ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2011年秋ドラマ

「11人もいる!」最終回 ☆☆☆☆

まさか、まさかの放浪合唱団(><)


家族写真に幽霊が映ってて

「11人もいる!」

とタイトル通りに叫ぶのもストレートど真ん中なら(数えるより顔で分かるよ顔でw)、毎回エンドに流れていた曲を最終回でまとめて唄うのも、ど真ん中すぎて逆に驚いてしまいましたw 挙げ句ダイナミック家族と入れ替わりでTV密着取材とか。そう来たかーな終わり方。


でも、慰問先が被災した東北で、家がなくたっ大丈夫、家族がいれば幸せなんだというメッセージはやっぱりじんときました。説教臭くもシンミリもせず、おっぱい連呼の傍らで復興を題材にいれてくるとは、なんてドラマでしょう。阪神大震災の例で見るに、東日本大震災もこの先推理ドラマの背景に(失踪や戸籍入れ替わり等)使われたり、報道映像を挟みながら進行するようなドラマもこれから出てくるのでしょうが、年も明けないこのタイミングで、しかもエンターテイメントとして出してくるとは、やるなクドカンとしか。

もちろん不快に思う方もいるかとは思われますが……深夜にこっそり、且つこども店長くんにエロ台詞ふるなど違うハードルがたくさんあるドラマでもあるので、震災絡みとは気づかれないままスルーされていくのかも。それでいいのかも。


できちゃった婚を男の側から描くのも珍しかったかも(逃げる選択肢なんて全くなかったよねw)

出産でのドタバタも(ビニールプールw)笑ったー。 


楽しいドラマでした!

神木くんのいろんな成長を目撃できたドラマでもありました。光浦靖子が美人に見えてきました。
そして確かに、神木くんと田辺誠一、光浦靖子とたんぽぽの不幸な人は系統が同じ顔をしている! 清史郎くんと日村もそりゃまだ清史郎くん子どもだから丸い輪郭とか似てるのかもしれないーw



「相棒ten」チェス部の旧友から電話

ロレンツォのオイル!!

「相棒」でこの作品の名を聞くと思いませんでした。号泣必死の名作です。なんたって実話。

息子の病気を医者ならぬ父親が治してしまうという話を下敷きに、不器用な親子の絆が描かれて行くいい話でした。でもミステリーとしては『小説のネタをいろいろ提供した』というだけでは伏線としてかなり不十分w 不自然でも映画や病気の親子の話が出て来ていないと片手落ちというものなのですが、まあ「相棒」ですからそこはいいや。
 

正義の変人右京さんの旧友が、やはり家族愛に熱い変人だったとわかる楽しいお話でした。

特命係の伝統芸『小芝居』も良かったですねー。

右京さんにバカにされ、カッとした神戸が殴ってしまうw ここでちょっと驚きましたけど、即逮捕→証拠品押収の流れでもう絶対芝居w つい力が入りすぎちゃうってところも鉄板ですよねー。
 

あと、暇か?部長がパンダカップだけでなく、お弁当包みもパンダ柄で可愛いねとか。

ドラマ まとめ書き

ご無沙汰してます。

ドラマ、見てます。「南極大陸」「妖怪人間ベム」が中盤なのにもう、最終回のようじゃないですか?年末には見てもらえないと覚悟してるんでしょうかw



「南極大陸」

たかが犬じゃないか……に、うっかり同意w


南極での極限生活、それだけで膨大なあるあるネタがある筈で実際我が家にも南極料理人、南極で貝の研究をしたママさん博士、船医さんと3冊も南極本がありましたよ。それぞれの視点で日常との遠さ、専門職の苦労、閉鎖空間で同じメンバーとずっと暮らす大変さを綴っています。それが家族との通信もままならない当時ならどれだけのストレスだったことか。

でもこのドラマでは、カラフト犬に焦点を当てっぱなし。
妖怪よりも生活感ないってどうしたことでしょうw 逆にもう犬に辟易で「たかが犬」に激昂する主人公がうざいです。死なせたくはないけどー。同じ仲間なんだって気はしないわ。実話なせいで何頭も案外死んでるし。 

帰還を目前に、第一次越冬隊一人一人の業績を労う場面がありましたが……「君は美味しい料理を作ってくれた」と、一言で言われても。具体的な献立がドラマに出て来てませんもん(犬の餌以下w)

トイレや床屋のこともチラッとネタで流して終わり。もったいないよー。

よほど犬が好きな人なら……って、そんな人はこの先起きる史実を知ってたら見ないよねw
義妹=亡妻の妹と相思相愛の筈、隠すなよって態度の周囲も気持ち悪い。帰還後に結婚した事実があるならごめんなさい。 


「妖怪人間ベム」

案外いい感じw


最近の仮面ライダーに無かったのはこれ!人間ではない身の苦悩!(元人間と元々非人間の違いはあれ…)

守っている人間にその価値があるのか、という葛藤も悲しくて美しい亀梨ベムに似合います。キカイダーやってくれないかなー。

もう刑事さんに正体がばれ、しかも受け入れてもらえたのにはびっくりで、じゃあこの先どうなるんだろうとまた興味が湧いてきましたよ。


「専業主婦探偵~私はシャドウ」

深キョン可愛い(><)

右折も探偵業もどんどんマスターして、成長している妻が愛しいです。頑張れ!
旦那とパパの企みはどうなるんでしょう、一話の様子だと旦那は捨てられちゃうのかなー。

と、ぼーっと見ています。探偵さんも福くんと同じでおかしなところで舌を噛んで発音するので気になるよ


「11人いる!」

飛び立つロケット、したたる花の蜜w 神木くんがこんな役をやるようになりましたよー。

以前から、ドラマの家族は子どもが少なすぎるとツレが文句言ってましたけど。じゃあこれ見て大家族に憧れるかというとどうなんだろうw

でも単純に、家族会議に人数が11人、12人、13人と増えていって、クドカンの事だからそのうち減ったり増えまくりすぎたり1人になっちゃったりするんだろうなーとワクワクしながら見てます。光浦靖子が可愛くみえてくるよね。


「相棒10」TEN   亀山を知る女(劇場版以来)の登場には胸熱くなりましたけど。知りたがりの役が右京さんじゃなくなっちゃうのはなんだかなー。着物のお姉さまの回は神戸くんが空気だったし。ぬるま湯なシーズン。


「深夜食堂」

今期から液晶TVに買い替えた我が家。マスターの顔にあんな傷があったとは、前のTVでは分かりませんでしたw アサリの酒蒸しとか、見た翌日にはつい作っちゃう。



「ランナウェイ」陰謀(笑)


「最強の名医」改革(笑)


あとはつきあいで「俺の空 刑事編」を笑いながらみてます。タンクトップに菊のバッチつけてる永井大がツボすぎw


そうだ朝の連ドラ「カーネーション」

一番熱心です。なんちゅーか、スポコンw 文字通りちゃぶ台返しする親父の元、素振り1000回ならぬテント100坪、ナース服が仕上がるまでミシンを踏んでやる! 若女将とのツンツンした友情も、女同士らしからぬ乱暴さで大好きです。倒れた主人公を試合会場……もとい結婚式まで背負って運び、自分が着なかった花嫁衣装をポンと投げてよこすライバル。くうう、いい奴じゃないか!今週は新婚で、旦那さんがラブリー笑顔でべた惚れらしいのにも萌えまくり。

唯一文句はオープニング、なんか朝からテンション下がる。タイトルも似合ってなくて忘れがち。「突撃だんじり娘」じゃないのかとw


「最強の名医」1、2 ☆☆☆

タイトルも中身もデジャヴュ。

ダメ総合病院に、ひょんなことから名医がやってきて改革が始まります。はいはい。


でもベタなドラマが悪いわけじゃないよね。

院長の親戚で甘やかされてる医師を高島弟がキモく好演しています(最近こんな役多いねー)

目の敵にされる主人公@名医にセクシー部長(沢村一樹)。

宣伝でも「騙す」「脅す」と穏やかじゃない文句が踊るあたり、一筋縄ではいかない男で興味がわきます。自分の年棒をガンガンつり上げたかと思ったら、それをそっくり、まず病院施設の充実に使ってくれというあたりも面白かったです。←施設さえあればそんな額、簡単にまた稼いでみせるぜってことよね。


「最低の看護士だね」

とヒロイン?に毒舌を吐いておいて、ポイントが『笑顔』だったのにはガクッとしましたが。もちろん実力は認めた上での挑発でしょう。

その他、もっといい病院に移ろうとしている医師の転職を邪魔し、若造医師の金儲けを邪魔しw けっこうダークに荒療治を始める主人公には、奥さんを亡くした過去があったのでした。


徹頭徹尾ベタで楽しめそうです。

「怪盗ロワイヤル」1 ☆

安いw

盗まれる宝石の造形も盗む側の有象無象も、背景の美術も、とにかくなにもかもが安っぽくて失笑w


でも逆にあのゲームの実写化に豪華さやリアル感が求められるわけもないので、見事にイメージ通りともいえるわけですね。

出演している俳優さんのファンなら嬉しいでしょう。「戦国鍋」のマルチノも刑事役でいたりして。

「ランナウェイ 愛する君のために」1 ☆☆☆(×)

服役理由はまだ聞きたくなかったー(><)

それぞれの事情を背負って脱獄 を目指した、服役囚が5人。初回でおじいちゃんが脱落して4人。
ある者は身代わりで服役。ある者は覚せい剤をロッカーに隠され、ある者はただの運び屋 。ブレーメンのごとく寄せ集めの集団が、だんだんと心を通わせて一路本州(と、思わせてまず四国)を目指す過程がハラハラと面白く見られました。
途中、虐待されている7歳児も拾ってしまって、さて?

2時間と知らずにうっかり見てしまいました。
マジメに務めていたら出所出来るのに、脱獄する理由も泣かせます。余命3ヶ月の我が子に一目会う為に、とか!!(子役の、特に赤ん坊の子が可愛くて可愛くて)
運び屋くんの情報で裏金も手に入れれば、海外で手術する為のデポジットにもなるしで一石二鳥だぜ!

ヤクザくん(塚本高史)も、待ちきれずに他の男に嫁ぐ恋人に会おうとしている様子だし。それぞれに泣ける話が毎回待っていそうです。

……なのにねー。主人公(市原隼人)の服役理由がねー。
どうせ誰かをかばってるんだろうとは思ってましたよ。それも奥さんじゃない?とか。人殺しの夫に愛想づかしせず待てるって、よほどの事情ですものね。 
それが本当に、襲われて揉み合ってたら刺しちゃいました←僕が身代わりに!だったとはー。ピッカピカの正当防衛、現場に女の靴跡も残りまくりでしょう!レイプの事実そのものを隠したいとかならともかく未遂、「産まれてくる子どものため」ならますます、父親が殺人犯 な方がダメじゃん(><)

そこで一気にテンション落ちました。いくらなんでも捜査が適当すぎ、黙ってる女の方もどうかしてます。
でもまあ、当時から自供を疑っていた刑事(渡哲也)もいて、真相が明らかになる流れの様ですし……次回も見ようかな。
これで始まりが先週だったら、他で忙しくて見てないでしょうし。始まりを遅くして正解?

「妖怪人間ベム」1 ☆☆☆

おや面白いじゃない!


ベム、ベラ、ベロ。

怪しい風体でこう名乗れば、外国人だと思うだろう現代に『妖怪人間』ですよ。「早く人間になりたぁぁぁい」ですよ。どうしようかとドン引きで見てみたら意外や面白かったです。


ナレーションが小林清志でちょっと嬉しい。
杏のベロが一番満足。元のアニメに似ているだけじゃない、レトロな口調も雰囲気あっていいわあ。

ベロの福田君も可愛い。バラックで草を食べながら

「それ、人間っぽい」

と笑い合う場面には胸が熱くなりました。

ベムの亀梨くんだけは謎の配役で、もっとごつい人(室伏さん??w)とか、北村一輝出るならそっちがいいのにと思ってたんですけど。雨の夜、人間の優しさに涙を流すベムが美しかったので、だんだんこれでもいいのかなーって気に。
(ラストにまさに原作ベムな男が出ていたので、亀梨ベムが違う造形なのはわざとかな)


ただ、変身場面がコントですw

原作に忠実ならいいってもんじゃありませんね。日曜朝の仮面ライダーで怪人出て来ても笑いませんが、普通に連ドラみているところにアレは破壊力抜群でした(><) 

せっかく『どの人間を守る?どの人間が正しい?』というベロの問いかけにシリアスな気持ちになっていただけに、なんちゅーか。


最後はあの、原作ベムと対決かしら。人間になれるのかしら。その頃には、変身されても笑わずにみれるかしら。


「11人もいる!」1 ☆☆→☆☆☆

期待しすぎたので、冒頭ちょいがっかり。


ダメ男のくせに子だくさんの父(田辺誠一)。

長男(神木くん)は少しでも稼ごうと必死で学校どころじゃありません。ビン……備長炭じゃなくてビン……貧乏だから!

8人兄弟の、末っ子のサイゴくん(子ども店長)だけ後妻の今のお母さん(光浦靖子)の実子。


↑もうこれだけでお腹いっぱいのところに、幽霊話が絡みます。亡くなった前妻(広末涼子)がサイゴ君には見えちゃう!!(で、10人の筈が11人「も」いる、とw)


このタイトルで、萩尾望都のかの名作が懐かしくなって読み返した人も多いでしょうねー。多分中身は関係ないと思いますが。

なんで実子や父に見えずに、サイゴ君だけが見えるのかとか、だんだん謎は解けていくのでしょう。それはいいんだけど。

まだ可愛いサイゴ君をひっかけるのに

「おっぱい触っていいよ」

とかさー、最低(><) お母さんを亡くして寂しいのよね、と納得しかけてイヤイヤ違うから!光浦さんがいるから! その後も、幽霊さんが現妻と夫のなれそめを聞きたくてそそのかすのに、品のない言葉をお子様に言わせていて、気になる気になる。クドカンも人の親なら、子役を大切に育ててあげようよー(><)


大家族でわいわいしてて、現妻が営む喫茶店で食事をとる場面はなんか和みます。(逆かも。大家族の食堂が、使わない時間には喫茶店になってるだけかもw)

ただ兄弟の中に、双子とおデブさんがいるのも安易に感じて微妙。デブなら食べ物のことばっかりいわせときゃいいだろう的な?そりゃ全員に性格付けして覚えさせるのって大変だけど。


で、いろいろの後

「助け合ったり、励ましあったりしなくていいのが家族」

という標語?が出て、それを歌詞にした唄も出てまとめw ここを毎回こんな風に唄ってくれるんでしょうか。と、思ったら4回目5回目ぐらいからパターン崩してくるんでしょうか?


尻上がりに面白くなって、募金の男が社長だったのはツボで声出して笑っちゃいましたけど。さて次回のゲイネタはどうなるでしょう~。ホストじゃないんだ、ゲイバーなんだ神木くん(><)


神木くんと田辺誠一が、そういえば似てるというか顔のカテゴリ一緒で納得。

そう思うと広末と光浦も、なんか共通点ある気がしてきたw


「専業主婦探偵 私はシャドウ」1 ☆☆☆

深キョン最高。


夫ラブ上等!の専業主婦(深田恭子)が、ひょんなことから探偵の手伝いをするはめになり……。


聞き込みの筈がじっくり話し相手になって、お土産までもらっちゃう天然の聞き上手。で、もちろんそこから事件を解決w ズレっぷりが可愛くて楽しかったです。

化粧でヘンシーンして尾行!も素敵。(あの声で絶対分かるけどねー)


で、いつもと違う私♫を旦那様(藤木直人)に見せに行ったら浮気の現場を目撃してしまうのですが……さて。

浮気といっても、キスされた旦那が驚いていた程でまだ序盤。すぐに邪魔しに行けば止められた程度なのになー。動けなかったのは、自分に自信が無いから。

「まず自分が変わらなくちゃ!』

と励まされての探偵修行が始まるのでした!!


イケメン旦那にも義父と共謀のヒミツが何やらある様子。

べた惚れされてウザがってますが、就職の機会も与えずに家にいさせた自分が招いた事態だという自覚がないぞ!そして、妻に150%惚れられていると自信満々なのは今のうち。探偵家業の妻を知ったら、動揺するでしょうね~。そして惚れ直す??


なにしろ上司の探偵くんとは、ガミガミ怒られながらも二人三脚。素行調査を今されたら、探偵君(桐谷健太)との浮気を疑われちゃうかも。


これからの事件が楽しみです!

「謎解きはディナーの後で」1 ☆☆☆

富豪刑事+イケメン執事だ、文句あるか!

金持ちに刑事をさせるアイディアが奇しくもかぶった「俺の空 刑事編」が男向けなら、こちらはまぎれもなく女性向けの推理もの。
ブーツを脱ぐのが面倒で四つん這いで、とか。空模様が怪しいので洗濯物をとりこみに戻って、とか。悲しいぐらいに身近です。殺され役のムラサキちゃんが可愛かったわー。

原作読んでます。表紙買いをしたら中身がスカスカでびっくり(後に、本屋大賞をとってまたびっくり。あんな出来で?)逆にドラマ原作にぴったりじゃないかと思っていたので、この仕上がりはオッケー。
ストーカーの様にお嬢様を見守る執事。幼少時の遠足にも、
影山(櫻井翔)に代替わりした現在は捜査中にも、掃除夫に化け八百屋にまぎれ
『宝生家の力をもってすれば』 
どこにでも出没〜!! 楽しい場面でしたw 時間も稼げたし。
風祭警部(椎名桔平)の間抜けっぷりも良かったですね。時間稼げるし。
アメコミ調の演出も楽しかったです。時間…(略)w

そう、原作から膨らませた部分はあってもカットした枝葉なんてほぼない筈。
一番丁寧に犯人を追って自白&逮捕までしている1話でこの間延び感ですから、次回以降は心配です。深夜の30分枠にすれば良かったのにね。

それとお嬢様のファッション!
お嬢様(北川景子)は、元からキャラクターに特徴があまりありません。だったらせめて、帰宅後のファッションぐらいもっと個性や好みを感じられるものにして欲しかったですよー。「富豪刑事」の深キョンのネイルみたいな看板を。
「俺の空 刑事編」のヒロインの衣装も独特ですごいのよ。

家族で気軽に見るのにはナイス!


「俺の空 刑事編」1 ☆☆☆

何これw


『富豪刑事」の男版、ヘリコプタデートから飛び降り、札束を撒いて人ごみを散らし、首相にちょっと電話して事件を収めちゃう。ゲラゲラゲラ

いかにも永井大がやりそうな熱血な役どころを、新人くんが頑張っています。ああ永井大もライバル役で出演、変なヒゲ~w

その他ヤクザにしか見えない刑事など、本宮ひろ志原作だけあっていかにも漫画なキャラクターだらけです。ゴージャス?な婚約者もいて、常軌を逸したファッションには大笑い。

やだこれ面白いw


ただ事件は陰惨でイヤンな感じ。素人娘オークションだなんて、不愉快すぎます。

それに、そんな組織犯罪なら死体(焼き印入り!)が川に浮くのは杜撰すぎるし、マスコミに犯人だとリークした政治家の息子は少なくとも殺してないし……いろいろ酷いです。
(「俺の空」にしてはエロ成分も足りないのでは。猟銃ぶっ放した津田寛治も、原作では奥さん抱きながらだったそうなのにドラマでは1人で立てこもりw) 


次回はスッキリ出来るのかな?
気楽に酒の肴にしまーす。

「相棒10」1 ☆☆☆☆

偽証!

「死刑になればいいと思った」から偽証!?な、なんてことを神戸ソン! でもそんな君を嫌いじゃないし、ラムネにそれを打ち明ける君の弱さはむしろ好きかも。

さすが「相棒」、安定の面白さです。ついにシリーズも10になったとは感無量ですねー。


出所すぐの男が自殺。

「神戸尊を許さない」

と遺書を残して……!


このシチェーションだけでもうワクワク。

メイン人物の過去と事件を絡めすぎるのはどうかなーと思いますが、「お友達」はまだセーフでしょうか。それとも、当時はその先の進展を期待してたのかなあ。部屋にもあがってたんだもんね。回想シーンの神戸くんは今と変わらずキザでイケメンw


当時ストーカーとして知り合った男が、殺人犯とされたのはえん罪だったのか?真犯人の男に妙な知恵をつけたのは誰なのか?


真犯人が司法を恐喝wそれだけで一本になりそうなアイディアを、あいまいに過去話にしてしまったのはもったいない&もやもやで喰い足りないところ。
さくっと殺人を自供する男に、こりゃ誰か(奥さん?)をかばっているのかと我が家のお茶の間がざわざわしましたが、狙ったのは『一度無罪になったら二度と同じ罪では裁かれない』こと、これにはやられました。

自供は強要された、奥さんの証言も『嘘でした』と撤回、結果起訴した警察が大恥をかく裁判となりましたが……。無罪になったことを、『償いのチャンスを失った』と評する右京さんもいいです。ぶれないなあ。

民事訴訟でならまだ償えるよ、と言われて喜ぶ人はいないと思うけど。償うべきですから!


では神戸の密かな罪はどうなるのか?

今なら、違う事をした筈、という右京さんの言葉がまた辛いのかも。

嘆く神戸をなぐさめる大河内もまた、過去を思い出しているのかも、かもかも。



神戸の描く似顔絵がうますぎるとかw 花の里廃業とか。小ネタ?もはさみつつ飽きずに楽しめました。

「HUNTER その女達、賞金稼ぎ」2 ☆

一回休み、な回。

それとも後の伏線になるのかな。妹が整形をしてても見破れます!的な。


100kgはありそうな指名手配の男は、激やせ&整形をして実家にヘルパーとして出入りしていた!

いやこれ、知り合いなら声や仕草で分かるでしょ~。「リバウンド」でのもこみちなんて、周囲が分からない設定が納得いかない程いつも通りの喋りでしたよね。

まして我が子が痩せたぐらいで分からないわけがないので、『母は知っていた』的美談にされてもー。


万引きの件も、監視カメラがあるならまず確認しろっちゅーの。

逆に事件でもないときに(警察の立ち会いもなく)画像チェック出来ちゃうのは杜撰過ぎ。いたずらした中学生の処分はどうなるんですか!


と、いろいろ気になりすぎるのに妹の失踪についての新情報は入らず。

姪っ子と少し仲良くなり、警察と少し馴れ合い、そうだ目玉焼きが作れる様になったね☆


「南極大陸」1 ☆☆☆

熱い男達の物語。

昭和の香りに、「華麗なる一族」や「不毛地帯」を思い出します。豪華キャスト、大作の貫禄十分!
なんだかんだで犬も揃って、南極に向けて出発までで2時間。あっという間でした。
ていうか、途中から見た人でもあの船上の演説だけで胸熱く出来たのでは。

南極だし。
タロとジロだし。
これからあーんなことこーんなことが目白押しで泣かせてくれるんだろうと思います。主人公のキムタクと、亡き妻の妹綾瀬はるかの間にロマンスでもあるんでしょうか、でも当時じゃ電話も通じないかな。遠距離恋愛か?(^^;;;)

官僚な堺雅人や、犬で苦労しそうな環さまもなかなか楽しみです。
でも初回2時間では飽き足らず、次回も延長だそうで見るのに体力が要りそう……。

それと子ども達が小汚いのには閉口しました。手が、手が泥まみれだよー。衣は今より粗末に見えても、きっちり洗濯されて身ぎれいなのが日本人のいいところだったんじゃないの(><)
横から見ていた子ども達が、私の子どもの頃なのか、ですって。ううう。さすがにまだ産まれてません〜。

子どもに背負われている赤ちゃんの頭が、子どもが走るとガクンガクン揺れていてハラハラしましたw
確かにあんな子守りは今どき見ませんね。


<タイトル誤記!「南極物語」じゃなくて「南極大陸」でした!>

「蜜の味」1 ☆☆☆

好きだった親戚のお兄ちゃんには、同級生の恋人が。


実によくある話で、そのうち笑える話で、慰めてくれた人と恋仲になってしまえば

『本当の恋を知らなかったのね』

てな青春の1ページ。

でも、あえてそこに固執してドロドロといくようです。不毛。


ただ、初回ラストで既に、妬むヒロイン(榮倉奈々)のことを恋敵(菅野美穂)もお兄ちゃん(ARATA)もしっかり目撃してしまっているのは面白い展開です。

「観たかったのよ、私が失敗するところを」

そう、菅野はずっと気づいていたんです。恋人が子ども扱いする姪っ子が恋する女だっていうことに。そして気づいたことを恋人に隠しもしないのね。

……でもさ、そんなキツい女だとは彼も100も承知でそこが好きみたいだし。
結婚話も出ているし。
お兄ちゃんさえ揺らがなければ、ヒロインに出来ることはもう何もない筈なのに、何を揉めるんでしょう。姪っ子の方から夜這いでもするわけですか。それとも、研究業績に傷をつける方向?


どっちにしろ嫌な話になりそうです。医学部青春群像で救えるのか??
山崎樹範が出て『ドロドロの2人にサラッサラに絡む』(テレホンショッキングよりw)そうなのが気になりますが、あんまり嫌な話だと観ているのがつらそうです。嫌がらせで流産とかありませんようにー。

榮倉奈々ちゃんがもっさくて魅力なくって驚きでしたけど、あれが狙って演出したものなら素晴らしい役者魂です。 

 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ