ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2015 夏ドラマ

「婚活刑事」~10☆☆

つつじさんのダンス、微妙……w

ついに、というかやっと、というか。藤岡つつじ刑事への恋が芽生えた米子ちゃん。
何度も命も救われてるし、米子レーダーも信じないって言ってくれたし!と、ぽーっとする米子をよそに、当の藤岡は亡き婚約者の死亡事故の謎を解こうと必死です。挙句、証拠品をもって失踪、殺人事件の被疑者にぃぃぃぃ!
って、絶対違うに決まってますよねw

通りかかった旦那に、まだこれ見てたんだ!何が面白いの、と真顔で聞かれましたがむしろ面白いところだけが取り柄じゃないですかw トリックも感動も学びも共感もなにもないけど、おばかで面白いのよー!

監禁され、口で米子の拘束を解く藤岡。顔のガムテープを噛んで剥がすなんて、怪我のないようにと思ったらかなり難儀そう&そもそも監禁されてるってのに、ときめく米子w おいw 手首も腕もその調子で藤岡と米子の必死度が違いすぎる上、藤岡はさらに「詩織のような目に合う人はもういちゃだめだ」的な説明セリフまで言わされてて、もう大変です。
その前に、目撃情報を聞こうとして美人局にひっかかる場面では押し倒されても真顔で受け身だった藤岡つつじw ほんと役者稼業も大変ですよねえ

さあ次回、最終回で各方面謎が解け、米子と藤岡の恋が実るのかなんなのか!それともまた婚活は続くのか?楽しみです(^^)


「となりの関くん」と「るみちゃんの事象」2、3 ☆☆

『……文化祭のクラス発表ビデオかなんか?』とは旦那w
いやいやいや、この画面クオリティでそれはw でも確かにひたすら校内だけ、ほぼ座り込んでの会話で進行するのが共通点の2作。予算はかかってなさそうです。2作を組み合わせるのも妙案でした。

「となりの関くん」

となりの席の関くんが、いつも授業中に遊んでいて気になる! 
そんな優等生のルミちゃん(清水富美加)が主人公です。なにしろ授業中なので声を出して注意も出来ず。ほぼほぼルミちゃん1人の心の叫びや、驚いたりハラハラしたりする顔芸でなりたっていますよ。可愛い(><)その横で、1人将棋を壮大に発展させたり、砂山盛り上げて棒倒ししたり!と涼しい顔で遊び続ける関くんw
まあここまでなら、オープニングの画像で十分なわけですが。原作も案外ネタ切れせず、発展系をみせて楽しませてくれたので……ドラマもこの先ハネると期待。 関くんとルミちゃんつきあってるんじゃない? というクラスメートの誤解、次回ぐらいにはもうくるかなーw
 

「るみちゃんの事象」
こちらも主人公はタイトルの人じゃなく、ふりまわされる常識人のお友達くみちゃん(真野恵里奈)です。で、やはり1ネタ<るみちゃんが変>でグイグイ押してきますねw ←「となりの関くん」のるみちゃんとは別人です、念のためw
例えば、弁当からお友達の彼氏までなんでも「うんこ臭い」という、るみちゃん。なんて失礼なと怒ってたら、彼氏が本当にうんこ漏らしてて、替えパンツ用意してたるみちゃん不思議、とかw これ一番すごいのは「漏らしちゃってー☆テヘ」で納得させる彼氏役(矢本悠馬)ですよねえ。正直、主演の「ブスと野獣」でよりずっと輝いててつらいです(><)
例えば、ししゃもを拾い食いするるみちゃん。止めたのに腹痛を起こし……。いや喰うなって話ですよ。で、保健室の先生もかなりエロ変。
こちらはネタがシモよりで下品なのがちょっとイヤ。若い女優さんに何させてんだっ! でも深夜枠だし、役者さんたちは頑張ってると思いますw これこそアニメですればいいのに、ドラマの方が簡単に作れるんだろうなあと思ったり。

「美女と男子」~最終回 ☆☆☆

見届けた、そんな満足感でいっぱいです(^^;;;)

タレントと担当マネージャ、がっつり相棒だった中盤からのイチ子の左遷→退社、訳も分からずに置いていかれる向坂、切なかったですねえ。そしてイチ子の自社立ち上げ! 売れっ子の向坂は他のみんなの様に新しい会社に集うわけにはいかず(だいたい会社立上げを知らされもせずw)もう見ててハラハラ。
実はその手前で4、5本録画を貯めてしまい見ずに切ろうかと思ったりもしましたが、つけてみればやはり楽しく時間が経つんですよねー。ああ見て良かった。途中参加の田中幸子ちゃん(蔵下穂波)もいいスパイスでしたし、向坂主演映画が水泳ものでいい身体だったしw(脱ぐからには大事でしょ!)

監督役で共演のオヤジ、難癖ばかりつけて脚本にない酒屋の場面をごり押し、とんでも迷惑だなと思ってみてましたけど役者として一皮むけたのはやはりあの酒場の場面でしたよねえ。

最終回は向坂は海外映画祭、イチ子はたどころの紅白出場付き添いと、ふたりが遠く離れて大舞台を迎えます。

感激のあまり、舞台装置すっぽんがせり上がるのにイチ子を抱きしめて離さないたどころ!ハグのまま放送されて揉めるのかー?と思いきや、スポットライトを浴びたイチ子がちゃんとポーズつけてw歌が始まるや踊りながらハケて行くので笑いましたって!大体イチ子(=紅白司会もした仲間由紀恵)が紅白にいるってだけですでにパロディですのに。
たどころの歌をバックに、向坂の受賞スピーチ。
「ツインソウルやな!」と、つきあってもいない向坂とイチ子をモデルに決めつけて作った曲ですけども、いい加減耳に馴染んで盛り上がるじゃないですか(高橋ジョージ、本当に紅白出たりしないかなw) そしてまさかの全世界マスコミに向けての
「沢渡イチ子さんを愛しています!」
おいおーい若者!人気商売なのにw 予告だけで結局告白しなかった元社長とは違いますよねー。出迎えた空港でも、いきなりハグでキスですからね!これからの仕事に差し支えないのかメチャ心配ですが、愛があればいいのかな!アイドル人気から、演技派に転向かな! 
よっく考えたらイチ子も壮絶な離婚騒動を乗り越えて、幸せになってもいいよね。息子も懐いてる相手だしね!そういえば元社長も、独立して別会社を立ち上げるとか。そこでは右京くんが俳優業に復帰してくれてたらいいなあ。

炎上商法だの、国籍偽装だの、売らんかなでミエミエの工作も描かれていましたけど、結局は人の絆が心にしみる、美しい芸能界のお話でした!

「民王」3、4 ☆☆

もう一組、入れ替わってましたね。

それってあらすじだと盛り上がりますけど、実際にはちょと不満。だって草刈正雄議員も娘も口癖や動作の印象がなくて、泰山と翔ほど『ああ入れ替わってるw』って思えないんですもの。
それに、4話で分かったのはなんと3話のTV対談企画の時にはもう入れ替わってたと! えええー。 
3話ラストで「泰山、俺だ」とネタばらしする都合上、ミスリードを狙って、父と娘の動作の違いなんて見せられなかったと。ああ、つまんない。せっかく1話2話と、どうなるかほぼ分かってる話を丁寧に丁寧に見せてたドラマだったんですから、第2入れ替わりも来るぞ来るぞーと待ち構えたかったです!
例えば入れ替わりの件を打ち明けても『馬鹿な言い訳を』などと鼻で笑われ、『だったら僕と娘も入れ替わってみますかね、でもうちの娘はおたくと違って優秀で』ぐらいのフラグを立て、じっくり父娘の癖を強調してもらってからの満を持しての入れ替わり、ぐらいにw
しかも草刈…蔵本議員ったら、平然と泰山を誘惑して実娘の部屋に連れ込みましたよ!話す間もなく押し倒されちゃう危険とか考えなかったのか!女好きの泰山が若い体に入ってるってのに!

そうそう、同じ歯医者でチップを仕込まれてたのも不満。不審な歯医者が逃亡と判明して即、他にも利用されそうな患者をリストアップぐらいしないのかと。蔵本も同じ歯医者だぐらいの情報、普通あるでしょう。警備の都合上!


そこを置いたら、楽しかったですけどね。

3話、翔首相の最低賃金情報、ワーキングプアの転落。4話は部下の不倫スキャンダルに、まず会いに行くのは奥さん。家族が許してるならいいじゃないかと(『馬謖を切る』をトリビアってw『常識です』の切り返しもナイス)

泰山青年の方も、シングルマザー解雇の裏にある若社長の愛人雇用を嗅ぎつけ、泰山人脈で元社長にいいつけて……。おまけにちゃんとこの問題と、部下を切る切らないの国会答弁がリンクしてるのも素晴らしい。
……翔首相が自らのハートフルな言葉で影響を与えているのと違って、泰山青年はスタッフを動かしてる感じがいやらしいといえばいやらしいのですが、それで助けられた真衣さんが喜んでくれたのならいいやー。

おまけに惚れてくれちゃった様で……真衣が泰山青年に抱きついているところを(リビングでw大胆!)目撃してしまって固まる翔首相~、これは揉めるぞお 自分は蔵本の娘に頬ずりされてたのにね!(こっちのビジュアルも凶悪で最高でしたw)

秘書貝原くんのプライベートもナイスで、演じる高橋一生が気になりすぎて調べましたw 「ペテロの葬列」の人かーそうかー。わあ「相棒」ウィンパティオの後継者かー(男子シンクロの安部篤史さんと系統似てる)

「37.5℃の涙」6 ☆☆

「なんでお母さんは桃子に冷たいの?」
と、今更なことを口にして母と兄から全否定される桃子姉。え……格差感じてたんだ。なのに、あの桃子に全部押し付けちゃえ発言してたんだ。むしろ無自覚な兄よりいけませんよ。嫁いだことで、自分の家はおかしいと気づいたのでしょうか。それでも習慣は変わらずに今まで通り桃子を下に見ていたけれど、ふと湧く疑問、ってことかも。ネットを検索「搾取子」のワードを見つけたようです。それで何か変わるのかな。

てなわけで、実家に帰ってみたら速攻家政婦にされた桃子。
あらもう一人娘さんいらしたのね、という客たちに「介護のために戻ってきた」と喧伝し「お前の居場所はここだけ」と洗脳にかかる母です。グリム童話の魔女並みに怖いです。
着せられた服は趣味が違うし、懐かしいでしょう~と準備されていた部屋は狭すぎて絶対に物置w
でも、朝比奈が心配して訪ねてくると妙にあっさり桃子を手放しますよ。ゴミ箱に捨ててた携帯まで返してきて! 
母曰く、引き止めると逆に逃げるから、自分から戻ってくるように……と。それは昔からの、罪悪感で桃子を縛るやり方なんでしょうね。かわいそうなお父さんが死ねばいいと思ってるのね、的な。自分で作る鎖の方が強いですものね……。

でも今の桃子には朝比奈さんも、キモい呼ばわりながらも小春ちゃんもいるし。ご指名でオムライスの夕飯を囲むもこみち親子もいて、リトルスノーが居場所です!
「僕には」もとい「リトルスノーには桃ちゃんが必要」と言われて、号泣する桃子。初めて言われたんだろうなあ……。思わず抱きとめ、その胸で泣かせてやる朝比奈さん。娘もいるオフィスでのこと、愛しいとしてもやましくはなさそうな抱擁でしたが、さて見つめる小春ちゃんの心境やいかに。
おまけに予告では、もこみちとラブな展開がー!

ますます、介護に帰ってる場合ではなさそう。でも恋話を今進めても桃子が受け入れられる気がしないので、病児保育のお仕事を頑張って欲しいのですが。
病院とリトルスノーの提携を進める兄、こっちからの揺さぶりがくるのかな。心配です。

「煙霞ーゴールドラッシュー」2~最終回 ☆☆☆☆

いやあ、満足。面白かったです
「神戸牛か、玉出で買うたるわ」って、玉出w(オープニングにも映る、看板が派手なスーパーです。毎日何か目玉商品が1円のスゴイ店w)

怪しい男たち(木下ほうか、木村祐一)に拉致されるぷーちんと菜穂子。
先につかまっていた理事長ハリネズミ(桂文珍)から金を引き出す……手伝いのはずが、謎の男たちが立ち寄る先が微妙に銀行でなく、あれよあれよと金塊が8本どーん! 指定とは別のカードもちょろまかし、4憶8千万円相当を持ち去る計画だったのだー! しかしそれをしれっと持ち逃げする愛人萌姐さんw
持ち逃げ、ときいても3800万円だと思ってるハリネズミは「俺の金を守ってくれてる、偉い女だ」ぐらいの反応ですが、実は桁が違うから! 13kgだかの延べ棒8本、4オク6千万エンですからー!
もう下っ端教師なんかどうでもよくなっちゃった拉致犯に、帰れと言われるぷーちんと菜穂子でしたが、それは悔しいと外車の鍵など持ち出し、わざと乗り回して嫌がらせw 
そして誰が何なのかと、田中/鈴木と偽名を名乗っていた男たちの実名を探り始め……。そこで役に立つがのぷーちん先生の生徒人脈! 修理工場の娘には車体番号から車の持ち主を、不動産屋の娘には倉庫の借主を調べさせって、教え子がみな文句言いながらも電話一本でそこまでしてくれる慕われっぷりですよ。冒頭の神戸牛云々は、その時の礼交渉ねw 頼む方も頼まれる方も軽口がテンポ良くて楽しい場面です。
菜穂子先生には生徒とのそういうつながりナッシングでしたがw 家など探る時のご近所とのやりとりは菜穂子中心で、浮気調査と言ったらノリノリで口が軽くなったりと、また楽しいの。

明らかになってくる人間関係のいろいろ。そうか、愛人とあいつがグルだったのかー!金塊はそこに隠してあったのかー!なんとその時、そうだったのかー!あれこれw

振り回された挙句の落とし所にも納得でした。そうね、そのぐらいかもね。

そしてぷーちんと菜穂子が付き合い始めそうなのもまた楽しいナイスコンビっぷりでした(^^)尻に敷かれるね!

きっかけだった体育教師が、ずっと使いっ走りで金ももらえずかわいそうなのは自業自得かなー。手付金の100万円を『間違えて』ぷーちんと菜穂子に渡すという信じられないドジw そもそも、そんな変な金返そうとして巻き込まれたのにー(あれ、それもぷーちん達が丸取り?拉致られたときに取られてる?)
原作も面白いのでしょうが、映像化にあたってのキャストやテンポが大成功していたと思います。結局、理事長の使い込みは別に明るみに出そうにないところもまあそんなものなのかも。でも、もう愛人囲うのはこりごりになるかもしれません。

「ブスと野獣」~3 ☆☆

ロバート限定ライブ! なぜロバート! インパルスファンとしては悶々としつつも、リア充男女がDVD貸しあったりするのはインパルスよりロバートが似合う…のかも……悔しい(><)

さておき、筋はずっと同じですw
不器用なブス君と野獣ちゃん、2話では連絡先ゲットに右往左往。結局はお互いの助言を聞き入れて、ちょっとだけ恋愛スキル向上かも。
世の恋に悩む若者の役に立つかな、とちょっと思ったけど、このドラマを恋愛マニュアルにする層もいないよねw

イケメン君とツーショットを頼んだはずの野獣ちゃん、快諾して撮ってもらえたのは『レスリング部おめでとう!』的な試合結果報告の下のソロ記念写真、という失敗が胸が痛くて好きな場面w ここもそこも互いの失敗場面を巻き戻すと、遠〜くにポツンとや端にひっそり実は居て見てた、という演出にも笑いました。でも巻き戻しつながりでクドカンならもっとやれる……とも思ったり。

3話では、リア充男女がすでにラインで毎晩連絡、何か貸し借りまでしてると焦るふたり!

ここで、その貸し借りネタを自分も借りてみればきっかけになるのに、それはしない謎w のちにお笑いと判明して限定ライブチケット取りに並ぶわけですが。2枚しかないチケットをどうするのか。先に誘えた方に譲る、と約束して決死のお誘いをするも、なぜかそういうときだけはふたりとも成功しちゃって、しかもついチケットは渡してしまって、美男美女の手に!先に取り返せばデートに行ける!と必死のあまり出た言葉が

「譲って!一生の恋がかかってるんだから!」

これで、ブスLOVES野獣 と誤解をしないわけないw 当日は、ブス君と美女ちゃんのデートになるはずが……ないよねw ど真ん中のいい席に渋面のブス君と野獣ちゃんがが並んで、ロバートさぞ演りにくかったでしょうw


さて来週はダブルデート?


旦那は『なにも残らない』とリタイア。いいのよ楽しければ。


「デスノート」6、7 ☆☆☆

「……計画通り!」
あああああ、悪い顔になってるぅ ←原作通りw


海砂のため、保身のため他、計画を仕込み目論見通りに『デスノートの所有権を放棄』するライト。すると途端に可愛くなっちゃって!

「俺たち友達だろう、流河!」

いや1度テニスしただけ。ライブチケットを贈った好意wも踏みにじられて、せいぜい知人だと思います。

一足先に所有権放棄、『ファンだからストーカーして拉致監禁?』と第二のキラ疑惑をコロッと忘れ去った海砂につづくライトのこの変貌。戸惑いつつも、手錠で繋がれてLとライト君が共同生活……に入るかと思ったらそれは即解消で、共同捜査の方に乗り出しましたよ!

普通の大学生設定どうしたw( L曰く『僕が才能を開花させた』ってw)


確かにライトの計画通り、デスノートを渡された『金も地位もあって欲深い大人』ヨツバグループの経営陣は分かりやすく私利私欲のために殺人を始めてバレバレ。海砂のCMオーディションを隠れ蓑に潜入捜査があるから人手はいくつあっても、でしょうけど……。

え。ミサミサのハリウッド進出は? 長期休業の口実つけたのに、なんで国内仕事が入ってるのw

え。ライト君の協力って不法侵入で盗聴機材取り付け? それも刑事じゃなぜいけないの。  

設置場所に脚立を置いてきたらバレるから、持ち去るのは分かります。でも警備員に追われてもなお、脚立を持ったまま階段を駆け下りるライト君律儀すぎでしょw そして逃げ切った車に、もう乗っている海砂と松田=松井w 3人でビルに入ったのに、2人で出たの? ヨツバの警備、ザルw

もうあっちこちツッコミどころ満載でしたが、火口逮捕のところでLと共に口上を述べてるライト君はもうやばかったです。何様だ一般人w(白づくめのエルと黒づくめのライト君、画面的にはいい対比ですけども!) そして銃を取り出した火口に慌てふためく一同w 顔を見られないことに専心のあまり、もっと簡単な危害の加え方を忘れて防弾チョッキもなしに逮捕に近寄ってるとか、バカでしょwww
(ただでさえエルが優秀な印象がないのに、これでは台無し。世界5大探偵のうち3人エルで残りがニアって、その2人しか手をあげてなく思えます)


そしてついに、デスノートに触れるエル。ライト君!

以降のライト『素直で可愛いキャンペーン』終了、悪い顔で声も怖いし、おばちゃん寂しいです。そしてデスノートを抱えてうずくまりっぱなし。不審です。

声をかけられて『なんでもない』って、いやいや、死神を見て腰を抜かすエルの方が普通。時計に仕掛けたデスノートの切れっ端と針金(シャー芯?)でゴソゴソ、とりあえず少しは怖がってから火口殺害の実行に行けばよかったのにー。まあその辺はエルからのツッコミ待ちですね。


記憶をなくしていた間にも「犯罪者なら殺してもいいと思っている」とエルに指摘され、自分のキラ指向を自覚するライト君。これは大事な場面でした。となると、わかっていて復活したキラはもう、正義の味方でも巻き込まれたわけでもなく……さあここからの転落の一途が楽しみになってきましたよw


もうちょっとニアが魅力的ならもっとよかったんだけどなあ……。


「37.5℃の涙」5 ☆☆☆

まさかの脳天チョップw

相変わらず父娘仲の回復しない朝比奈家で、うっかり見つかる亡き母からのメッセージビデオ
「10才の小春へ」 
ビデオの中の小雪さんは笑顔でしたけど、娘の成長した姿を見られないなんて、もうそれだけで涙腺決壊です(><) ドラマ中でも『ママのことは忘れて!』と言われてショックな小春ちゃんは駆け出し……弱音を吐く朝比奈に、桃子がビンタかと思いきやちょーんと脳天チョップってw

小春ちゃんにそれを直接言え、生きてて伝えられるんだから今言え、という助言はもっともで素晴らしかったのですが。チョップが笑えたのと共に、殴られて育ってきた桃子は朝比奈をビンタなんてできないんだなと思う場面でもありました。

久しぶりに会う兄が軽く手を持ち上げたら、桃子はバッと頭をかばうんですよ。頭を撫でようとしていた様ですが……撫でるより殴ってきた回数が多いからそうなるわけで。
母にまるめこまれて再会するも、出されたアップルパイを怪訝そうに見る桃子。
「好きだったでしょう~?」
「私これ…好きでしたっけ?」
多分、兄妹だけが食べてて桃子の口に入ってない、それも下手するとパイにお目にもかかれず二人で食べちゃってたんでしょう。もう可哀想で可哀想で。

そして、倒れたという父との再会はもう完全に介護講習w そして勝手な退職の電話。本人に確認しなければ……と、思ってくれる上司朝比奈さんで本当に良かったのですが……。逃げられるのか、桃子!


予告ではついにはっきり「毒親」という単語が出ましたねw
世には、連れ子だったりしなくても我が子の扱いに差をつける親がいるとそろそろ周知されても良いのかも。 

「ナポレオンの村」3 ☆☆

滝壺レストラン!
景観が素晴らしいからこそ、そこを伐採してレストラン建設だなんて莫迦かと胸を痛めておりましたら、ま、まさかの露天w 森に直接テーブルと椅子置いてます!
えーっとこの店、モデル店が実在するのかなw
食材置き場は、厨房は、上水やガスや排水は、店員の着替えは、トイレは、雨の日は、あれやこれや、マジですかー! 

そもそも根元を踏まれる天然林はいい迷惑でしょうし、料理を運ぶ足元は悪いし(運び手は老人だってのにw)、虫が来るし、葉も落ちるし!! イベントで何日かならともかく、あれってシェフ(梅沢富美男)個人の店が開店してるんですよね? 画面では見て美しくても実際は問題が山積みでしょ~!!
そして1話に引き続き不満なのは、ドラマ的見せ場のために客をえらく待たせる事です。
米がこない。
開店初日、もう客も並んでオープン予定時間直前に気にする事ですかそれw
計量して研いで炊く時間を考えてませんよね(研いだ水を滝壺や森に垂れ流さない良心があれば、研ぐのは別の場所でする筈だし。炊飯器もガス釜も森じゃ使えないし!) 結局、神楽米を諦めて村産の小麦粉でパスタを作ってしのいで、メインは山菜。それはいいんですけど。裏工作した市長も、美人秘書(橋本マナミ)も、ほくそ笑むのは前夜に!届かないって困るのも前夜か早朝に済ませておいてくださいよー(…あ、パスタ森のテントで茹でてたっけ。まさか塩入り熱湯の茹で水を滝壺や森の木の根に……うわー環境破壊やめてーorz)

と、例によって気になって仕方ない些末を傍におけば。村役場の兄さん(浜野謙太)の恋話は面白かったですw やーいふられてやんの!
邪魔してたスカイランタンも自分の手柄の様に話して、美人フードライターさん(ホラン千秋)をアテンドしてデレデレ(^^;;;) 普通はここで、レストランも僕の企画と言い出した嘘をばれない様にと四苦八苦がお約束ですが、なんと浅井から『彼が責任者です!』と大嘘をプッシュw(にこやかに意地悪してる様にしか見えなくてまた可笑しいw) 当の美人に疑われつつも気を引きたくて、本当に彼がレストランのために働き出し、やりとげた自信も得ていくの素敵でした。滝壺のディナーで告白の場面なんて、みんな遠くから祈ってあげてましたよね!!

……でもまさか、交際でなく結婚を申し込むなんてw あれで既に付き合ってるつもりだったなんてw 莫迦ですねえ。でも気分はもう仲間です。ランタンの時にも、こんな巻き込みエピソードが欲しかったんですけどねえ。

パスタをこねて、茹でる、マニュアル通りの作業なら得意よ!とお役所3人娘(?)が立ち上がるところも愉快で、やっぱり思いましたランタンの時にもこんな(以下略)だって、妨害するだけして謝ってもいなくて実際の働きもほぼ描写されなくて、翌日には自分たちも頑張ったとか言ってるの、本当に気になったんですもの!
 

で、怒涛のパスタ作りを手伝った後、キュートなソムリエ服に着替えて、森の凸凹を料理運んで、山菜ソムリエとして解説しまくりのおばあちゃんたち元気です。時給いくらか知りませんが、せめて運ぶのは若い衆にさせて。ソムリエさんたちは座らせてあげないと倒れちゃいますよ(><)


「婚活刑事」~6 ☆☆☆

出会い系の詐欺師(阿部力)、友達のカレ(深水元基)が殺人鬼と、働き者の米子レーダーは安定でしばらく特記事項なかったのですが、今回の6話は書かねばならぬ。だって躑躅と米子が急接近ですよ!

捜査のために偽装結婚式!
式場との打ち合わせで、カップルらしくふるまおうとしてもぎこちないわ何も知らないわw 2度目は万全でと、米子のデータ『全て』を頭に入れる躑躅。味の好みに適正室温に好きな花と、何もかもを覚えられ気遣われると、ときめいてしまうよねw 「いいカップルですね」なんて言われたり、人目をごまかすためとはいえ抱きしめられたりw ほ、惚れてまうやろ~(本当に惚れたら犯罪者ってことで問題ですがw)
一方で躑躅自身のことを尋ねても、知らなくていいと取りつくシマなし。
押しかけてきた躑躅祖母によれば、婚約者を亡くしているそう。今の冷たい態度はその時からなのでしょうか。で、亡き彼女も警察の人。組んで仕事をしている頃は、今の米子と同様に『最悪』と評していたそうで、え、それってやっぱりフラグ立ってる?

結局、調べていた婚約指輪のすりかえ事件は、式場でなく神父のしわざと分かって落着。躑躅を結婚させたいおばあちゃんは騒ぐし。捜査一課チームも参列者にカメラマンにと偽装で参加してはしゃぐしで、いつもの惚れたら犯罪者騒ぎはなくとも賑やかで楽しい回でした。……あれ、肝の米子レーダーがなくても面白いって問題あるかなw

そして躑躅の交際疑惑、ぞんざいに声をかけていた女の身元判明!妹でしたよーw チャンチャン

「探偵の探偵」5、6 ☆☆

これ見て各種犯罪を試す奴がいそうで怖いですw

相変わらずヒロイン玲奈が「死神」を追うのはいいんですけど、分かりにくくて。
いや正確には、私はいいんだけど時々意識飛んでるらしい旦那に毎回毎回『こいつが死神なの?』と聞かれ続ける羽目にw 違うのよ、女性脱走はまだ詳細不明の別の事件。違うのよ、死神に依頼してそうなストーカー男を探してるのよ。違うのよ、これはそのストーカーを知ってそうな男ってだけなのよ って辛抱強いぞ私(><) 
そして毎度答えつつも、なんて細い線を追ってるんでしょうねと思ってたのに。ちゃんとたどり着くのかーい! 

滞在ホテルを突き止め「サプライズをしたいので~☆」なんて隣の部屋を取り、清掃中にカードキーをすり替え……と、これって今日にでも真似できちゃう侵入方法じゃないですかorz  楽しみつつも不安になります。琴葉に解説したり相手の悪徳探偵に解説したりと、こうこうこうすればアレ出来るの、と毎回手口を説明してくれますが、そこはもう少しぼかしていいですよ。銀行に片っ端から電話をする口座確認はボイスチェンジャーが要ったり、そもそもする動機が一般人にはありませんが、侵入してのコソ泥は出来心でできちゃいますよ! 防犯カメラを避けるスプレーや、光を当てる方法も簡単すぎて怖い怖い。
挙句、尾行の深追いでやっぱりバレてハングレ族に捕まるぅぅぅぅ。あまりに自業自得で、おまけに予告ではばっちり解放されてて、心配する気にもなれませんですよ 

何もできない琴葉ちゃん、警察に連絡したのが進展ですが、さて。
 

そういえば琴葉の姉は、単に昔から支配的だった模様。……もしかして玲奈の妹の事件当時、琴葉と仲良くなるのが嫌で「死神」に情報流したとかって展開もありなんでしょうか。
(病院での大騒ぎは、わざと玲奈をおびきよせたくせに病室前を離れる警察も杜撰なら、鍵のある部屋に妊婦wを通す警備も杜撰、カップルの利用されかたも杜撰なら、行ったら容疑者死んでましたよとまんまと殺人の容疑をかけられるレナも杜撰で、派手だった割になんかなあ)

「民王」2 ☆☆☆

予想通りの展開だけれど、楽しいね(^^) 大阪では1週抜けて待たされましたよ。

相変わらず入れ替わったまんまの、首相と息子。そこにレアメタルだかの取引相手国が来日し……。
もう、息子の優しさが相手に届いて取引成立に100パー決まってますよね(><)決まってますけども!そこに行き着くまでに、すっかり怒らせてしまう前振りが丁寧ですw
最初の、地下アイドルを見に行った段階で、こりゃ息子もファンで完コピ踊れて打ち解けるんだ~と思いましたが、それは早計w まずは相手の国では失礼になる仕草で不愉快にさせ(笑顔で頭をかく=恥を知れ、とかw 側近調べとけよw) 相撲レスラー見学では弱っちくて呆れられ、息子登場で益々見下されw
あ、そうそう。息子の恋する彼女を、臨時通訳として呼んでますので。図らずも『いつもと違って男らしい』息子くんの一面を見せちゃったりw 中身が息子な泰山首相は、挨拶の手を握りっぱなしだったりでエロオヤジの風評を確立ですw こういう両面で進行するところも美味しいですよねー
そして高級鮨屋。
アンチョコを丸読み……で、相変わらず漢字が読めずにガーデナー、もといガードナー大統領を激怒させてしまいますが……。泰山が取り出したハンカチは、スーツに不似合いなキャラものでw なんとそのキャラこそ、幼き日のガードナーさんが難民キャンプで心の支えにしたTシャツの柄! こ、こんなところでw
以降はもう、優しさ満開。何故かスタッフや店の板前さんも総出でマイナーアニメのテーマソングを踊って動画をネットにアップですよー。細かいこと言っちゃうと、当のガードナーさんだって、知ってるのはキャラだけで踊りは初見だろうし。ましてや、国民の皆様のために踊られても知らんがなってなりそうですけどw ここで嬉しいのは心意気。しかも、一番大事な取引の件をすっかり忘れてお開きでしたが、かえってそこが好感度を高めた模様で、結果オーライです!

ボンジョビだかレッチリだか、架空の国名も資源名もふざけてましたねw
通訳の彼女と、同級生の女の子は似たような美人で見分けつきにくいです。せめて髪の長さぐらいもっと変えられないものかしらん 


鮨屋でそれぞれに酒を呑む親子。泰山の身体で呑む日本酒は初めて美味く感じ、いつもチューハイなど飲んでた息子の身体は辛口日本酒を受け付けない。気合の問題じゃなかったんだ、と互いに学ぶ瞬間で、ドラマ的にはさらっと流したものの、これこそ入れ替わりものの醍醐味ですよね(^^)

しかし、入れ替わり原因は歯痛でもフライパン殴打のせいでもなく、何やら新技術で攻撃されたせいとな?

さて次週も楽しみです!


「2015年夏ドラマ、中間報告」

「ブスと野獣」「となりの関くん&るみちゃんの事象」が始まって、やっと出揃いました、夏ドラマ!

期待の「ブスと野獣」が大して笑えず、せっかく待っていたのに残念。まあこれから面白くなるかもしれませんが。その陰で「シメシ」が4話でひっそり終わっていてびっくりw それしかないと知ってたら全部見……たかもしれなかったのに。設定が何か聞いたことがあると思ってたら、西村さんMCの昔懐かし「隠れ家ご飯」に似てましたよねえ。 


☆見続けているのが「デスノート」「民王」「婚活刑事」と超常現象ものw3本、

  「ナポレオンの村」「リスクの神様」と来訪者奇譚2本 でしょうか。

   そして犯罪指南ドラマ「探偵の探偵」


☆切ってないけど、録画溜まってるのが「37.5℃の涙」「ど根性ガエル」

   どっちも、しのびよる陰がw なんか暗いの。


☆もうやめそうなのが「美女と男子」「まんまこと」「花咲舞が黙ってない!」

   見れば面白いでしょう、でも予定調和で世界水泳と世界陸上に勝てるほどではなくw


☆録画やめたのが「ある日、アヒルバス」「熟年探偵社」「表参道高校合唱部」

☆1話も見てないのがw 「HEAT」「ホテルコンシェルジュ」「恋仲」「エイジハラスメント」

   共通項ありますか? もしかして主人公が頑張る系かも!あとイジメは見るの嫌ですから(><)


さてこの中の、どこに「ブスと野獣」「となりの関くん」が収まって夏が終わるんでしょう。すでに週6本見ててその他「プロジェクトランウェイ11」もあるって、ぐーたらじゃすみん今季は結構頑張ってます!

お笑いは「ロンドンハーツ」「アメトーーク」が最近ヒットがなく贔屓のインパルスにレギュラーがない中、「ナカイの窓」「マツコの知らない世界」が楽しくなってきました。

<追記! 「植物男子ベランダー(2)」を忘れてました! シーズン1の再放送と共に楽しんでます! ちなみに旦那は「ベランダー」がダントツの一押しで、2番が「デスノート」だとか> 

「煙霞ーゴールドラッシュー」1 ☆☆☆☆

かっっこいーい!まるで映画。渋いヒゲ森山未來もいいけれど、清楚じゃない高畑充希はもっといいよ~w
おまけに知ってる場所が結構映るのw 三角公園や鶴橋駅前は定番ロケ地ですが、天王寺のチン電通りはあまりにローカルで騒いじゃいましたw 舞台の女子校ってどのあたりの設定なんでしょうねえ

てなわけで、しがない美術講師プーチンこと熊さん(森山未來)と音楽講師の菜穂子(高畑充希)は、同僚の体育講師小山田(尾上寛之)に待遇改善の訴えに協力しろと声をかけられます。どうやら私学助成金不正流用で理事長(桂文珍)を脅すことになるようですが……。証拠はある、念書を書かせるだけの簡単なお仕事です等々と説得されて、撮影係、運転係で手伝いだけすることに。
それが、やっかいな事件に巻き込まれるキッカケとは夢にも思わずに……!!

舞台に合わせて大阪弁。JKたちとぷーちんwのやりとりも他愛無くて良いですが、食事中や尾行中のちょっとした会話、新地のホステス、学長の啖呵、どこをとっても小気味がよくて惹き込まれます。ぽんぽんと繰り出される会話のリズムがいい!もう大阪暮らし20余年とはいえ自分では喋らない大阪弁ですが、やっぱり日常なので耳に馴染むのかな。でも他の地方の人だってこれは面白いんじゃないのかなあ? 
体育教師が目隠しのために取り出したのが、スポーツタオルで笑いました!細かいよ!
あ、高畑充希の歌あります。ライブハウスで網タイツw

もう3話まで放映されていて全4話。ああ、民放連ドラ優先せずに、こちらをさっさと見てれば良かった。
1話ではとりあえず念書を書かせたものの、思いがけず手にした大金(口止料?)が気持ち悪くて引き返してきた熊と菜穂子が、現場に血痕をみつけるところまで。ええ、殺されたの?
てか1時間、早!(><)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ