救出後の今も。ゾンビのお父さんお母さんは並んで座っているし。柚木は大好きな彼に会いに行き、乏しい氏は撮影を続け……ああ本当に案外、ゾンビになるのも悪くないのかもしれませんが。
夢ちゃんがお医者さんになって、この政府発表『感染症』を治療できる日は来るの? 
ピザ屋は親友に会いに行けるのか? 

だって、まだ終わっていないんです。 名作でした。

「ハケン占い師アタル」4~8 ☆☆

こんなことが出来るの? と驚くアタル母(若村麻由美)アタルに占われると自分の過去映像が出てくる、そこは知らなかったのねw(そして過去を覗くあの様子、映画「レディ・プレイヤー・ワン」での記憶データを見る場面にそっくりですよね。参考にしたのかな)

毎回一人ずつ、職場の人々を占い悩みを解決。職場を明るく変えていくアタル。
それなりに面白いのですが、じゃあ次は課長だな、その次が部長だなという流れがヒネリなくそのまんまなので3話でもう飽きてました(^^;;;;) それぞれの家庭の事情など見えて、キャラに愛着は沸きますけどね。そうやって描かれた分だけ、左遷をチラつかされたってナイなってわかっちゃうんだし。でも、杉咲花のボブが毎回ハネてて可愛いのでついまた見ちゃってました。そしてまさかの課長が、占いでアタル母の顧客だったことに「お」と食いつき、良かれとアタルの居場所を母に伝えちゃった……となってちょっとハラハラ。そして連れ戻そうと会社でもつきまとうお母さん。
「この会社で働く意味」
を証明する、と意気込んだ途端に空回りするアタルを、今度はみんなが占うという逆展開にはワクワクしましたよ。
「私みたいに」我慢しない
「俺みたいに」仲間を頼れ
と、それぞれアタルが自分に贈った言葉を返すの、胸熱じゃないですか
しかもそれだけに留まらず、結局は母親をも占っちゃうんですよ。すると偉そうになるのもお約束w そうかお母さんは『天罰が当たるぞ』系の虚言で、イジメを切り抜けたのが占う側になったきっかけだったのね……。そしてアタルの才能に気づいたら、世の中の為といいながら自分を誇るために利用した。もっと私の役に立て!と言い募る母を
「嫌いにさせないで」
と止めるアタルでありましたが……。それ以上に、いい企画を思いついちゃった!とチームに戻って盛り上がった姿こそ、もう自分の手を離れたんだと母親に悟らせたことでしょう。
その母からの卒業でアタルが思いついいた企画が、『卒業式』
被災で出来なかった卒業式の、地元でのやり直しを支援する。そう提案した途端に、そこ出身の歌手を呼ぼう等々、チームで次々にアイディアが出てきます。当初案の防火と交通安全指導、という町内会みたいな案だって必要で誰かは喜ぶことでしょうけどね、実際行ってみたいのは改定案の方かなー。

もうここで大円団でもいいのに、ラストで倒れるアタルちゃん。
自由にしなさい、と言いつつも「自由って、案外つらいのよ」と呪いのように呟き、もう占いはするなと言い残して去っていくお母さん。さてはてどう終わるのか……。労働も体験し、一回り大きくなって自由意志でお母さんの元に戻るとか?
皆が毎回終わりに捨ててきたものも、案外清掃の人がとっておいて返してくれたりしませんかねw 鳥かごだの目覚まし時計だの分別むずかしいしw

「みかづき」~最終回 ☆☆

「満ちたい、満ちたい、と満月になろうとする」
そうか、学校が太陽なら塾は月、と序盤で例えていましたが。その月の中でも、塾を大きくし学校設立を目指しと、常に上に向けて手を伸ばしていた千明は実は『みかづき』だったんですね(大の文部省嫌い、長女ふき子の実父がその文部省役人らしいのには笑いましたw 私怨w)

吾郎(高橋一生)と千明(永作博美)、二人で立ち上げた八千代塾。
経営のために受験対策塾に成り果て一度は吾郎が出て行っても、そのうち用務員室での無料の補習が始まるところは、初心を忘れぬ二人。孫一郎(工藤阿須加)もやっぱり同志(岡本玲)をみつけ、ボランティアの宿題お兄さんから私塾だかNGOだかに広がろうとしている様子で、繋がるものがあるんですねえ。ふき子(大政絢)の塾のスキャンダルで、私塾設立は頓挫したのが残念。いったいどんな学校をつくろうとしていたのでしょうか……(しかしふき子の塾、講師全員20代w 長く勤められないのも問題ですが、生徒と講師の恋愛をどう防ぐのかとw)
吾郎の本、教育論はついに読まなかった千明でしたが。久しぶりに筆をとった吾郎が綴ったのは千明へのラブレター、もとい自分たちの半生記。題して「みかづき」 もう少し長生きして、千明にこそ読んで欲しかったでしょうにね。ひとり月を見上げ回想する吾郎さんが切ないのでした。

しかし老けメイクが……orz
最終話まで見てもやっぱり、初回で愕然とした不自然な老けメイクで我に返ってしまいましたよ。もったいなかったです。

「日本ボロ宿紀行」~6 ☆☆☆

「ひなびぃぃ!」=鄙びた様が素晴らしいことw

3話:お化けに怯えたり、4話:熱心なファン(いたんだ!しかも鶴田真由)が宿泊先まで押しかけてきたりしながらも桜庭龍二(高橋和也)のツアーは続きます。ボロ宿泊で!宿泊先の、昭和レトロ満載な食堂で反省会に流した『旅人』は、あまりにマッチしていて他の客にBGMに間違えられるほどw 知らないのに、知っている気がする懐かしさ♪ いいじゃないですか。毎週聴いてたら、歌えるようになっちゃいましたよw

前説で貶してから聞くと歌がうまく聞こえる、かも。という社長春子(深川麻衣)のギャップ萌え作戦は、肝心の龍二を凹ませただけでなく古参ファンのお叱りも受けましてw 素直に褒めるように戻したら、やはり気分がいいものです。ほら、食堂にいたお客さんも歌謡ショーを聞いてくれてる☆

5話:川沿いに柳がなびく風情ある街、もとい風情しかない街ではプロモーションビデオをついに作成!……って、「厠」の看板をしょって、ズボンのチャック閉めながら龍二さん登場(^^;;;;) その後も、車は横切るわ、ラストはとんかつ食べてるわ、テーマ『戻らない恋人を想う哀愁』はどこへやら、トンデモな出来なのですがw 早速YouTubeにあげたらプチバズってますから!わー、明日のショーに整理券要るかも!!←そんなわけないw でも、舞台になった木の下旅館にはPVを観た外国人旅行客が早速到来。もう廃業して食堂だけにしようかなーと投げやりだったご主人の、やる気が戻って来そうでしたよ。
「今が全盛期!」
いい言葉です(^^)

6話は千葉の漁港。進水式で歌う『旅人』珍しく20枚も売れるんですけどね。
あちこちで独りでいるのを見かけた女の子、「親がいないから」と民宿でひとりご飯。海の事故か?等々かわいそうな身の上をあれこれ妄想し、一緒にお風呂入ったり花火したりと世話を焼く二人……もう絶対勘違いでしょ、と半笑いで観ていたら案の定! 旅立つ二人と入れ替わりに来たタクシーに「お母さーんお父さーん」と駆け寄る女の子。ハワイ旅行でしたよ、ほらー。20枚分の売り上げも「チャリティですから!」と民宿に寄付してきちゃってたのに(><) でもまあ、二人の良いことした気分は壊れなかったのでいいか。
と、思いきや社長が気づいちゃいましたよ!
港にキラキラ輝くオブジェ……昨日バカ売れした20枚のCDは、鳥よけに吊るされていたのでした~orz ああ、龍二さん呼び止めて見せなくても。「役に立ってますよね」じゃないよ!

そんな二人の珍道中はまだ続きます。
出張でボロ宿に当たった旦那、大喜びで写真送ってきてくれましたwカラオケで「旅人」歌いたいわあ。癖になりますよね。


「3年A組 今から皆さんは、人質です」7、8 ☆☆

え、ガルムフェニックス!きたーw
そういえば「れっつ、しんく」だったぶっきーの発音がちょっと”think”になってきましたよね

自分の頭で考え出した生徒達を盗み見て、その成長に涙するぶっきー。伝わってたんだねえ。良かったねえ。
と、いい場面ではありましたが一方で、いやそんな当たり前のこと。自分の行動の結果を想像してみること、相手の立場で考えてみることを、級友が死んでなお監禁されて説教されなきゃわからないって(^^;;;;) どんだけバカなのかと。でもバカッターなどみると確かにそんなバカ存在するしなあ。おばかさんや、年若い予備軍にこのドラマが届いてくれたらいいねえ、などと思いつつラブリー菅田将暉を鑑賞です。

逮捕された武智大和。
熱血教師を装いながら、某元大臣、某大学と癒着し推薦入学の裏金を受け取っていた……と悪役っぷりが暴露され、フェイク動画作成の依頼も認めましたね。そっかー、澪奈が推薦入学に同意しない報復にドーピング動画をばらまき、担任教師だったぶっきーの彼女も癒着を告発しようとして『教え子とホテルに』動画をばらまかれて退職、と。そこは認めても、『澪奈を殺してはいない』そうで、実際例の監視カメラ映像もまたフェイクでしたけどw

そもそもスポーツで進学するのが大嫌いな我が家の体育教師=旦那が、どんなに騒ぐかと思ったら案外静かでした。推薦を礼賛せず、むしろダメだ方向だったからでしょうかw そう、競技成績悪かったら続けられないの。でもそれ、武智先生がだましたみたいに言ってるけど、学業優秀で授業料免除の生徒が成績悪くなっても同じなんだからね?なんのために大学に行くのか、ちょっとは考えようね?

ひっかかるのは、札束をボンと生徒に見せる武智w いや、まず親でしょ説得する相手は!野球部のエースがプロ希望のケースでも、担任教師に札束見せてどうしますよ。親でしょ!
そして相変わらず全くでてこない影山澪奈の親。晴れがましく活躍していた我が子が自殺して、挙句こんな事件のきっかけは娘の事件、名物教師まで逮捕されて他殺だったかもしれなくて。取材陣殺到でしょうに。もう外国に転勤でもしましたか。その辺もしみじみ、親世代は視聴ターゲットじゃないのねえ。
そして警察の画像解析技術も、なめられてますよねえw
当日、澪奈のカバンが学校指定か水泳バッグだったかは知る由がなくても、加工してあるのかぐらいは、オタク高校生より先に気づいているでしょうに。

協力していた刑事さん実は、ぶっきーの彼女=元担任の実父だったりしましたが。彼曰く、狙いは武智や某大臣ですらなく、もっと大きなものなんだそうですよ……。教育委員会や大臣より大きなものとは? と考えてたら、まさかのガルムフェニックス登場でふっとびましたw 通りかかった息子が「トクサツガガガ」?とw いえ、妄想シーンじゃなくて本当に来てるらしいのよw
さて、最終回が楽しみです。

予告CMで喪服みちゃった……。柊先生、余命わずかとわかってはいても淋しいわ。

「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」4、5 ☆☆☆☆

ゾンビもギター弾けるんだ!

根城をコンビニから配送センターに変え、布団や着ぐるみ贈答品と贅沢に囲まれて、落ち着くと共に分かってきたゾンビの個性w 慣れもあって、もうゾンビも怖い存在じゃないですよね。するとみんな、誰それがゾンビになったらどうするるかと軽口をたたきだすんです。柚木はゾンビになっても呑気だろう、うん。美佐江は人間食べるときにもきちんとしてそうってどんなですかw そして彼氏はおっぱい大好きーって、お子さんもいるのに止めなさいって(^^;;;;)
しかしそこで浮き彫りになるのは、ヒロインの何もなさ。
こんな非常時にも、受験に備えて勉強を止めない妹。ギターを弾く神田ゾンビ、鏡があると前髪を直しつづける元旦那ゾンビ。ゾンビになっても通販TVの前から離れない母さん(原日出子)が、うすれていく意識のなかでお父さんにあてて書いたメールは感涙もので、そこには確かに愛があったのに……娘の自分はそんな、これ!と貫き通すような芯を、何ももっていないのでした。えー、みずほさん趣味もないんだ……。
あの能天気柚木ちゃんですら。妊娠は望めない身体だけれど子供が欲しい、という強い葛藤があったのにね。

生きてるってなんだろう。

そして例の貧相ユーチューバー(川島潤哉)の配信もそこそこ閲覧数が増え、この現状が外に漏れていたりいなかったりする中、ゾンビの個性が消え始め操り方が難しくなってしまいます。夢ちゃんを守る為、神田ゾンビに向けて発車された銃弾。とつぜんのネット停止とゾンビの変化は関係があるのか?そしてユーチューバーとピザ屋さん(阿部亮平)は、すべての始まりだった工場を訪れてピンチに。
この状況に終わりは来るのか?
予告のみずほ「私がゾンビになる」発言の真意は?? いやあ目が離せません。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ