ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2017 夏ドラマ

「2017年夏ドラマ 総括」

はい、夏が終わり夏ドラマも終りです。最近ずれて始まるものもあって分けにくくなりましたが、とりあえずはじゃすみんランキング~パフパフ

1位  「過保護のカホコ」   圧巻の愛の寓話。
2位  「警視庁いきもの係」  いろいろ可愛い
3位  「黒革の手帖」     名作強し
4位  「ウツボカズラの夢」  女は強い
    「カンナさ〜ん!」   母も強い

6位  「僕たちがやりました」 後味悪し

8位  「警視庁ゼロ係」    期待もゼロ
    「デッドストック」   こんなもん 
    「あいの結婚相談所」  何も解決しなかった感


主演女優賞  高畑充希 「過保護のカホコ」 カホコ
   次点  橋本環奈 「警視庁いきもの係」薄 

主演男優賞  該当なし
   次点  山崎育三郎 「あいの結婚相談所」藍野
 (育三郎じゃないとあの役は出来ないという意味でw)

助演女優賞  該当なし

助演男優賞  今野浩喜 「僕たちがやりました」パイセン
       (もうパイセンあっての「僕やり」!)

頑張ったで賞 三浦翔平   同時に刑事役2本w
      「警視庁いきもの係」「僕たちがやりました」



1位については異論ないのでは。家族の愛をテンション高く語りまくった怒涛のドラマ。カホコを心配し、壊れていく家族を心配し、はじめくんとの恋の行方を心配していたら、見事に丸くおさまりましたよ、と。あーカホコが可愛かった。その勢いで主演女優賞ももちろんカホコ(^^) 
2位は「警視庁いきもの係」こちらも主演可愛かったですが、演技力で可愛かったのはカホコなので軍配はそちらに。そして3位「黒革の手帖」もその次の「ウツボカズラ」も主演は女優。今シーズンは女を描いたドラマばかり見ていたようです。でも逆に助演だと主演を食うほどの女優さんっていたでしょうか。「黒革の手帖」高畑淳子も仲里依紗も凄かったけど、逆に同じぐらい凄くてシリーズ通しての敵役じゃないというか。
そして主演男優賞、窪田正孝かと一瞬思ったのですが(だってトビオが彼じゃなかったら見なかったし)でも『パイセン=今野浩喜』な勢いで『飛びおむしろ窪田正孝(と今野浩喜w)の魅力に寄りかかったドラマだった気がしました。

「ウツボカズラの夢」最終回 ☆☆☆

スッキリしたのかしないのか、それはヒロインが自称するように『鹿島田家に居てやってる』のか、その実囚われて飲み込まれているのか、そこの捉え方によるでしょう。20年経たないとわからないのかも。
てなわけで、ウツボカズラは久子おばあさまでしたわ。前回感想の考察、当たりってことで。でも、まさか初対面時に既に未芙由が見込まれていたとはね。

横領と不倫で旦那が叩き出され、妻尚子家出。
鹿島田夫婦がいなくなった家には未芙由と龍平が住むことになりましたが、交際をきちんとおばあさまに報告したものだから家を出た父親の耳にも入り……ダメだダメだと騒ぐエロ旦那。だって未芙由とホテル行ったもん、って妻に告げるんだw 親戚の未成年に手を出しました告白って、もう復縁する気もなかったのか、バカなのかw
やおら家に戻って攻め立てる夫婦に
『田舎者だと勝手に決めつけたのは、そっち』
と啖呵を切る未芙由。 鹿島田家を壊したんじゃない、もう壊れていたのを教えただけ。娘の妊娠も、妻の不倫も、させたんじゃない。教えただけ。うーん確かに。
龍平も、僕が家を出るなら一緒にと、未芙由を試すようなことを言ってた割にこういう時かばってくれないって使えないよなあ。多勢に無勢ながら一歩も引かない未芙由です(結局、父親と寝たことはどちらも言わず仕舞いですよねw) 
そこで、おばあさまが争いを終わらせた言葉は
『住んでいない人は、出て行って』

なんと実の息子と嫁を捨て、未芙由を選ぶとは!

正確には、チャラチャラ遊んだり泣き言も言わず鹿島田家を守り続ける女を確保。
居場所のためなら、久子の老後も孫息子の世話全般も、なんだってすると見込まれちゃったわけですねー。未芙由との交際を認める代わり、公務員試験に受かれと命じられる龍平。そのまま本当に上級公務員になり、他の女に目移りすることもなく未芙由と結婚て、どんだけ言いなりですか龍平くん。自分の息子が育つころにはハッチャケて、祖父や父みたいに不倫や横領始めそう……。
でももう家や財産の名義はしっかり妻で、旦那は追い出されて終わるってのも3代続くかもw

とにかく最後に勝つのは女、なドラマで最後は溜飲下がりましたw
未芙由と龍平の結婚式で、久しぶりに介す一同。義母ももうちょっかいを出す気はなさそうだったし、尚子がボランティアの彼と幸せそうで良かったです。嫌になったら出てったらいいんだもんね!

「デッドストック」~最終回 ☆

最終回でぽかーん。

スプーン曲げが本当かどうか、取材対象とカメラの信頼が大切的なご高説が延々あるわけなんですが、待って。その前のエピソードは、主人公りくの母親が『超能力者に殺された』でしたよねw

念動力者とりくの母が、超能力バトルで殺し合う現場を収めたテープ。撮影者は上司。
それだけは息子であるりくに見せちゃダメだと探していた、当初から上司が挙動不審だった理由はそれだったそうですよ。そもそもの発端に強姦魔を念動力で殺しかけたほどの能力を持つ女に、母親もなんらかの能力で対抗し昏睡に陥らせたのは、りくを守る為だったんだとか。そんなとんでもないことを見てきたように言われて鵜呑みにしてた面々が、なんでスプーン曲げ如きに真偽を問うんですか。同じ上司が「見た」と言ってるのに。

落ち武者、吸血鬼、樹海の人体消失と怪奇現象福袋だったこのドラマ、逆にレギュラーは毎回ちゃんと生きて帰って何事もなかったかのように次の取材が始まるのがお約束でしたけど。ADりくだけでなく、早見あかりDの過去にだって、親友がこっくりさんに取り憑かれ、幼子の姿のまま10何年いたのを解き放ったとたん……という本人が絡む超常現象の回があったじゃないですか。そんな辛い思い出はそれぞれの胸の奥にしまって……ではなくて、なかったことになっているようでイヤンです(^^;;;)

スプーン曲げの清田君がご本人だとか、劇中の監督が本当に監督だとかそんなこと、知らなきゃ見られないんじゃ困ります。


母の死を受け入れられず、同じアパートでずっと母親がいるかのように暮らし続けていた、りく。でも『ある日戻ってこなかった』その死の真相を知り、犯人を殺してやろうとするも結局は赦し、もう新しい人生を生きると決めてその部屋を出て行く。
「さあ、仕事だよ!」
「ま、待ってください先輩~」

このほのぼのした10話できれいに終わって欲しかったです。 


「警視庁ゼロ係(2)」~最終回 ☆☆

「おじいちゃん、タメ口叩いてよろしいでしょうか?」
は、警視どのが今更? と思ったけど、確かに彼は常に丁寧にお話ししてましたね。内容が失礼でも気にしないだけで!

そんなわけで、1話から怪しすぎた元首相の罪を暴いてシーズン2が終わりましたよ。ミスリードじゃなかったw
警視どのが書いたZレポート。首相暗殺未遂事件で狙われたのは首相じゃなかった、という推理は大正解!そしてなんとレポートは他にもまだあったんですよ。こりゃ、最大アルファベットの数だけ続編できますねw

オリンピック用地からみつかった身元不明の遺体。時々思い出したように復顔の連絡など入り、諸事情でゼロ係が解散になってもピンクの彼がずっと顔認証システムで身元を探していてくれたんですよね。そして判明した身元から、次々とつながる事件。ゼロ係がまた集結し、それぞれが井戸の底やら穴の土、写真たての裏から集めた証拠をつきつける場面はなかなか楽しかったです。でも1話から忘れた頃にひっぱって最終回で完結って、変に長かったー。
今回は幕開けから猟奇殺人で復讐だし、時節柄オリンピック絡めて盛り上げたいのはわかりますが。大物政治家を追い詰めるより、生活安全課なんでも係らしい身近な話の方が楽しかったのになあと思います。アスリートを本人役で無理やり出演させてみたり、高木ビーが無くしたウクレレの相談にきてすぐ寝ちゃう茶番w 小玉スイカw 虎三がバスジャックに遭遇した回は、婚活ツアーというおせっかいでしたがw警視どのなら暗号が通じるはずという信頼を見せて胸熱でしたよ。銀行強盗の回だって、避難誘導係だからこその犯人発見でしたよねえ
銀行強盗に警察の目ををひきつけつつ、実は目的は近所の民家の金庫破りだった犯人たち。警察が来て咄嗟に寝たきり老人と介護人のふりって名案だったのに、来たのが警視どのじゃなきゃ良かったのにねえ。ぐいぐい上がりこんでベッド脇でTVつけてくつろぐ警視どの、笑顔でイケズでしたw 

このまま終わってもそんなに惜しくはないですが、新シリーズあるなら結構また見ちゃうかも。虎三先輩のタメ口がスイカ野郎からイチゴ野郎に戻った最終回。次はまた、イチゴの季節なのでしょうかw

「ウツボカズラの夢」~7 ☆☆

拙いラブシーンに大爆笑w
出てゆく未芙由を長男が引き止め、背中から抱きしめる。うまくいけば『あすなろ抱き』になる筈が、首絞めてるのかと。身長差がかなりあるのに、ただ腕を回すからですよ! それが不慣れさを表現してるのなら、満点でしたが……。場面切り替わるとベッドの上ですからね。
おばあちゃんが同じ屋根の下にいるのに?
なんかもう、鹿島田家いろいろ大混乱で大変です。

若い義母の画策で、一度は田舎に連れ戻された未芙由。閉塞感ハンパないですね。しかし、連れ戻した割にやっぱり居場所は与えない義母。何がしたいんだか意味不明なところも、正統派な嫌がらせです。
時折東京から電話があって、あれこれ尋ねられますが……知っていても答えないもの、謝礼次第で小出しにするものとを絶妙に区別して、鹿島田家には内緒の再上京を果たします。
そのうち、たまたま東京に居て……とまた、エロオヤジに呼ばれて邸内に足を踏み入れるわけですが。

オヤジが忙しいのは横領の証拠隠滅。なんとそのまたオヤジも横領で愛人に貢いで叩き出されたんだそうでw 邸宅の名義は祖母だと知った途端に、もうオヤジスルーな未芙由ちゃんに拍手喝采です!
この家にいるためには全権を握るおばあちゃんに気に入られなければ!
そうと決めたら、長女の妊娠騒ぎをご注進。
長男隆平くんも連れ戻して手柄にせねばと、元気でいるか着替えはあるかと、母親並みの心がけでせっせとLINE。いや、夫の横領&浮気発覚で家出中の実の母親はそれどころじゃないんだから、隆平くんにとって唯一心配してくれたのが未芙由ちゃんでしょう。そしてこっそり戻れば、涙を流して諭してくれて……。その涙、彼我の境遇の差への憤りや情けなさで、きみを心配してじゃないんだけどね。横領金二千万円の通帳をポンと『返しておいて』と渡せる甘ちゃんにはその辺、分からないでしょう……。

未芙由の勧めた通りに祖母を頼れば金をくれ、仲間にきちんと金を返せば、驚くほどすっきりと事件は解決。『誰も助けてくれない』も間違いなら、『あんなはした金で騒ぐなんて』の言い分も間違いだったと学んだ隆平くん。かなり未芙由を見直したはず。その上好きなおにぎりの具も、好みの炊き具合まで知っていてくれるなんて、もうこれって、
惚れてまうやろー!
……からの、雑あすなろ抱き&ベッドインなわけですが。待って隆平くん、その娘きみのお父さんとも体の関係がw

次回最終回は、さすがにその辺も全部バレ、未芙由が逆ギレで啖呵切る予告編になっておりましたが。さてその後はどこに住むんでしょう。未芙由は別に悪事は働いてない、不倫に関してはむしろ被害者なわけで、それなりに丸く収まるといいな。

それにしても、最初から違和感があったウツボカズラには、回が進んでも重なりません。痩せた土地で昆虫をおびき寄せ溺れさせて養分にするウツボカズラ……うーん……。未芙由はもっと忍び込んで繁殖する、蔦やミント系のしぶとい何かでは。 あ、それとも未芙由に重ねようとするからダメなので、他にウツボカズラに似つかわしい人がいるのかも。えーっとえーっと、すでに実体のない家名にしがみついて生きるおばあさま?

「カンナさ~ん!」最終回 ☆☆

「赤ちゃんができたの……あなたの子よ」
って、あのお腹を撫でながら言われたら、心当たりなくても『贅肉だろ!』とは言い難いよねw 実際はカンナさんの嘘返しなわけですが。

カンナさんと麗音くんのこれからのために、マンションをプレゼントした元旦那。なのに仕事で負債をかかえてしまい、それを内緒にしたまま疎遠になろうと『恋人ができた』と嘘をつきます。今までの経緯だとありそうで困りますがw 
ちゃんと嘘と見抜いてくれるカンナさん。マンションは売って、まず負債を返そうと言ってくれて……(それがわかってたから内緒にしたかったのにね)励まされ、カンナのふくふくした肩に濡れた頬を埋める……うーん気持ち良さそう。勢いで再プロポーズ、しちゃう気持ちは分かるけど、カンナ無職&借金の現状で?と怒らせちゃいましたよw

そうだ、リストラコンペで負けたカンナ、無職なんだっけ。
そこにサプライズで登場の例のカリスマ編集者ニック難波!いまさらラブ展開は無いとは思ってたけども。日本まで来てしたことが、麗音くんにプレゼント返しと……再プロポーズの後押し、だけとは!
えええ、建築現場でバイトのカンナさんに、デザイナーとしての就職口ぐらいポンと紹介してあげられるんじゃないの? 正直、元サヤの再婚なのに結婚式をするしないともめる時間があるぐらいなら、ニックからの斡旋を『自分で探したい』と断る場面の方が欲しかったですよん。でも、バイト経験を活かしての、鳶ニッカポッカで親子服をデザインしてるカンナさん。案外そっちで売れっ子になったりしてねーw

渡辺直美のオシャレと漢気、元気を最大限に活かしたドラマで楽しかったです。あのふっかふかの肩に胸に腕に、私も埋まってみたーい!
でもごめんなさい、録画までしては観てませんでしたw たまたま途中から見ても、それなりに話分かるしw よーく考えると浮気性の旦那も、毒舌義両親もひどいじゃん……。カンナさん、あの旦那は捨てた方が幸せになれる気がするんですけど……まあいいかw 麗音くんのお父さんなんだもんな。

オーバーサイズでも、いつもオシャレなカンナさん。世の中、同じサイズの服ばっかりじゃないんだと思えるだけでも価値があるかも。よーしオシャレして出かけよう!「いつかまた」じゃなくて、今やろう!

「僕たちがやりました」~最終回 ☆☆☆

なんて鬱エンドorz

元々が悪ふざけ、笑って終わりのはずが大ごとになっていっても、しばらくは<勘違いだよーん>で終わると思って見ていましたし。ホントに10人死んだ責任はお前たちと突きつけられてもまだ、悪者はもみ消した奴で、悪を暴けば償いの道があるものかと。それが市橋の自死あたりからやっと、これは違うんだな、と。
今更ですがあの回は、パイセン絶望だわ、先生が刺すわ、市橋が落ちてくるわ、衝撃続きでしたよね。

そこからやっとまた仲間が集い、自白を目指して事件前に戻ったかのように楽しい時間を過ごして、でも権力にまた負けて。

10年が過ぎ、出所したパイセンからの呼び出しで集まってみれば、裏切り続けた丸が結局は成功し(元手がパイセンの金w)、女と我が子を選んだ宇佐美にも幸せに家庭があって、パイセンはパイセンで義弟殺しで服役したけど夢をみつけて。
……ずっとパイセンについていった主人公のトビオだけが、ほぼ何もしてないのに10年たっても犯罪者扱いのまま定職にもつけていないの理不尽じゃないですか。旧友との再会は、逆にもう二度とあの頃には戻れないことの再確認。なのに前を向け、生きろって。もう何これ、おバカ層への啓蒙なんですかね。若気の至りでバカやると損するぞって。でもそんな人たち連続ドラマ毎週見てるのかな(^^;;;)

伊佐美が一人でしていた遺族に謝罪行脚、嘘だらけの謝罪にドン引きしましたが、その一方で、それって主人公のするべきことな気が。でも当時トビオがしてたのはナンパと童貞喪失。そりゃ、今時の若者がどっちに共感するって辛くない方でしょうけども。 それでもトビオは逃げるのをやめて、爆破騒ぎをもう一度起こしてまで、きちんと逮捕してもらったのに……。
家族がまるで描かれなかったマルや伊佐美と違って、トビオには愛にあふれる優しい家族がいたのに、なんでこうなった。

ヒロイン蓮子の描かれ方もまた酷い。
引っ越して音信不通。トビオから拒絶したとはいえ…永遠に待つとか言わせておいて。その上、偶然再会してみれば妊婦って何それ、トビオにダメージ与えるためだけに存在していたかのタイミング。ちゃんとお祝い言えたトビオ、偉かったよね(関係ないけど、蓮子が市橋の遺体確認してて謎。なんで他人の未成年女子が!)
ビッチで登場した今宵ちゃんが、聖母になったのとはえらい違いの雑さでした。本当は主人公、伊佐美と今宵ちゃんだったんじゃないの……。

伊佐美の遺族行脚は10年続いてて、多分事件のことももう自分の中で区切りつけて、子供も(すごい名前の子w)二人育てて、未来を向いて生きている。
「もう、会わないかな……」
じゃなくて遺族行脚にトビオも誘ってやってほしかったですよ(マルは雇ってあげて) 

恨む市橋の幻影まで見ちゃうとは。せめて市橋の墓参りにぐらい行っているのかなトビオ? 蓮子との再会が、市橋の墓の前でもいいぐらいなのにね。自分のことだけじゃなく、周囲に目を向けることにトビオが自分から気付かなくちゃいけないということなのか。でもそんなこと、このちょいエロ娯楽ドラマ見ながら学ぶことですか?
原作と結末が違うそうで、とにかく変えようとおかしなところに着地してしまったのかも。

トビオがもう少し楽に生きていけますように。

「警視庁いきもの係」~最終回 ☆☆☆

スズメバチでテロ?宗教法人ギヤマンの鐘?

せっかくの親睦旅行先でも事件に巻き込まれ(ハリネズミ交換殺人未遂!)、管理官が撃たれハチに刺された石松が危篤。その全ては謎の組織が……って、そんな重い背景、だれも期待していないのに変な方向に……と思いきや、蜂使いは冤罪で勾留中に巣箱が全滅した養蜂家だったり、それをきっかけに「いきもの係」が設立されていたりと、案外いつもの感じから外れてもいませんでした。
(たい焼きの謎、たい焼きの謎とひっぱった結果が、実はアラサー部下のサプライズ誕生パーティを上司が計画していて…とナンジャそりゃだった前半よりは少なくとも狙いが分かるというかw)

毎回絡む犯罪はほぼ殺人で、元◯◯犯は更生後も逃亡中も生きづらい厳しい世界なのですが、マイペース薄とマイルドつっこみの須藤はあらゆる場面で 揺るぎなくボケ続けます。
例えば須藤さんのベルトを別件で使用となったら、勿論パンツ丸見えで〆。 スズメバチの罠もあり、殺されかけた場面なのにお約束は決して忘れませんよ。上司が映すスライドに、影絵のキツネを薄巡査がコーン、も好き。和むわ……。
ヨウムの回の
「このオウム…」「ヨウムです!」
「このヨウム…」「ヨウムです!」
はもう伝説w
冒頭のデータ解説ナレーションを、毎回違う誰かが担当するお遊びも楽しかったですよねー。

ラスト、初回で逮捕され愛猫をいきもの係に預けた蝶野が引き取りにやってきて大団円です。
捜査一課へ復帰の辞令が出た須藤さんでしたが、お断りして総務課に残留。薄を野放しにしないでくれてありがとうございます。でも興味ある動物が「人間!」と言いだした薄巡査、一歩成長? ボケ続けつつもちゃんと事件は解決するいいコンビでしたよね。
視聴率は今ひとつだったそうですが、保育園小学校の夏祭り運動会ではエンディングのダンス大人気だったんですよ。シーズン2は無理でもSPで復活とか、期待したいです。そして息子(いきこ!)さん登場して(^^)


「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」~最終回 ☆☆☆

♪教えてよパパ、教えてよママ♪
そうそう、どっちが先に好きと言ったのかとか、プロポーズの言葉とか、両親の恋愛話を女の子は好きですよねえ。でも親が決める縁組が当たり前の時代に、恋愛結婚を前提の歌って相当斬新なのでしょう。

悦子をはさんで本当の親子のように、3人でいる時間に幸せを感じていた碌太郎。でも年の差もあり定収はなし。親が進めた縁談を告げる鏡子に、それはいいと祝いの言葉を述べるのですが……どんどんとどれだけ一緒に居たいのかという内心の吐露にw 制約が多い時代だからこその名場面でしたよね。あともうちょっと、二人きりで居られたらどうにかなったのにw
モヤモヤしたまま返された鏡子さんは、縁談を蹴って碌太郎の元へ駆け戻るも不在。悦ちゃんとはハッキリとママになる約束をして、善は急げと碌太郎を追うのですが。

くだんのご令嬢もいるパーティで揉めて会えず、なんと碌太郎は大怪我で入院する羽目に。なのに悦子と鏡子には、碌太郎は失踪と告げる伯母さん。お前たちが恥をかかせたせいだーって、そんなぁ。

でも逆に失踪と聞いていたせいで、例の作曲家が「パパママソング」を悦子にTV生放送で歌わせようと持って来た時に、碌太郎が聞いたら戻ってくる!と快諾したわけだし。保護者の承諾は
「なんでここ(碌太郎宅)に?」
と元ストーカーに聞かれて
「け、結婚しましたから!」
と言い訳した鏡子さんが『母』ってことになってるからオッケーなワケだしw 弱った碌太郎を小うるさい悦子と離してご令嬢に看病させて、あわよくば~と狙った伯母さんの目論見が裏目に出てスカッとしましたね! そして勿論、放送を見た碌太郎は怪我を押して病院を飛び出し、放送局に駆けつけ、今度こそ正しく愛を告げるのです! じゃーん!

その後「パパママソング」は大ヒット!
……とはいかずw そこそこだそうですが、家族3人幸せならいいよね。

義父指久と碌太郎の仲も悪くないし、悦子も生意気に「指久」呼ばわり(コラ!)でも可愛がってもらってます。親の選んだ相手じゃなくてもヘソ曲げず、鏡子の望みを一番に碌太郎に頭下げられるとは、昭和の頑固オヤジもなかなか愛情深く描かれていて、演じる西村さん贔屓としてはうれしい限りでした(^^)

お嬢さんと作曲家も運命の出会いw お似合いです!


「過保護のカホコ」~最終回 ☆☆☆☆

すっばらしい家族の物語でした!見てよかった(><)

麦野くんと別れ、婚活に励んでもすぐお相手に麦野くん受け売りの説教をしてしまうカホコw
やはり彼はお母さんにあうべき!と勝手に育った施設を探すも
『ここに昔、麦野初くんという男の子が…』
なんて質問には個人情報保護に厳しい昨今、答えてくれやしませんよ。なのにすぐ判明したのは、『すっばらしい』絵に出会い幼き日の麦野くん画だとすぐにわかったからだし、いつもの勢いで褒め称えていたらさすがにぽろっと応えてくれたから。そこで麦野母への伝手を得、かといって絶交中で連絡できない中、なんと再会は婚活パーティで。もちろん麦野くんはサクラのバイトw
そこからのカホコの説得(?)も含め、施設を訪ね手紙を読みお母さんに会いに行くまでの、キャラ設定を存分に生かしたトントン拍子な展開は神がかっていましたよね。

そして再婚家庭で幸せそうな母に、決別宣言をしてきた麦野くん。毅然としてみえたものの結局は、いつかと逆に胸を貸すカホコにしがみついて泣きじゃくり……ああこれはもう、一生逃れられない恋になるなと、これほど腑に落ちる場面もそうないでしょう。
もちろん2人は交際を再会……するのかと思ったら。

結婚?
まだ学生で無収入で、彼の出自をさておいても交際ならまだしも結婚て。許す両親が世界のどこにいますかね。
ホント完璧な物語の中でここだけが無理……と思ってる自分に気づいて苦笑w どこもかしこも寓意、作り物然と仕立てた絵本の世界では、恋のゴールは必ず結婚で婚前交渉なんてしないんですって!

そこからは、ばあばの看病や死で姉妹は争い叔母夫婦は別れと家族がバラバラになりかけるも、カホコの奔走でつながりはじめ、なんと影の薄かった父方家族の暴走で結婚式が決まり、これまたトントン拍子に場所が麦野くんの施設、ケーキは私ドレスは私とまとまっていくんです。そうそう、就職も父方家族の覚醒で児童擁護施設を立ち上げてそこで働くことになったんですものね!
でもそうは問屋がおろさないw
うっかりじいじがぶち壊し、ケーキがぐしゃ、ドレスがびり、すべってお料理もばしゃー orz

もうどーしょもない事態に、さっそうと現れ全てを仕切るのはハイ、結婚を許さないはずのお母さんです。西部劇並みにカッコいい〜しびれる〜! そして入場の結婚行進曲は糸ちゃんのチェロ。こっちもお母さんが解決ですよ。
緊張に震える麦野くんが結婚指輪を取り落とし……ジンジャーブレッドボーイ並みにどこまでも転がり逃げ続ける指輪を、ただ一人追いかけ続けたのも……母! 渾身のナイスキャッチでしたよ!!
キリッとした彼女をみたことがない父方一同は怯えてたのもまた一興w

ただ……麦野くん母はひっそり呼んでも良かった気がするのですが……あれかな、二人で会いに行ったあの時が、まだ決心する前とはいえ結婚報告みたいなものだったかな。

そしてばあば亡き後の母方実家に住み、父方実家の施設で働く若夫婦。濃い、家族つきあいが濃すぎるよ(><) そして『世界を笑顔にする仕事』ってのが、あまりに身近だったのですが。二人が幸せならそれでいっか。お幸せに!
そうそう、カホコが出ていったら離婚を切り出したお母さんには驚きましたが、そこも幸せに丸くおさまったようで。

めでたし、めでたし。


「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」1~6 ☆☆☆

楽しく見ています。

やもめの碌太郎(ユースケサンタマリア)が、お母さんがほしい小五の娘えっちゃん(平尾菜々花)に振り回されながらも作詞家として頑張る話。
一曲当てたこともある作詞家碌さん大卒、時々米代に困るものの庭付き一戸建て暮らしで通いの婆やがいて、実家は経営者と、実質高等遊民ですw 悦子の先生とデートしたり、箱入りお嬢様(石田ニコル)に本気で惚れられたり、とかいいつつ芸者(安藤玉恵)の接吻跡つけて見合いに現れたりと女慣れも十分なわけでw 若いデパートガールの鏡子さん(門脇麦)とだってありですよね、うん。

レコード会社専属になり喜ぶ碌太郎ですが、悦子と考えた「パパママソング」は跡形もなく変えられて「チチハハソング」に! その上専属自体も私の縁故、と告げる見合い相手に不快をあらわにするのですが「愛している」からと力説を返されて頭を抱え……そこを女中にきてる鏡子さんも聞いているという地獄絵図w まだ全然色恋じゃない鏡子さんとの仲が始まらないじゃないですか(^^;;;)

「パパママソング」の方は、悦子の声をメモした作曲家夢月がどうにかしてくれそうなので、自然興味は恋愛の方に行きますよーん

でも一番楽しいのはやはり昭和の風物です。
子供の服は、デパートで布地を買って!別で仕立てに出す!
家出した悦子を探しまわって帰宅した碌太郎が、玄関でがっくり……となる前に移ったのは大きな石。……石? 本来は『悦子の靴がない=まだ帰ってない』画面なのですが、マンションのバリアフリー玄関に既に慣れた目には石が目立ってw もう沓脱ぎ石なんて何年も見ていません、段差が大きな昔の玄関には補助に石が置いてあるものだったんですよ。
最後にどこで見たっけ?取り壊した富山のおばあちゃんの家にもあったっけ?懐かしさに思わず家族に録画を見せるも、旦那ですらまずは「石?」でしたからw そのうちこんなカットも入らなくなるんでしょうねえ。

ところで視聴の目当ては西村さん、改名して西村まさ彦さんですね。
鏡子の父親で、昔気質の指物職人。娘に縁談をもってきて手柄顔。横恋慕男が見合いに乱入すると、なぜか娘が悪者で「勘当だ!」と騒ぐ関白オヤジです。それでも、と縁談が続くと今度はニヤニヤ、後妻さんに「お前から言ってやれ」となんども言うくせに、その度「お前に惚れたんだって!」「守ってやろうと思ったんだって!」と結局全部言っちゃうお茶目さんw しかし後妻さん、自分はそんな自由恋愛じゃなかったから羨ましいわぁだそうですよ。それでもお相手がダンディ西村さんなら御の字じゃないですか(><) って、そういう話じゃないからw

石田ニコルのお嬢様を早見あかりだと思っていました。声も似てますよね……w

「2017年夏ドラマの考察」

みなさんお気づきでしょうか、livedoorブログが7月からトラックバック機能を失ったことを。
て、読んでいる方には関係ないんでしょうねえ。他ブログへのお知らせが出来なくなっただけですからねえ。でもじゃあ、アクセスがガタっと減っちゃうのかと思いきや、案外変わりませんでした。以前より古い記事の参照数が増えたような。衛星だなんとか放送だと多チャンネルになり、再放送の機会が増えたのかも。なので今ひっそり書いている記事も、また10年後に誰かまとめて読んでくれるのかもしれませんねえ。
(その頃までブログってあるのかなw 年頭にホームページ消失したのがまだ地味にショック)

さておき、夏ドラマ。
家族で見られる優しいドラマが多いのかな。
カホコが可愛い「過保護のカホコ」
いきもの可愛い「警視庁いきもの係」
渡辺直美可愛い「カンナさ~ん!」
所長が変可愛い「あいの結婚相談所」
でも夏は怪談!「デッドストック」
ある意味ホラー「ウツボカズラの夢」
リメイクも名作「黒革の手帖」
ちょっとエロい「僕たちがやりました」

以上、お茶の間安全度順に並べてみましたw 

「いきもの係」と「結婚相談所」で動物押しが被ってる!とか。
「いきもの係」に歌のお兄さんいて「カンナさ~ん!」保育園でのブンバボンは是非歌って欲しかったのに!とか
「いきもの係」「僕たちがやりました」両方に三浦翔平が刑事で登場!とか。
小ネタが何かと「警視庁いきもの係」関連。エンディングのダンスも可愛くてお気に入りで、近所の学童でも小学生が真似して踊り狂ってますけど世間的には話題になっていませんねえw

「警視庁ゼロ係」「悦っちゃん 昭和ダメパパ恋物語」は録画が溜まっていますよ(^^;;;)


もうリタイアなのは……

「ハロー張りネズミ」「脳にスマホが埋められた」「孤食ロボット」「マジで航海しています」「さぼリーマン甘太郎」「愛してたって、秘密はある。」「ウチの夫は仕事ができない」「ごめん、愛してる」「居酒屋ふじ」「コード・ブルー(3)」「ウルトラマンジード」

「僕たちがやりました」6 ☆☆

「♪ 闇の中、ハイ闇の中 ♪」軽いよ怖いよ。
 

自分の身代わりで無実の人が死ぬと、分かってて大丈夫な人だったなんてパイセン。いや大丈夫じゃないから黙っていられなかったのかな。でもとりあえず「闇の中」の囃し声にのってごまかされてしまう伊佐美とマル。トビオだけが割り切れずにいるところに刑事さん登場、亡くなった生徒の写真を並べて
『俺が許さねぇ』
と啖呵を切ってくれました。……でも捜査はもう打ち切りで、これ以上嗅ぎまわると刑事さんが消されかねないのね。どんだけ大物なんだパイセン父。でも会ったことはない関係なのかパイセンは。

そんなわけで、まずは日常に戻ったトビオたち。
お母さんのご飯食べて、妹とじゃれて、気になる蓮子とちょっといい感じで。
金盗んだマルとも……使った理由はキャバクラだし全く反省してないしで腹は立つけどなんと水に流し……自由の身が嬉しいパイセンは、300万円×3を返せと言わないばかりか、更に100万円を3人に上積みだ!もってけドロボー(><)
パイセンと水川あさみ先生のデートも、なぜか盗聴セットをパイセン自ら準備して茶化しちゃって。
そーんなウキウキした自由の身満喫タイムの告白ゲームで、トビオの鉄板ネタは例のホームレス先輩に襲われた話w それ以上に面白いこと言わないと、まずい青汁飲まなきゃいけないよーってことでパイセンが繰り出すとっておきが……
なんで<実は俺たち犯人で、本来なら死刑だよーん>なのよ、笑えないよ!!

思いつめて屋上から飛ぶ、トビオ。えー。

「過保護のカホコ」~7 ☆☆☆

楽しく見ています。

可愛いカホコちゃんが悩みながら成長していく周りで「理想の家族」がどんどんと綻びていく様子、たまりません。
まずはATM父が切れ、次はパーフェクト母が切れw どちらもカホコにとっては当たり前に存在する万能「父」「母」であったけど実は、 ねぎらいや感謝やいたわりを求める人間だし、むしろ世間的絵にはちょっと弱い人だったわけで。失意のイトちゃんは不良化、親戚もアル中盗癖とヤバかったり、余命わずかだったり。 父方の叔母さんも詐欺に遭うわ……。
 

そもそも、叔父叔母や従姉妹って「家族」なの?

核家族な我が家としては「家族」って同居の5人だけであとは「親戚」だよねーと思ってしまう。更に親の兄弟姉妹まではまだしも、その配偶者は「縁戚」で更に遠くなるでしょ。縁があったね、いい人なんでしょうねとは思っても、とても無条件に
「強くて優しくて素晴らしい人たち」
と泣きながら演説するような対象ではないんだけど……(^^;;;) それができるのがカホコ!

「家族」のピンチを本当に親身に心配して駆け回って、でも笑わなきゃって変な笑顔になって。どんどんと重くなる背中のリュックには、張り込みの食料だけじゃなく
「誰にも言わないで」
「内緒にして」
と頼まれた「家族」の秘密がどんどん詰まってカホコに重くのしかかっているよね。

それにちゃんと気づいてくれる麦野くん、本当に得難い素晴らしい友人で、そこから一歩踏み込んで恋人になってくれたことに心から祝福出来たのに。パニックのカホコはやっぱり言っちゃうんだな禁断の言葉を。
「麦野くんには家族がいないからわからないんだよ!」

いやいやいや、交際◯日の大学生が、おばあちゃんにひ孫を見せるためだけに結婚しようとか言いだしたら止めるから。家族いても。しかもね、元々は交際を渋っていた麦野くんを動かしたのは、カホコが寄せた無条件の信頼と心配、つまりは「家族扱い」だったのじゃないかと。なのにお前は違うと手のひらを返すなんてーorz


でもまだ、仲直りの話数は残ってますからね!
余命わずかのばあばだって、内緒のはずの病気をカミングアウトしましたから。カホコもここからちゃんと謝罪して、就職して!

あのまっすぐな瞳のまま、いったいどんな仕事で世界を笑顔にしてくれるんでしょうか。まだまださっぱり見えてこなくてw 多分、麦野母の捜索もするんでしょうねえ。どんな人でどんな事情になるんでしょう、会って良かったエピソードになるといいのですが。
「家族」は再び結束するのか?も含め、いろいろ楽しみ。
おバカで深い、すごいドラマ見てるなあと毎回思います。


「僕たちがやりました」4、5 ☆☆

窪田正孝、裸祭り(^^;;;;;)

警察に追われてズボンを無くし、パン1でホームレスに拾われるわ、そのホームレスに迫られてプリッと剥かれちゃうわ、ついに童貞捨てちゃうわ(あ、女子相手にね) 何かとトビオがセクシーでニヤニヤしっぱなしです。
ただなぁ……。無理やりヤろうとする相手に自分を重ねて
『蓮子もあの時、こんなに怖かったのか』
と大反省、謝らなくちゃ……と街をひた走る場面がなかなかセンチメンタルで良かっただけに、みつけた蓮子が市橋と居た、ただそれだけで、抱きあってたわけでもないのに尻尾を巻いて逃げちゃうとは。挙句に今宵ちゃんとベッドインしちゃうなんてさ、ちょっとがっかり。こんな女神のように都合のいい女、青年漫画にしか居ないよね。
以後、猿のように昼夜問わずやりまくりながら『いまごろ蓮子も市橋と』じゃないっての。
 

だってその頃の蓮子は市橋の元子分に攫われて、輪姦される寸前よー。
車椅子の市橋は何もできないし、ここをどうトビオが助けに行けるのかと思ったら、脅す刃で自らにぐっさり致命傷を負わせる市橋の捨て身で切り抜けましたよ。なんと本気で蓮子に惚れたんだってさ、これは取られちゃうよ?(もっとも、輪姦ぐらい何度もしたりさせたりしてそうでしたからねー。今更いくら被害者ヅラで善行を積まれても好きになれると思えないのですが)

裏切り者マルは、熱海で伊佐美を罠にはめ、今度もまんまと現金を手に逃げちゃうよー ……と思いきや、外国人観光客からまさかの逆強盗w
昏睡させられてる間に、伊佐美に下剤を持ったのもバレ、トビオからも盗んだ分キャバレーに使い切ったのもバレて殴られて、ちょっとすっきりw ヤバ高から助けたことすら『頼んだわけじゃない』とか言っちゃうこのクズに、どうかもっともっと天罰が当たりますように!

なにしろパイセンが無罪放免ですからね。
もう逃亡生活する必要もないってこと。爛れた性生活を捨て、わざと警察につかまろうとしたトビオの前に颯爽と戻ってくるパイセン!カッコいー!

でも、ヤバ高の虐められ先生の自宅でトビオと伊佐美がみつけたのは盗撮映像の山で。その中には爆弾を蹴ってヤバイ場所に転がしてしまったパイセンの映像もあったはずなのに……。それパイセンも見て泣いてたのに……。
替え玉の自首ぐらいで、自分達までなかったことにしてはしゃいでていいのかな(今度の全力パクリは永野ネタw)
それともまだ何か、隠された真実が?


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ