ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2012年春ドラマ

「三毛猫ホームズの推理」7☆☆

生活保護絡みの犯罪でタイムリー??

老人に立ち退いて欲しい大家と、老人を自分の物件に住まわせて生活保護を巻き上げたい「囲い屋」が共謀しての連続放火事件。ふむふむ。

美人記者が毎回現場にいる、しかも通報者だっていうなら主人公より先に誰か気付いててくださいよ~(><)
 

さておき、警察は頼れないから自分達で殺しちゃえ、それを中継して世論を動かしちゃえ、と恐ろしい犯罪を計画する美人記者なのでした。いや、ご老人たちが自分でっていうけど、ライブ配信を老人が思いつかないでしょ~w で、実行後老人達がどう暮らすのか。いっそ一緒に死のうとするという予測がつけられないのが若さなのでしょうか←甘すぎるよねw

そこを、警察だってやるぞっと必死の捜査で救ったのが義太郎。刑事らしくなりました。


前回前々回での連続殺人が、聞き込みに行くとべらべら追いつめるとべらべらと全て会話で説明されていて辟易。それに比べると随分見やすかったです。


ラスト、祖父の時代にもホームズが居た?? 猫又だったのかw

「Wの悲劇」5 ☆☆

「さつきを…返して」

と言われちゃう摩子。元の富豪生活には戻れず、ダンサーとしても「ギラギラした」「覚悟がない」とパブのオーナーに否定されて、さあどうする?


と、なるのが本筋かと思うのですが実際は和辻家殺人事件の方が面白すぎてなんか違う話に。

そこに「さつきのアリバイ」を追う例の刑事(桐谷健太)が東京から来てるんですから、東京の摩子=さつきからの10時の電話を刑事がとっちゃうぐらいの緊急事態が欲しかったですわー。だいたい、摩子=さつきったら芝居もせずに

「時間になったから」電話をしたとか、

「証拠の品は隠しました」とか、

聞かれたら困る内容で喋るのはわざとなのか迂闊なのか。ニュースをみてびっくりして、と言わなきゃダメでしょう~。

居合わせたさつき=摩子が電話をかわり、母を心配して「何があっても味方だから」と励ます声に涙する母親。嘘くさい和辻家のアリバイ偽装のなかで、ここだけが胸をうつ母と娘の触れ合いでした。
……そんな母も、我が子が入れ替わったのに違和感感じてないのが酷いけどね。 


で、乗り切ったかと思ったら次々と出てくる奇妙な証拠品。

医療チューブも、なかった筈の足跡も内部からの密告ですよねー。さてはて。

「クレオパトラな女たち」6 ☆☆☆

ブラック裕(綾野剛)くん罵詈雑言w 
いつも穏やかな彼だというのに、サイボーグ女には容赦ないのでびっくりでしたw 実際「カーネーション」の周防さんや陸上の特集番組MCでも声を荒げる様な役所でなかったので(陸上のなんて、ナレーションが無駄に悲しげw)、こんなエネルギッシュな面は新鮮で素敵ー!
ゲイを否定する葵に、それは整形を否定する奴らと同じ価値観だと諭す台詞も深いです。 


さておき、全身整形がばれて婚約者に振られ、手首を切ったナース葵を助ける峯太郎。

タクシー車内での治療も運転手さんに迷惑なら、家に連れて来られて2人で居ることになる裕にもいい迷惑なんだけどな。ほっておけないんだよね。挙げ句に彼氏との話し合いにも2人でついてくるって、保護者かw

過呼吸市井先生のことも、ほっておけないで抱きしめちゃう峯太郎。

うーん、ドラマ目線では十分理解できるけど、職場の同僚からしたらとんだチャラ男で二股かもw


それでも、人生に女は不要と豪語していた峯太郎がなんだかんだと女性達の不幸に首をつっこんで右往左往しているのはいい感じです。葵ちゃんは仕事のデキるナースに変身。星田先生は製薬会社のボンと結婚しちゃうのか?市井先生は離婚?そして峯太郎はどうなるのか?
変わっていくBSCの面々が本当に楽しみ。

なのにこのドラマまで打ち切り決定だなんてー(><)

「カエルの王女さま」7 ☆☆

「くたばっちまえ!」と不倫相手が仁王立ちw


可愛らしいメロディで結婚を唄いながら、実はお祝いとは真逆な歌「ウェディングベル」(^^;;;)
手作りウェディングでこれを流すなんてーと驚いていたら冒頭の演出に大納得w 忠子さんが何も知らなかったら仰天でしょうけど、知っての家出から戻ったところだし。不倫相手と妻が対峙して唄われるのにこれほどふさわしく恐ろしい曲はないのでありました。

忠子さんは妻の座を再確認してにっこり。

不倫ちゃんは、歌でとはいえ大声で文句も言えて負けも認めて、すっきり。……なの?(^^;;;)


「優勝できなかったらシャンソンズ解散」

と、ありがちな無茶約束をしてしまう澪。有名になった昔の仲間に指導を頼みに行くが白紙の五線紙を渡され……オリジナル曲を書け、とのメッセージを理解する。

今から新作だなんて間に合うのかなー(知らない曲はテンション下がると思うの)
そもそもシャンソンズは人数が少ないよね。それでも大人数でベルリン合唱団に指導される老舗に勝とうとか、スポコンな流れになってきましたよー♪ ゲロゲロ♪


「ATARU」6☆☆☆

絶対音感=障害!?


自然に絶対音感をもつことってあるんですか?

絶対音感といえば『訓練で獲得するもの』なイメージが強いので、ゲストヒロインに文句ばかり並べられて唖然。確かに不快な音に囲まれた暮らしは辛いでしょうけれど、はっきりと障害があって意思の疎通も困難で、身元も分からないチョコザイつかまえて「あなたはいいわね」とか言われてもw

彼だって周波数まで感じる能力を同様に持っているのだし、同じぐらい辛いかもしれないとか、思わないのかな。
(実際自閉症には、周囲の音に敏感で耳を塞がないと生活出来ないタイプがかなりいます。絶対音感とは違うと思いますけどね) 


そんなわけで、自殺を偽装した殺人でした。
普通に逃げればいいのに……。わざわざ自殺に、それも以前と同じ形に見せかけるメリットが分かりません「都市伝説の女」じゃあるまいし!ますますワケアリ部屋になって家賃下がるじゃないですか。 

今回はむしろチョコザイの指摘の方がミスリードで普通に事件は解決w

前回も、『左側が認識できない』という脳機能障害が発覚したけど犯罪に関係なかったしw まさか、生きにくいのは自閉症だけじゃない、ということ?w


『移動ドにできたら苦痛が減るかも』という対策が提示されたのが希望の光でした。


で、そこで終わらずに誘拐ですよー!!

落とし物を拾ってくれた娘まで連れ去られ、組織のあぶなさが強調されてます。殺されちゃうの??


チョコザイが昼眠らなくなったのは、時差ぼけがなくなったから=海外から来たと分かる伏線だと思ってたら夜も寝ないとか。なーんだ睡眠障害か。あるある。

「もう一度君に、プロポーズ」5 ☆☆☆

可南子に昔の男。それも海外帰り、同窓会で再会。


うわーなんだかなー、と思ってしまったことを反省。

全然がっついた事になるわけでなく、このドラマらしいまったり展開でした。元カレ(袴田吉彦) といっても別れたことは可南子もちゃんと覚えている、まあただの同級生です、離婚してたけど。そして可南子も指輪外してたけど(><)

ウザイ弟は、元カレの方が姉にふさわしかったといまだ思っていた様です。そうか、改めて考えると修理工の波留ってブルーカラーなんだわ。カッコいいから気がつかなかったw


うっかり可南子の実家で、元カレ&忘れられた夫が集合。

楽しげな昔話には入れず、しかもちょっと嘘をつかれていたことも知ってしまった波留。「別にいいよ」って帰っていきますが、可南子は後悔の涙……って、それって気になってるってことじゃないですか!

思い出の鳩(つばめw)時計を見て漏らす一言も、なんだか記憶が戻りそう……。


でも予告では、ついに波留からの別れ話が??いやーん

wowow「罪と罰」4☆☆

わかんない、わかんないよ(><)


妻が弥勒の寝顔をじっと見てた、というだけで

「妻を助けられるのは君だけ」

とか言い出す旦那さん、わけわかんない。

その前に、壮絶人生を語りだす所からもう理解不能ですからね。また、撮影レイプを言いなりでするほど守りたかった教員の座でしょうに、あっさり映像が明るみに出て失職(撮影してた不良どもの処分は??)

「死ね!」

とエチカに言われての自殺は出来ないくせに、他人の自殺を止めるためだったら車道に躍り出て死ねるんだ……わからない(><)


退院した弥勒は、治療費立て替えてくれた大家さんにも心配してくれる友人にも迷惑顔で

”住む世界が違う”

だのと厨2全開だと思ったら、久しぶりに会う家族にはもっと厨2で姉(伊藤歩)の縁談をぶちこわす発言ばかり。

出来損ないの俺は居ても迷惑だろうから消えるさ、てなもんですが。

「家族を捨てて来た」

とエチカに言うのでびっくり。あれしきでw たかが悪態ついて食事会から先に帰ったぐらいじゃ、親はこれからも普通に仕送り続けるよね、きっと。

それはさておき、だから「君と俺は同じ」と主張しだす弥勒の本心がまたわからない(><)


分からない事だらけの中、意味不明の弥勒の暴言に

「わからない」

と泣き続けるエチカにだけは同意なのですが、でもレイプされたの、だから結婚したのっていう超個人情報を普通に話題にされても、なんでそんなこと知ってるんですか!とは一度も言わないエチカの納得力もやっぱりわからない(><)


エチカのエロ商売で養われてる子ども達が、直接の原因弥勒でなくエチカを「ひとごろし!」と責めるのも唐突でなんちゅーか(おばあちゃんが仕込んでるとしかw)


警察はちゃんと弥勒をターゲットに捜査を開始。

さてどんな風に立証されて行くのでしょう……。ひかるが売春組織で何をしたかったのかはもうどうでもいいのかな?エチカと理沙が友人だったところからまた話が戻るかな?

(水川あさみ=エチカでは、理沙と何才差なのか分かりづらいw バカ教師の子があまり育ってないからまだエチカ10代なのかなw)

「カエルの王女さま」6 ☆☆

雨降って地固まる、の巻。ゲロゲロッ♪


澪が代役だった、と皆の前でバラされて

「騙したのね!」

……って、んー、定番ではありますし澪もわざわざ憎まれ口叩くからね。でもいきなり殴る程?
(町の人に至っては、署名とりけせとかわざわざ来るのってよほど暇人だよね。) 

舞台に立った事自体は本当なんだし。

嘘で儲けた訳でも、誰か傷つけたわけでもなく、ブロードウェイスターを信じて皆輝けたじゃない!


て訳で、最後にはちゃんと仲直りできて良かったね(そうなると思ってたしw) 澪の口癖「とてつもなく遅い!」を、今度は忠子が澪に言うのも面白かったです。 
 

シャンソンズが澪を雇うことになり経済逼迫も解決!「代役」も堂々と(英語でw)名乗れば恥ずかしくないよー。
ベタな展開はベタなりに楽しんでますので、たま子と姑さんの関係もテキトーに済ませずに(だって、子どもがママ好きって言ったって姑とはなにも解決してないよ) ちゃんとひと手間かけて仲直りさせてあげて欲しかったですわ。それともそこはこれからなのかな。
 

選曲対決は、圧倒的に「何度でも」の方が好きです。いい曲だわ~。男性ボーカルが入ると曲がしまるとのオーディション時の台詞に納得でしたわ。

……天海祐希のソロは…知らない曲だったからかなー、あまり響かず。もっとスゴイ歌唱力を期待してハードル上げちゃったかなあ。


と、円満になったところで今更!浮気がバレました。
そこはあまり深追いしてほしくないんだけどなー、次回どうなるんでしょう。

「クレオパトラな女たち」5 ☆☆☆

今度は星田先生、壊れるw

来週は全身サイボーグの彼女がメロメロラブに破れそうだし、入れ替わり立ち替わり忙しいスタッフ達です。で、全部岸峯太郎が来てからなんだから、悪いのは峯先生なんだそーですよ。

勝手放題に騒いで、職場放棄して、翌日にはごきげんでマカロン!謎ですよねーw

で、同居人氏は

「男は繊細で、女みたいに炸裂できないから辛いんだ」

と。なるほど。

峯太父とも交流の出来た彼氏でありますが、父子ともに違う方向でデリカシーがないので彼を傷つけてばかりです。それでも峯太が好きなのねえ……可哀想に。


峯太に

「責任とれ!結婚しろ!」(そして教授になれw)

と路上で迫っていた星田先生、どこまで本気かとびびっていたら、製薬会社の小僧(御曹司のボンボンでしたよ!)のおだてに気を良くして豹変でした。金持ちで育ちが良くてルックスもいい、恵まれた僕たちの不幸。そりゃ下々には分かりませ~ん(決して、峯太の誘ったバッティングセンターが効いたわけではないw)

逆に静かに夫を見限ったらしい市井先生。

同じ通り雨に打たれた峯太がタオルにくるまれている頃、びしょびしょで放っておかれて。そんな家さっさと捨てて正解だとは思いますが、子どもを捨てる人はトラウマ大将峯太郎が許さないんだろうなあ。


乳房の形成手術の裏に再発への恐怖を描き、院長もまた……と雷鳴に暗示させて次回へ。


あれもこれも次に続くがてんこ盛りで忙しい回でした。

「Wの悲劇」4 ☆☆☆

和辻家、摩子さまの為に結束w

おじいさまにいたずらされて、という本題をぺろっと明かすことはなく、言いにくそうに小出しに小出しにした挙げ句に泣き崩れるさつき。一同ころっと騙されますが、演技も構成力も桁違いでは無理もないでしょう。


そして摩子さまのアリバイのためなら死体の氷漬けも死体のマッサージも、なんだってしちゃうよ!な主治医(高橋一生)&メイド&親戚たち。なんか楽しげです。そんなにも摩子を愛している割に、誰も摩子の変化に気付いていないって悲しいですね。

摩子のために皆が動くことで、さつきの憎悪は増すばかり。あああ。


さつき的には『自分が殺す→母が相続→やがて自分のもの』と計算したようで、その邪魔も迷惑なのでしょう。でも正当防衛になるとしても殺した本人が相続できます? 『母が殺す→じゃあ摩子が相続』の方がありえたのでは。

これ幸いと黙ってる母親にも、見ていてイライラ。

(自分が犯人じゃ、こんなに皆でかばってくれないと思うと余計言えなさそうではありますが……)


とにかくアリバイ作りで東京に向かわされ、さつき=摩子に向かって宣戦布告する摩子=さつき。

そして双子だと知らされるショーパブのママ。

でも警察も「摩子さま」の写真を見て驚愕し……。


こりゃー来週がまたどう動くのか楽しみですw

(グラタン注文で、「胃の内容物はどうなっちゃうの?」と思ったらちゃんと医者がフォローしてくれてました。そんなやり方があるとは!まあ素人ができることではないですが)

「鍵のかかった部屋」5 ☆☆

ドア閉めない方が良かったのに。


密室ものにありがちな穴ですよね。わざわざ閉めたせいで人手の関与を証明してしまうという。
自殺に見せたい、のなら密室を作る意味もあるでしょうけど、事故死ならほっておけばいいのに。マシンなんか持ち出してあれしてそれして掃除機で吸ってお片づけって、小一時間はかかりそう。その時間、さっさと学校に戻ってずっと居たようにみせておく方がましでしたよねー。


でも、警察と榎本を取り合う佐藤浩市が楽しかったのと、自分と榎本の関係について考える青砥もなかなか可愛かったからいいかな。




wowow「罪と罰」3 ☆☆☆

男性版理沙が登場。

流される人間ってどこにでも居るもんですが、こちらはいい大人なので不愉快度も倍増です。しかも回想で語られるのでは、だれか助けてくれるかもという希望もナッシングでため息が出るばかり。何これ視聴者の忍耐を試してますか、それともサービス?


そんなわけで、警察からの弥勒呼び出しは盗難自転車の返却でした。ガクッ


盗んだ金を警察や運び屋に送る偽装で警察に目くらまし。でも実際は、3日間の昏睡で動かずにいたことが一番有効だったのかも。元気だったら絶対アパート見に行ったり、刑事に話しかけたりしてるよねw


うつつの弥勒が思い出す過去は、まあ見事に予想通りの困った奴で笑えます。プライドだけ高くて協調性ゼロ、そんな奴が小説家になろうだなんてまあ。しかしそこで出会ったのが、あの謎の男です。
ふてぶてしい人殺しだわ!
 

殺人者と出会って、自分も殺人を犯したと考えると、案外素直に年長者の影響を受けている弥勒。目覚めればそこにはアル中の元教師(堀部圭亮)がいて長々と胸くそ悪い犯罪を語り始め……

目が離せないけど見たくないよお
生徒と関係をもつ教師も、教え子と心中した父をもつ弥勒には辛い話題でしょう。
 

それにしても、校内の飲酒をみつかったって、だから更衣室の盗撮を手伝うってバカ? 飲酒のうちならまだ他人には迷惑かけてなかったというのに。更には輪姦か自分一人で強姦か選べって、言われて選んじゃうのもバカすぎる。最大の被害者になる女子高生水川あさみは、でもそのバカの妻になって更に彼を苦しめているのでした。

「都市伝説の女」5☆☆☆

ミニスカ議員wもうほとんど出落ち!

元ヤンでキャバ嬢出身の議員の出身地が土浦(ヤンキーの名産地として知られるw)だったのにも笑わせてもらいましたw そしていちいち議員のファッションにうっとりする月子w 仲間がいて良かったねー。


山口紗弥加の足もきれいでしたね!

「国民の代表が脚だして、どこが悪いの!」パン!っと太もも叩く心意気w でもキャバ嬢メイクはちょと辛かったかな……

そして出生の秘密!!どーん!と、出産直後のミニスカ議員母が映るのに、現在と同じ役者さんの髪が黒いだけ(><) もちょっと照明とかフォーカスとか! ←いちおうネタバレ配慮してみました。って、相応の年齢の女優さんは1人しかいませんでしたけど!


国会議事堂が舞台になって、画面は「ダヴィンチ・コード」も頑張れば思い出せるよい雰囲気だったのですが殺人の経緯は、まあその、どうでもいいやw

ただ、あまり報道されないなど国会議員が関わるが故にうやむやに終わったらしく、この事件そのものがそのうち『都市伝説』になりそう、かも。

『都市伝説』に原因を求めるばかりでなく、たまにはそれを生み出す事になるのも楽しい変化球でした。


「リーガル・ハイ」4☆☆☆

ついに古美門に宣戦布告!

「私は貴方を倒す為にここに来た!」……の?ホントに?


確かにヒロイン黛ちゃんにしたら許せないことだらけの古美門でしょうが、でも理想に近いだろう今回の人権弁護士先生(大和田伸也)だって、交渉をマネーゲームにしちゃってたのに? 日照権争いで工事差し止めの筈が、結局示談金争いなんじゃない。それも古美門の手にかかったら5千円10万円って安い(><)←差額がポケットにはいるんだもん、必死よねw


今回一番笑ったのは、古美門が地元の工務店を指して

「亭主を無くして、あの店を1人で支えて来た奥さんが」

と黛に浪花節を語って聞かせたところでした。 即刻で旦那が帰って来てバレる様な嘘をよくもまあw

でも、どこかで本当にあって彼女がただそれを知らないだけかもと言われたらぐうの音もでないわけで。偶然に知ったことだけで判断して、神になったつもりか問う古美門の方が老練で正しいのでしょう……。

原告団にスパイを送り込んで

「だってお金くれるっていうから!」

「僕辞めます!!」

とサクラを演じさせたのも、本当にそんな原告がいたら犯罪になっちゃうよーと親切にも警告してあげたともいえるわけで……って苦しいw

あとねー、マンション低層階住まいの我が家ですが、南は学校正門なのでよほどの事がない限り将来日射しが遮られることはありません(その代わり毎朝の挨拶運動も、体育館のドリブルも音楽の授業の課題曲もよーく聞こえるけど気ニシナイ♪)周囲を確認せずに家を買って、夢がどうこうだけ語られても共感できませんわ。ブランコは公園で乗る方が楽しいよ。


ところで妊婦さんの旦那はどこ?

「クレオパトラな女たち」4 ☆☆☆

市井先生、壊れるw

酔って峰太に絡むのは想定内でしたけど、キスしちゃうでも(それを裕太に見られるでも)なく

「子どももいらなーい」(^▽^)/

と峯太のトラウマを刺激する方向だとは毎回毎回念が入ってます。あと植毛な回だっただけに、寝乱れたところで円形脱毛症を発見してしまうのかと思っていたのですが……??


とにかく、ストレス源は旦那ですね。

前からオドオドはしてましたけど、夫登場で身体が勝手に動いちゃうとか……病んでるわー。挙げ句ダメな子扱いをされて可哀想に。

まあ旦那も、出来た妻を常に見下す事でプライドに折り合いつけているんでしょうね。3倍稼がれても。


植毛を終えた教授が嬉しそうだった、と喜ぶ夫。だから妻も、そんな感謝と尊敬の念を日々向けられて暮らしていると何故思えないんでしょうね。


そうだ、もう1人の美人先生にもお見合い話が。
教授候補なら老け不細工でも我慢かなーと強気でいたらお断りされて大ショックw 次回はそれを引っ張って結婚願望な話になる様です。例の誰とでも寝るナースも研修医の彼氏が出来たそうで、これもふられそうだし。院長も「同居したら3年で飽きる」が持論らしいしw

やだよ、まともに家庭が幸せな人が誰もいないー(><)


それもこれも美しすぎるせいだから「もっと平凡な顔に」すれば解決なの??

こんな相談に来た患者を「持てるモノを活かせない人はダメ」とお断りする院長。そこは納得出来ましたわ。そして宍戸錠を思い出したw確かあの人、男前すぎて仕事がないと頬を膨らませたんだよね??(除去手術をしたニュースも見た気がする。なのに、息子の宍戸開がその頬にそっくりなのは何故なの…w)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ