ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2011年春ドラマ

「鈴木先生」2 ☆☆☆

口で言え、と。
相変わらず作品のテイストは好きです。
「死んだおばあちゃんの味に似ている」
という泣かせる給食メニュー酢豚の存続と、それにからめての恋ばなだけでだって1時間保つでしょうに、このドラマだとそこはちっともメインじゃないところも笑えました。
もちろん、鈴木先生のビジュアルには今回も萌え萌え。

しかし、原因が食卓マナーとか!

「左手!」は我が子には言うけど、遊びにきた子の手がだらんでも、握り箸でも、くちゃ食べでも、心の中であーあーと思うだけでスルーですよ。マナーとは、相手にあわせてフィンガーボールの水を共に飲み干した的逸話にあるように、他人様に強要するもんじゃない。
「見て分からないなら 言っても分からない」
の発言だけなら出水くん(北村匠海)に同意ですが、マナー違反の仕返しに汚い食べ方して、汚い言葉を発するなんてことが意味不明です。 それ、自分の食事だって台無しですってば(><)

それでも、生徒に謎解きを吹っかけられる展開。さらにその謎が鈴木先生と彼女との関係にも影響してくるという構成は好きです。電話したり一緒に食事したり、どんどん仲良くなって行く様子が微笑ましいですw
‥‥あの可愛い彼女が、左手だらん族だったのはがっかりだけど。
それに、鈴木先生の話ばかりになってないか?と心配だったりもします。彼女の悩みも聞いてあげてね!!

(酢豚問題は、酢豚をメインでなく付け合わせに出すようにすれば解決な気がします)
人気ブログランキングへ

「高校生レストラン」1 ☆☆☆

これぞ王道! どーん。
町おこしを狙い、調理科の高校生が厨房に立つレストランが出来る、という実話をもとにした地に足のついたお話。地味だけれど飽きずに見られました。
学園もの‥…でもあるけれど、板前が料理を教える、という専門性の前には有無をいわせないものがありますね。最初こそ文句をたれる生徒たちですが、どっちが正しいのかはみんなしっかり分かっています。
鍋を磨け
右手で切れ
出汁は大事
‥‥どれもごもっともな基本です。

ただ、基本から学び始めた高校生をよそに、観光課はもっと見栄えのするメニューで商売がしたい。それもまた、ごもっとも。
さて、「とろろうどん」で開店するのか?
それとも特訓や自主連で奇跡的に腕を上げ、松花堂弁当ぐらいは作れるようになって開店できるのか??もうオープンまで一ヶ月なんですけど。

どっちにしろ、
「もう俺がいなくても大丈夫だな」
と、板前が去っていく涙の最終回が今からもう見えるようです(笑)

「リバウンド」1、2 ☆☆☆

やられたー!
まさか、もこみちまで変身してくるとは思いませんでした!!(「味見してくれる人が必要」なのは、太一もリバウンドが心配だったから?元々おデブな同士??)


ケーキを食べると止まらない女と、天才パティシエの恋は良縁なのか鬼門かw 特殊メイクでぱつんぱつんのおデブになる相武紗季やもこみちが見所です。
こうなると案外、エデンの編集長も元おデブだったりして。わくわくw

ドスコイ相武紗季と、俺様もこみち。
‥長台詞のもこみちはちょっとツライですが、全体には楽しくて良いんじゃないでしょうか。ケーキが美味しそう!(鐘の音でおいしさ度を表しているところ、分かり易いよね)

人気ブログランキングへ

「鈴木先生」1 ☆☆☆☆☆

理詰めで冷静な学園ドラマ、斬新。
そして眼鏡萌えです。ちょっとこれ、素敵過ぎるー!!

正直、「中2と小4が性行為!」なんてセンセーショナルなあらすじには、期待するものは何もありませんでした。愛があればとか言っちゃう??


ところが実際は淡々と進み、落ち着きを取り戻した親は”きちんとした大人として”接し、場を預かる主人公@鈴木先生(長谷川博己)は事の是非を断罪はしません。むしろ、デリケートなプライバシーとして扱うべきでもある、と。

そう、秘密に出来なかったことが罪。これには納得してしまいました……。


性にオープンな家族なら親子で初体験を語る事もあるのかもしれませんけど。少なくとも私は、実家でそんな話題は知らんぷりです。3児の母になってすらw

”適時を計るのは精神年齢”

とは劇中の鈴木先生の意見ですが、個人的にはそれは独り立ち、独り暮らしが出来てからってことだと思ってますよー。さて、どうする我が子たち(とか言って、とっくに小4中1で経験済みとか聞かされたら寝込む ^^;;;;;;)


そうそう、ちゃんと避妊してた!

その避妊具所持で発覚するんですけどね。「14才の母」にしろ、産みます!とか言わせる前に避妊を話題にすべきと思っていたので、逆にそこは話題にならないほど”避妊してて当然”な空気で笑いました。時代が変わったのねー。


でも一方で、30前にも処女な娘さんはいて、そんな彼女(臼田あさ美)とデートという主人公のプライベートも平行して描かれていて、ホッとします。人生、仕事だけじゃないしプライベートだけじゃない。また、何かと性欲ムンムンのぐっさん先生の言動も、現実ですよね。


えーっと、バタフライナイフの事件もありました。

家庭科教師(富田靖子)の指導が友情至上主義、多数決主義で大失敗。痛々しくて笑え、且つ主人公の立ち位置を明確にする上手い対比でした。流されないヒロインの素敵さも描かれてナイス。


いちいち、鈴木先生の思考が浮かんでは消える画面とモノローグも、分かり易く興味深く効果的です。

そして何より、鈴木先生がドストライク!!

この後よほどぐっちゃぐちゃにならない限り、あの声あの目あのループタイwだけでご飯3杯かっ込みながら見続けて行かれると思います。

さて、生徒に手を出す日は来るのか?その前に彼女と??


人気ブログランキングへ

「マルモのおきて」1 ☆☆

あれ?犬が喋るの、要らなくない??

親友が遺した双子の姉弟。
離ればなれに親戚にひきとられるところでは、子役の(特に福くんの!)泣きの演技に見事泣かされてしまいました……。で、そこに主人公のマルモ、もといマモルが立ちはだかって2人をひきとる!なんてことはせず。
親戚の人もそこそこ世話は焼いてくれます。

それでも、やっぱり元の家に帰る!と家出した弟くんを捜すうちに巻き込まれ、とりあえず下宿に子供ふたり犬一匹をおいてやることになって、そして犬が何度か喋ってw1話終了。
次回で啖呵切って、正式に双子ちゃんと暮らすことになるのでしょうか。もっと犬の声や知恵に助けられる展開になるのでしょうか?

あんまり可哀想だと見るの辛くなっちゃいますが、阿部サダヲを配役したのなら深刻にはならないのでは。だったら良いなあ。
2人で仲良く掃除したり(怒られたけどw)お風呂入ったり、を見ているだけでも癒されます。そしてエンディングのダンスがめちゃ可愛いです。芦田愛菜ちゃんと福くんはもちろん、サダヲが可愛いw

人気ブログランキングへ

「幸せになろうよ」1,2 ☆☆

どうせ香取と黒木がくっつくんでしょ?

そんな安心感は盤石ですが、正直、もっと若い主人公で見たい話かなー。


慎吾ちゃんももう35才、黒木メイサ22才と年の差がかなりあるね、とか(母親役の原田美枝子が嫁に見えますw) 1話のスポーツデート、どっから着替えが出てきたんだとかw 気になります。


舞台の結婚相談所がそもそも、ヒロインは職歴と家族を詐称、イケメン藤木直人も妊婦の妻が居ながら登録と、そんなことも確認せずに他人さまに紹介をしてるのか?とツッコミどころ満載だというのに、他のこともポロポロと納得いかない月9です。でもいいか、大倉考二さん演じる小松原が最高に可笑しかったから!(ちなみに個人的には、イケメン弁護士よりああいう冴えない理系男が大好き。今の連れがもうそっくりw わかんないロボットの話とか小一時間聞きたいw)

主人公の恋愛トラウマもね。

5年付き合った男女が、結局結婚しないのはいいですよ。でも、主人公と同じラグビー部だった親友と電撃結婚て。披露宴に呼ぶ方も、参列してスピーチする方も、どうかしてる(ラグビー部全員でボイコットじゃないのね ^^;;;)そこは職場の同僚とか、突然現れた人でいいじゃないですか。

まあ、その辺はこれから使うのかもしれませんが。


「歯が痛いのは恋してるから!」はいはい。

中居くんと上戸彩の「婚カツ」が結局ゴールインせず煮え切らなかった様なの、もういいですよ。ひねらなくてー。いつまでも気付かないふりせずに!さっさと付き合っちゃいなって。

(となると、メイサ父と慎吾母が恋に落ちそうなフラグは余計だと思うのですが……熟年向けサービス??)

人気ブログランキングへ

「JIN 仁(2)」1 ☆☆☆☆

録画ミスで見逃ししまった第1話、しかも2時間spが翌週早速再放送とは、さすが「仁」です。通常なら困る初回2時間spが、ちっとも苦じゃない。むしろもっともっと観たかったかも。

今だ江戸に暮らす仁先生。
逆に江戸から東京に行って戻ったという象山(市村正親)に背中を押され、
「ここに居ることこそ神の意志」
と、臆さず出来ることをしようと心に決めます。出会って励ましてすぐ死んでいくとは、物語に都合良すぎるゲスト出演でしたが、まあいいや。現代でただ「神」というとキリスト教的ですが、この場合は八百万のうちの誰かなのでしょうねえ。その誰だかな神、竜馬に暗殺の話を教えようとしても「アン…」で止めてしまうのですから、ちゃんと監督している様です。

で、脚気という、現代日本では原因も分かってる、だいたい滅多にかからない病気で人が死んでいく江戸(私が子供の頃は、小学校で脚気検査しました。今、する??)ペニシリンも手術も要らないで直せるのに……と、治療を拒む栄さんに栄養をとらせようと考えたのが、ドーナツw
佐久間象山を助けていいのか、西郷隆盛を見殺しにしていいのか、と有名人の処遇で悩むよりも、本来外国語の食べ物名を市井に広めちゃう方が不思議だし、味の好み、小麦の作付け量変わるし、記録に残るだろうし、全体的に歴史変わると思いますよ!浮世絵とか瓦版に書かれちゃうw

そこからまた、事件が起こる様ですし。野風ともまた巡り会うのか?
胎児な腫瘍は何の意味を持つのか? ワクワクです。


人気ブログランキングへ

「BOSS(2)」1☆☆

2年経ったんだ。
とにかくチーム再結成と新顔紹介で新シーズンがスタートです。

主人公(天海祐希)が裸でベッドのサービス?シーンも、前作を見た人には懐かしいオープニングなわけで。やたら豪華なゲストも含め「Boss」健在です。
竹之内豊の笑えるタカビーキャラもパワーアップw

しかし、きらきらと楽しかった記憶を抱いて見始めたら死体。そうだ、いつも事件は胸くそ悪かったんだっけ、忘れてました。でもまあ、無辜の市民が爆弾ジャケットで殺されてた前作1話よりは、私刑ですからソフトになって……るのかなー?

カメラワーク、現場の写真に入り込むように切り替わる画面は印象的だったので続けて欲しかったです。

 

人気ブログランキングへ

「遺留捜査」1☆

つまんなかった。

また鑑識かとか主人公(上川隆也)が地味とか、脇も地味とか、事件がどうでもいいとか、暗いとか、いろんなことを考えつつもチャンネルを変えなかったのは、おもちゃのピアノでどんな驚きの事件解決を見せてくれるのかに期待したからです。
なのにその小道具の使い方も真犯人も、やっぱりつまんなくてガックリー。

それでもせめて、「臨場」や「相棒」並に主人公が変ならそこで楽しめるんでしょうけどねー。1話を見終わった今、2話がみたくなる理由が特に見つかりません。

上川さんは悪くない、と思います。


人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ