ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2017 夏ドラマ

「ウツボカズラの夢」2 ☆☆

法テラス! 弁護士に無料相談なら法テラスよ未芙由ちゃん!

バイトを始めるも
「あんた、何してるの?」
という同僚の質問に答えを持たない、ニートな未芙由。遺産も実父義母にちょろまかされて金がない。専門学校のパンフをもらっても入学金でがっくり。
これでギャルだったら、下心ギラギラで「食事」に誘う叔父をうまくあしらって、触らせずに入学金ぐらい出させちゃう手腕があったのかもしれないのに……。専門学校の看板に立ち止まった未芙由、その隣のホテルしか目に入ってないエロオヤジ(^^;;;;;) 挙句なんの保証もなく、カラダだけ安売りしてしまうなんてorz

でも、その効果か寝物語で愚痴ってみたか、叔父の口利きで相談した弁護士が実家に電話。ものの20分でちょろまかされた全額が帰ってきましたよw 
「都会で豪邸に住んでる鹿島田家にたてついても……」
と、例によって長いものには巻かれるクソ実父。若い義母の不満顔は、金を盗られた(いや元々、未芙由の金なんだけど)だけじゃなく、追い出した未芙由が自分よりいい暮らしをしてるかもしれないことが問題なのかも、心底腐ってるわ。

盗みの誘いはきっぱり断り、店長に申告もできる芯の強い子未芙由ちゃん。でもその強さを、一人で生きて行く方向でなく
『家族になる』
方向にむける様なのですが……。家族ってなんだろう。もう実父からも見捨てられているのに。

鹿島田家の引き出しから、現金を盗む国生さゆり。
家族として見とがめた未芙由に<証拠写真>をつきつけてニンマリ。てっきりホテルに入る二人かと思いきや、ホテルに愛人と入る旦那を見送る未芙由、という初回のスリーショットでありました。う、うん、浮気を知ってて黙ってたのは裏切りだね。言っても黙っててもダメなのねー。でもそれどころじゃなく未芙由がすでに愛人なんですがw
その辺、まさかこのセクシーと無縁な小娘が、と思わせてしまう志田未来の絶妙さよ。鹿島田家、大学生の息子までいるのに女性陣だれも旦那や息子が色香に迷う心配はしてませんもんねえ。
ところで、現金は返させたのかな。ここの高給取り旦那は、妻のカードの買い物はスルーなのに、手元に現金を引き出すとネチネチ文句を言う経済DV野郎なんだよ。仕方なく要らないブランドバッグを買って即売り飛ばしてまで捻出した現金なんだから、減ってたらわかるでしょ。そして一番に疑われるのは、悲しいかなまだ家族じゃない未芙由でしょうに。

実は国生さゆりも、夫が仕送りを止めて生活苦しいらしいですが、だったらボランティアも合コンもしてる場合じゃないし、まず部活動費をくれと暴れる息子に家計を説明してバイトしてもらわなきゃよ……。
さてその息子の旺志郎くん。なんと窓から鹿島田家娘の部屋に出入りしてて、次回は妊娠まで発覚で大騒ぎらしいですよ。はーてんこ盛り。そしてウツボカズラ関係ないーw

「愛してたって秘密はある」2、3 ☆

セコムしましょうよ。

何度も侵入を繰り返される、奥森邸。
そのうち何度かは妄想ですけどね。父失踪後の母子二人暮しは物騒ですし、母の夜勤もありそう。てか、豪華一戸建て、そもそも3人暮しの頃から警備保障ぐらい導入していませんかー。
そんなことを考え出したら、もうね。
庭から死体がなくなったーとガクブルされても、はいそうですか、としか思えません。警察が見つけるならともかく、死体を盗んだ奴は殺人の容疑がかかる危険を冒してまで、なんの得がw

だいたい凶器のトロフィーを死体と一緒に埋めるところから、笑止。ゴミに出しましょうよ。

と思うと遺体だって、なにも庭に埋めなくともバラして生ゴミ収集に出すのが一番安全。なにしろ母は医者で……あら、看護師なんだ。あの豪邸生活を支えるのなら女医だとばかり。外科なら解体もできるよねと調べてみたら、看護師でしたよ。そうか、それじゃあ……。

解体も無理だけど、夫の収入を見込んだ豪邸ローンはもっと無理そう。本来なら安い賃貸に引越ししたいのに、庭にヤバいもの埋まっているから引越しもままならずw 母親がメインのサスペンスなら、シフトを増やし、生活を切り詰めても豪邸に住み続ける苦悩を描写してくれるでしょうけどねえ。子供が主人公なのでその辺はかっ飛ばし、犯罪者心理と更正には心砕いても学費には気を使わずにお勉強です。もっとガツガツと就職に意欲を見せて、早く母さんを楽にしてやろうとか思わんのかと。


でも、その母さんがそもそも元凶でクズなんですよね……。

救急車も呼ばすw 隠せば大丈夫、バレなきゃ事件はなかったことになると言い張る。償う機会を無くした息子が苦悩し続けていることはほったらかしじゃないですか。どうせなら、トロフィーひったくって2、3回余分に殴ってやって
『殺したのは私だから!』
と罪をかぶる方向だってあったじゃないかと。


今更父の車が海からみつかったり、母親と爽の父が知り合いだったりとばらまかれたヒントが気になりますけど。見るたび腹が立つばかりで、せっかくの福士蒼汰くんも川口春奈ちゃんも楽しめていないので今回はリタイアで。

実はお父さんは生きていて自力で穴から出て隠れたとか、病んだ母の別人格が……とかは、やめてくださいよねw

「警視庁いきもの係」5 ☆☆☆

鉄アレイを高いところに片付けるバカは逮捕で。

4話はヤギ。
「ヤギは紙を食べる」
とみなが思い込んでることと事件がリンク。不幸な少年が救い出され冤罪も晴れて良かったです!

5話はリスザル。
またしても、専用の部屋でエアコンつけて細やかにお世話されているペット様w(流石にヤギは外飼いでしたけどw)
金も力もある親戚が、一族の恥ダメ男に世話した仕事が愛猿のお世話がかりで専用の部屋に専用のおもちゃ……もうリスザル様のおうちに世話係が間借りしてるのねw しかーしこのダメ世話係(鈴之助)、リスザル様さえ大事にしてれば安泰なのに世話から体良く逃げ出したい一心で
「そうだ!猿が人を殺したことにすればいいじゃん!」
ついでに二股も片付けちゃおうという(^^;;;;) まともに働けないクズがこういうことにだけ頭が働くって嫌だわ~。でも薄を第一発見者に利用しようと呼び込んだことで、墓穴を掘りましたね!
証拠になったイヤリングを、猿が餌のキウイに埋めてたといういう習性も興味深かったです(遺体食べたりされないで良かったこと…… ^^;;;;)


と、毎回事件もバラエティに富んで面白いのですが

「須藤さんは記憶喪失なんですよ?」

という4話終わりの薄のぶっちゃけもいいアクセントでしたねー。
元々親しかったみんながわからなかったことを、現相棒だけが気づいていた。薄のいつもの観察眼の前には、刑事須藤もただの動物というわけでw 「あの須藤さんが」等の先入観とっぱらったら、確かに異動以来ずっと変なこと言ってますからねえ。でも誰も辞めろとか言わずにスルーw

ただし「俺のことも忘れちゃってるんだ……」と密かに愚痴る若造。ほうほう秘密の深い仲だったのかね(違)


「黒革の手帖(武井咲)」2~4 ☆☆☆

楽しんでます。

4話は特に塾理事長(高嶋政伸)が熱演w
「愛が、愛が欲しいんだよぉ」
と元子を布団に押し倒しながらも自分のベルトを緩める動作の手早いこと。2秒前の「具合が悪そうだ、休まなきゃ」が心底口だけで笑えるやら気持ち悪いやら。
仲居さん情報ではしょっちゅうそんなことやらかしてるらしいのに、酒の追加を自分で頼んでいたのを忘れて襲いかかるとか馬鹿かとw (しかもその料亭やらリゾートの隠れ家旅館やら下心満載の予約を妙齢の秘書にさせてるんですからそっちもセクハラですよねー)
隙を見て逃げおおせた元子を、裏口から逃がしてくれた気の利く仲居さん。なんとカルネで働き始め……『その理事長』に夜のお届け物をするなんて。なんで?なんで引き受けたの?それでいいの?

2話では元同僚の仲里依紗が店を流行らせ院長(奥田瑛二)に取り入り、3話では里依紗の代わりに捨てられた婦長(高畑淳子)が院長の隠し帳簿を持ってくる……。今回はその両方、理事長と寝た挙句に裏口入学メモをコピーしてこいというんですから、今度こそそのネタで元子が脅されても不思議じゃないですよね。料亭転がして更にのし上げる算段はさあどうなるのか。
次週に続く。

大筋は分かっていても味付けの違いでやはり面白く見られて、さすがの名作です。情報がアイパッドになりUSBコピーに代わっても、やはりキーアイテムは黒革の手帖。

手術希望でもまずエステして
「貴女は美しい! それでも手術が必要と思うなら……」
と褒めて心を掴むクリニックは、なるほど流行るなと思わせましたし。
裏口入学の金額をどどんとふっかけても

「…思ったよりお安いわね」「そうだね」
と来るならそりゃ濡れ手に粟でしょうし(個人的には、一生勉強のはずの医者だけは裏口から入れてもしょーもないのにと思うのですが)
影のドン伊東四郎がすすめる料亭転売も、実際の額の四分の一は裏金で渡せば税金要らないとか、まあ世には庶民と関係ない金儲けがゴロゴロ転がっているものですねえ。

下衆な客ばかりの中、一筋の清涼剤が安島議員。
立候補するための政略結婚。嫁(江口のりこ)も割り切っていて、事あるごとに親の会社のためで貴方は票のため、お互い勝手にやりましょうと口に出して言うのですが、そんな妻をきちんと愛そうとする安島さん。情熱的な口づけ(きゃー)、事後に一人帰ろうとする妻を抱きしめて(きゃー)「送るよ」って!!
惚れてまうやろー!
なのに、元子からの好意もはねつけはしない優しさが……ズルいのよ。せっかく予防線張っていた奥さんをわざわざ懐柔したのだから、傷つける事がないようにしてあげて下さいよ……。

「ウツボカズラの夢」1 ☆☆☆

この不愉快な感じが大人の土ドラw

ダメ父と愛人に実家を追い出され、会ったこともない遠縁おば(大塚寧々)の家に身を寄せたヒロイン未芙由(志田未来)
高級住宅に一部屋もらい、夢のようだと思ったのもつかの間
「どのくらい居るのかしら……1ヶ月?」
いやいや、愛人の子も二人生まれて実家にはもう居場所ないですから!亡き母が遺した金もすっかり巻き上げられてますから! とりあえずは置いてもらう代わりに家事を申し出、その遠縁の暇セレブ尚子の話し相手に。金持ちは鷹揚で、苦手な家事炊事をしてくれるなら大歓迎だし、むしろ小遣いあげるから専門学校とか習い事して頂戴☆だそうですよ。凄いわ、我が家も家事手伝いはほしいけど置いてあげる部屋も習い事代も出せませんよw

しかし大問題は、尚子の偏屈な旦那(羽場裕一)と、隣宅に住む義母(松原智恵子)です。
旦那の荷物から愛人へのプレゼントがころり、それで思い出すのが実父が隠した愛人へのプレゼントをみつけて浮気を知った日なんですから……未芙由ちゃん18才にして人生経験豊富すぎて泣けてきますよ(><)
おかげで、義母からの他所者追い出せクレームに追い詰められた未芙由がとる道は……まさかの旦那に抱きつき! 浮気をネタに脅すんじゃないんだ、この18才居候とも何かうまいことできるかもという期待で釣るんだ(^^;;;;)
浮気者は流されやすい、と分析する独白が怖い怖い。
さすが亡き母が繰り返し語っていた
「頑張ってたら必ず報われる」
に全然感激せず『本当かよ』と内心つぶやいていたクールな娘です。

尚子おばさまはまだ「浮気なんて」の段階ですがボランティア先のエグザイルさん(松本利夫)にぽおっとしてるわ、お友達国生さゆりがそそのかすわで、そのうちするでしょう。そうそう、国生さゆりは尚子家の引き出しも漁ってるし旦那の浮気も知ってて黙ってるしで下衆ですよ。
尚子娘は躾が残念、まともなのはイケメンで優しい息子だけかも。さて志田未来の明日はどっちだ?
 

と、引き込まれるものはあったのですがタイトルのウツボカズラがこじ付けすぎかも。
じっと待っていて、かかる獲物はすかさず捉えるという未芙由の生き方の象徴だそうですが、それを育てているのが旦那さんでなく隣の義母で、しかも買ってきたばかりとかw 
コオロギ与えてましたけど、貧栄養地で細々生きる植物にいきなりそんな大物与えたら枯れるんじゃw

「あいの結婚相談所」1 ☆☆☆

育三郎の一人ミュージカルがうざくも見所w

成婚率100%をうたう「あいの結婚相談所」は入会登録料が200万円!
所長はうさんくさい美形の藍野(山崎育三郎)、<結婚に愛は無用>と、婚約前に直接会わないのが入会条件。え、それでどうやって?と思わせたらしめたものですよね。

初回のクライアントは加藤晴彦と小沢真珠。それぞれにお相手を紹介されます。
入会の200万円をポンと現金で払った春彦、山の世話できる人希望というマッチメイクで女性の山荘へ行きせっせと苗木の世話。彼女が病気の老人を介護していると知った途端にビデオ通話でプロポーズ!なのにその後また、お断り。

相談所オーナーの美老人(鹿賀丈史)とシスターな助手(高梨臨)は、財産目当てだ結婚詐欺だと騒いで男を問い詰めようとするのですが、当然そんなことはなくてw 病状が悪いなら早く花嫁姿を、とプロポーズを急いだ。お断りは子会社への出向で手取りが減って条件に合う男じゃなくなるから……。そんな理由を知った女性は、自分も働くから大丈夫と改めてプロポーズを受け入れ……と、いい感じになったら育三郎が歌うんですよw 自作の寿ぎの歌をw おいw

真珠の方も、年収3000万円が嘘だった!と青筋立ててクレーム入れてきますが、実は退職しても株で10億売り抜けてた、と知ったら豹変、退会するのをやっぱり辞めましたw 
はい見事成婚率100パー伝説は続く! こっちは、男性側のこれからのために破談にしてあげて欲しかったですけどねー。

育三郎が事務所で歌う、いつでもどこでも立ち居振る舞いはミュージカル、移動の車中でももちろん歌うw 見合いプロフィールの写真撮影中も、撮られてない育三郎が小道具持ってめっちゃ踊ってるw そういう話に関係無いところが面白すぎて、正直あらすじなんてどうでもいいのかも。これは百聞は一見に如かずなドラマでしたねー。

その上で、最適な相手をピタッと選ぶ藍野の手腕(「家売るオンナ」の三軒屋万智みたいなw)を楽しむという。何故会わなくていいのか、その理由もいろいろバリエーションあるんでしょうねえ。高梨臨がシスターなのに何故か結婚相談所を手伝ってる理由がそのうち出てきそうですが、それもどうでもいいですw

そうそう、藍野が生き物オタクで様々な虫フィギュアや野鳥観察やらが小ネタで挟まれるのも楽しいです。←夏休みと関係ある?


「僕たちがやりました」2、3 ☆☆

マル、案外ひどい奴w

3話にして、どうやら大爆発は矢波高の教師のせいと主人公たちも気づいたし、警察も教師にちゃんと目をつけてる描写があって視聴者的には気持ちひと段落。でもこれ推理ドラマじゃないからw むしろ爆発で下肢麻痺を負った番長市橋が、トビオたちを処刑してやると息巻いているのが問題です(^^;;;)

てなわけで、プーケットに高飛びの筈がパイセン逮捕!
300万円ずつもらって別行動だった3人。マルと合流し<やりたいことリスト>作って浮かれていたトビオですが、なんと目覚めたらマルが500万円持ち逃げw いや、もしものために溜まり場に隠していた100万円もやられてたから、600万円(正確には「ごめんね!」と書かれた万札が二枚残ったけどw) うわー。おっぱい目の前にしたらマルの方がトビオより行動力あったしね。チーム最弱扱いに甘んじながら、普段から思うところあったのかも……。
そして首吊ったのかと思われた伊左美は性欲に導かれ復活w
おバカ股ゆると見せかけて、みんな学校休んでる=犯人?とズバッとあててくる伊佐美の彼女、今宵ちゃんに匿われようとしたものの、番長一味に捕まって……次週に続く。

取り調べを受けるパイセンが、また芸人ギャグパクってるのと、さすが金持ちで警察の出すカツ丼がまずいとw 神楽坂の料亭の裏メニューを食レポ並みに活写して、良かったら届けさせようかとか言っちゃってるのが可笑しかったですわ。
それと、盛り始めた伊佐と今宵ちゃんに気圧されて押入れに逃げるトビオ(^^;;;) 覗いたり参加したりしない童貞くんの潔癖さはちょっと「ガチバン」黒永勇人を思い出しますね(警察から逃げようと企むあたりは「デスノート」風味w)幼なじみの蓮子ちゃんとはキスまでで怒らせちゃって、先は遠いよね。

え、髪のうっとおしい刑事三浦翔平なの?

「デッドストック」2 ☆☆

夏に山で死後1カ月は、腐敗が進んでましたじゃなくすっかり骨なのでは。

さておき今度は日本人形!
取材に行ったら、ついて来ちゃいましたよーって、怖w 
幼い子供が亡くなるまでのエピソードが、まるきり北海道の置き去り事件でした。あれ、健脚少年が生きて見つかったからこんなネタにもできるけど。誰もそんなに悪くないのに
「お母さん、お母さん」
と幼い声がいつまでもするお炊き上げ場面はやりきれなくて困ってしまいました。もっと鬼のような悪人を憎ませてくれませんか。

くだんの人形を箱に納める時、周りにいろんな人形が。それって、その人形も動くってことですか(><)
その辺、うまく怖がらせてくれています。でも全開の幽霊については全く触れず。この人形のことも、来週にはスルーなんでしょうか。上司さんが探しているというフィルムはもっと怖いんでしょうか。さてさて。

「警視庁ゼロ係(2)」2 ☆

「オリンピックは、必ずうまくいく!」
「東京オリンピック、みんなで成功させましょー!」
な、なんでしょうこの唐突な提灯持ちみw

とにかく第1第2の殺人は、編集者岡崎(忍成修吾)の犯行と判明。
6年前、両親と妹をひき逃げしたまま捕まらなかった車に乗っていたから。では運転していたのは? それがなんと警察のお偉い刑事部部長さん(加藤雅也)だったのです! 自殺した、とみせかけて実は部長が岡崎を絞め殺している現場隠し撮りを、『被疑者岡崎死亡のまま送検』の会見に乗り込んで報道陣に大公開とか。いくら握りつぶされないためとはいえやりすぎ(^^;;;;) 

そもそも、小説の描写と家族の事故が酷似している。それだけでその出版社に就職し、その小説家(村杉蝉之介)の担当になるって思い込みだわ超狭き門だわ。その上気に入られたのか酔わせたか
『実はひき逃げは実体験だよ、運転してたのは別のゴルフ仲間でね』
的な打ち明け話をする仲に?無理無理無理(^^;;;) 作家が第1の死体だったら、聞き出すために拷問したとも考えられますが第2なんですもん。
更に分からないのが第3の死体扱いになっちゃった50年前の遺骨。掘ったらたまたま出た、なんて場所でも深さでもないでしょー。結局はうやむやに、スイカ警視がそのうち身元の手がかりをみつけるでしょうと、シーズン2の縦軸な事件につながりそうに終わりましたけど正直このドラマにそんな記憶力に必要なこと求めてないから!

とりあえず、今回はピンクのハッカー君(戸塚純希)が有能&東北弁なことが判明。TKO木下も無能なりに、転売された事故車を追って外国に飛んで証拠品をみつけて頑張ってました!ゴルフ場で落雷騒ぎのニュース映像の中、小さく小さく背景に映った刑事部部長をみつけたスイカ警視どの。静止画を引き延ばしたパネルを持たせた安達祐実に
「ラウンドガールみたいに!」
ってw とんでもない注文ですが、ちゃんとパネル掲げてクネクネ歩いてくれましたよw

そしてゼロ係を潰すつもりだった副署長、逆に結果を出されちゃ仕方ない。杉並区内でなく、都内全域から依頼を受けるようにしてくれちゃいましたよー。喜んでるのはスイカ警視どのだけw どんな面倒が幅広く舞い込んで来るんでしょうね!


「警視庁いきもの係」2、3 ☆☆☆

自宅でペンギン飼えるんだ!そして蛇w

次々珍しい生き物と、それにまつわる特殊な事情を披露してくれて楽しんでます。
ペンギン、餌の魚を金属探知機で一匹ずつチェックとかね。挙句やはり殺人だった動機は、ペンギンの日照確保の為にマンション建設の邪魔をしたからw 億の商売頓挫の原因がペンギンじゃ、そりゃ怒るでしょうよ……でもペンギン殺さずに人殺すんだw
蛇は、飼い主自殺途中の事故だったけれど、発見者が通報せず遺体を捨てたせいで……紆余曲折の末殺人騒ぎに。だって、どうしてもボアが欲しかったから……。正規に買えないのは、ボア飼育の届けを出せない逃亡犯の身の上だったから!

てなことで、どちらも見事に「いきものがかり」が関与したおかげで、(捜査一課が)犯人逮捕です。
特に蛇の逃亡犯は、元々須藤が初動で関わった事件だったりしたのを時効寸前に逮捕。本来なら感慨深いのでしょうが……相変わらず記憶がまだらな須藤さんです。終盤はこの辺中心に、何か大きな陰謀が暴かれたりするのかな?別にそんな仕掛けなくだらだら楽しくても十分ですよ。
薄さんのコスプレ感は盤石ですw


「ごめん、愛してる」2 ××

エクストリーム立ちション!女の子背負ったまま(><)

2話3話を続けて見るつもりだったのですが、心折れましたorz 
実母の豪邸の門に「マーキングだ」とか言いながらの立ちション。いくら律の育ちが悪くたって、不品行すぎ。相手に裏切られでもしての腹いせならまだしも、まだ名乗らぬ実母で、雇い主で、 これからもつきあいある人の家におしっこかけるだなんて、やーめーてー。しかも凛華を背負いながらorz
そこに通りかかった凛華の父。
立ちションを見咎めて駆け寄ると、首には見覚えのある指輪。どうやら赤ん坊の律を捨てに行ったのはこの人だった様ですが、それにしたって立ちション必要ですか? 意識ない妙齢の娘さんが背負われて運ばれてる、しかもそれが我が娘。それだけでも駆け寄るのに十分じゃないですか。(その後、なんで律じゃなく凛華が父に殴られるのかは意味不明ですが、いつでもどこでも危機感なく酔い潰れる点では、娘に酒の飲み方を教え直した方が良さそうです)

そうそう、律ややはり小学校の、とんでも低学年から学校に行ってませんでしたよ。
日本から赴任した家族の、小学校低学年の子供が失踪。これ絶対家出でなく事件扱いですって(^^::::) それに、その状態で運転免許取れます?マフィアがどうにかしちゃったのか……。もうやだ(><) 


「カンナさ~ん!」2 ☆☆☆

義母うざw
伸び伸び育てた息子が、伸び伸び浮気したから離婚なのにまだ子育てに口出しますか! 「あなたの選択」で息子と孫が我慢してるとか嫁だけ責めますか! その度カンナさんががっつり正論で言い返すのに、どこ吹く風で言いたことしか言わない義母です。ただ、離婚したって祖母と孫の関係は確かに変わらないことなので。ちゃんと食べさせてないんじゃないか等のいいがかりは正しつつ、関係を保ってるカンナさん、偉いよね。
それに、歌いながら踊りながらする家事が、楽しそうなのもいいです。よーし片付けよう!と見てて元気がでます(^^)

そんなわけで、すっぱり離婚が決まれば『頑張るシングルママ物語』として見やすくなりました第2話。
ゼーッたい職場に迷惑はかけません!と宣言してたのに、部下(トリンドル)の失敗をかぶるカンナさん。それこそ頼りたくなかった義母に頭を下げて子供を預け、やるぞ!6000枚の値段札交換!翌朝までに!

でもすぐに保育園のお迎えの時間……。
ミスのフォローを頼んでおいて、本人は中抜けかよと、集まった社員の立腹もごもっとも。ここでトリンドルがさっさと自分の発注ミスだと言わないことや、作業の効率悪さにイライラ。いちいち値札全部取り替えずに、数字のシール貼れば早くない?それならたたみ直しも要らなくない? おまけにカンナさんも、麗音くんにいにかき氷作ったりミシンでプールタオル縫ったり、ジジババ宅にもたせるペンギン弁当(可愛い!)まで作ってないで早く早くー! 
でもその分、インスタフォロワーが集まって助けてくれる場面でスッキリしますね。来ると思った王道展開w よ、インスタの女王w この先も、モデル募集だのショーの観客補充だの、インスタ映えするイベントでまたこの手は使えるかな?

翌日、ジジババ宅から保育園に行った麗音くんのお迎えはパパ。それを昨日して欲しかったんだってばってのに、とりあえず笑顔で感謝し、3人で食事でもするかと思っていたカンナさん、凍りつきます。浮気相手が一緒だよー!
多分彼女は子供に興味ないけれど、普通なら再婚して息子を引き取るつもりだと思うよね。ただでさえ義両親が育てる気満々なのにね。


「僕たちがやりました」1 ☆☆

キンコメ今野が、丸パクw 懐かしのダンソン、今年のサンシャイン池崎w お得な気分だぞ。

お気楽な高校生男子。隣の矢破高は不良でヤバくても絡まれる奴がバカなんだ……と思ってたトビオ(窪田正孝)たちですが、不良リーダー市橋(新田真剣佑)に仲間のマルが拉致されてボコボコに。血まみれの裸でダンボールに詰められて駐車場に放置、傷害事件もいいところですが警察を呼ぶ代わり
「あいつら殺そう、俺たちで」
と、いつになく過激な宣言をしてしまうトビオ。それが負け犬の遠吠えで済まなかったのは、仲間に無職で金持ちで無駄に行動力のあるOBパイセン(今野浩喜)もいたせいですよ。
矢破高の見取り図から作業分担、要の爆薬まで揃い、夜に侵入して爆弾設置はばっちり! 翌日リモコンで校舎屋上から隣の矢破高を狙い、ボタンを押すたびにあちこちでガラスが割れていき、狙撃か?と逃げ惑う矢破高生たちに笑いが止まらないトビオ一行。俺が俺が、と楽しく爆破を続けていたのに……
どーん
と、炎が吹き上がった桁違いの爆発に凍りつくのでした。

うわー爆破(><) 
でも最後のだけ規模が違いすぎるので、たまたま同じ日に別集団が仕掛けてたのかも? だとしたら、露払になったトビオたちの爆破で校舎から飛び出した人たちを助けたことにならないのかな。

パイセンが、卒業して何年たっても学校に来る、後輩しか遊んでくれる人のない哀しい人物で辛いです。威張りもせず、金払い良く、ただただ一緒に遊べるパイセンいい奴なのにね。最後どうなるのか知りませんが、パイセンに定職と彼女(水川あさみ先生とか!)が出来てたらいいのになと思いましたw

なんでも市橋真剣佑の喫煙に苦情が殺到したそうですが、彼は「不良」なんだからw 背中に「不良」と書いて貼る代わりにタバコ持たせただけでしょうよ。窪田正孝同様、実年齢は成人なのだしw 喫煙より、他校生に殺し合いをさせる闘技場の方が酷いと思いませんか。でもさすがにあれを真似する心配はしなかった模様です。
まあこのドラマの「普通」の高校生は、オールはするわ、親の前で妹が兄に「童貞」呼ばわり、私の昭和基準だと十分不品行なんですよね(^^;;;;) 

さてここからどうなるのか!

「黒革の手帖(武井咲)」1 ☆☆☆

銀行で派遣、銀座でも派遣社員w

言わずと知れた松本清張原作。以前米倉涼子主演で一世を風靡し、彼女が着飾った悪女を得意とする契機になったわけで(その2004年版の幣サイトレビューこちら)優等生の武井咲も、とうとうそんな路線に乗り出すんですね。
 

派遣ホステス時の元子(武井咲)は、そのいい子ちゃん感を上手に利用。おごりの高級寿司店で「サビ?」とキョトン、もちろんサビ抜きでお子ちゃまと呼ばれ……その実、自分で払う回転寿司ならわさび多めだしw 接待ゴルフでは膝まで水に入って、お偉いさんのボールを救出。なんていい子だ!なんでも買ってやる!と感激させて、結局着物を手に入れましたけどね、本当はボール林にあったんですよw 個人マーク入りのボールをいつの間に手に入れていたんだか、スカートでなくズボンでプレイして服を濡らすのも含め、計画的犯行だー。
さすが両親の借金500万円を、若い身空で完済した女は違います。そしてクラブのママさん(真矢みき)に倣い、客との会話をせっせと『黒革の手帖』に。 

銀行でも同様に、借名口座の開設や偽名で振込み等と脱税工作をさせられる度、きっちりしっかり『黒革の手帖』に記録。それだけなら、ただの保険だったんですけどねぇ……。
バカなコネ入社新人が、芸能人の来店をSNS投稿というバカッター事件発生。その責任を派遣に押し付けるべく、契約切りを言い渡されて怒り爆発! 隠し口座から自分の口座に1億8千万円を振り込んで、更に他行に送金! 支店内で誤魔化せなくするところまでやりきりましたよー。
夕方には発覚して青い顔の支店長次長。

本人はちゃーんと自宅にいて、札束ベッドに寝転んでるのに、家に押しかけず携帯にかけ続けるばかりのオヤジたち。もしや派遣社員の住所を派遣先は知らないの? そんなところも現代風なんでしょか。


話し合いの席に、次長(滝藤賢一)相手の喫茶店ではお着物で銀座風、銀行の応接室で弁護士や支店長も相手にするには黒パンツスーツにサングラスと、とにかく別人な装いで現れる元子。

脱税協力がバレるので警察には言えない支店側。なのに全額返金の条件が
「正行員にしてあげよう」
って、バカにしてんのかーいw 昇給も出世もある、生涯賃金で一億は行くよって、横領犯が出世? こんな事件の前に能力を認めて言ってくれてるなら嬉しかったでしょうけどね。しかも、親戚が泣くぞって、もう両親鬼籍なのに。逆に支店長次長の方が、その職を体面を家族への説明を、自宅のローンを教育費を、一体どうするつもりですかと笑顔で煽る元子ったら素敵w ここに来たのは、二度と返金を要求しないとの念書を書いてもらうためなんですって。
せめて半額返してくれ!と、支店長が土下座するためにどかしたテーブルが、今度は念書を書くために戻されてと、行ったり来たりw 間抜けでいい演出でした。

そしてその金を元手に銀座にクラブ「カルネ」(手帖、の意)をオープンする元子。
ゴルフでやらせを見抜いた代議士秘書(江口洋介)もドン(伊東四朗)を伴って祝いに訪れ、自分の隠し金を横領されたと知らない院長(奥田瑛二)や塾長(高嶋政伸)も加わりオープンは大成功です。さてここから昇りつめ、また堕ちていくのね。
「守秘義務が大事」
と、銀座の女心得を説いた真矢みきママですが。多分守らずに情報を金に変えますよ元子ママは!

派遣仲間の仲里依紗が、頬が削げて貧相で、元子のように金をせしめて辞めたわけでもなくかわいそうだったのですが……予告を見ていたらなんとホステスとして働くようですね。それも派遣?元子の縁故? 女の喧嘩をやらせたら右に出るものはいない仲里依紗ですから、恐ろしいライバルになりそうじゃないですかw
院長の愛人(高畑淳子)の活躍も楽しみです。

「サチのお寺ごはん」1 ☆

うーん薄い。

地味~に育った臼田幸(谷村美月)さん、あだ名はサチうすw でも本当に幸が薄いというほど不幸なワケじゃなし、ちゃんと家も定職があるじゃないですか。
それでも地道に貧乏くじを引き続け、冷房が効きすぎるだの一人だけ残業だのとチリも積もっていやんなる感じって、あれ。「スカッとする」とうたうバラエティ番組で、スカッと言い返すまでの嫌な事件をねちねち見せられるあの感じにそっくりです(><) 前半15分過ぎてまだねちねちが続くよ!

それが、ひょんなことから寺ごはんをご馳走に。
穏やかな住職と茶髪の寺男、精進料理を習いにきている大学生。イケメンに囲まれてのヘルシーご飯は癒されますけど、そこにたどり着くまでが長くてなんのドラマを見ていたのか忘れてました。
この先サチが少しずつ料理に親しみ、食べる楽しみに目覚めていくのかなあ。お局(エドはるみ)に笑われたおでこの吹き出物も消えましたからね。(しかし同僚女子、おでこにニキビできたら有給とるんだw すごいw)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ