ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

NHK

「きれいのくに」1☆☆

 何?何が起きたの?
不倫ドラマを見ていたつもりが、最後の1分で「世にも奇妙な話」になっちゃったよ??

 2人で旅行を楽しむ恵理(吉田羊)と宏之(平原テツ)の夫婦。
 それと並行して若い美容師(蓮佛美沙子)とヒモ(橋本淳)の別れも描かれ、そのうち接点あるのでしようと静観。

 恵理の誕生日に他の家族と会食をしている宏之。どうやら相手は元妻と娘。現妻恵理と娘の誕生日が同じなんだー。
 と、思っていたら、会計士の宏之と若い美容師は仕事上の出会いから、離婚経験で意気投合。
「いろいろあって」「私もです!」
これを狙って指輪外したのか宏之? 遂には体の関係も結び、娘の写真まで見せて。え、この人も誕生日同じ??
 それどころか、その女性も「恵理」?

 え、呼び間違え事故??

 ではなくて、恵理が突然 10才若返った ⁉︎
蓮佛美沙子パートは浮気でなくて、夫婦が知り合った10年前の回想だったんですね!! やられましたw

 確かに、吉田羊と蓮佛美沙子って案外似てるねーと思いながら見ていましたよw まさか本人役同士だったとは!  髪型やメイクも寄せていたんでしょうねえ。しかし、ある朝隣に寝ていた吉田羊が、蓮佛美沙子になって若返る??それでどうなるの?

 そんな夫婦に『夫婦とは』『不満は?』などとインタビューしていた監督に稲垣吾郎。
若い頃の恵理もインタビューされていましたよね?その辺に何か仕掛けでもありますか?
 とにかく、何がどうなっているのか次回に期待します。

「カンパニー」 3〜最終回 ☆☆☆

「王者の才能は、君にもある!」
ずっと自らは支える側、持たざる者だと語っていたトレーナー瀬川(倉科カナ)に、その支え続ける情熱も才能なんだと。王者の側の高野(宮尾俊太郎)が呼びかける場面、胸熱でした。

 最終回は丸々舞台公演!
ドラマからバレエに興味を持った人もいるのでは。魔王ロッドバルトが主人公の新解釈「白鳥の湖」、  Kカンパニーでコラボ上演してほしかったなあ!…と思ったら。ザ正統派版を上演中なんですね。ネット配信もあり。流石です!

 てなわけで、作中何度もピンチに追い込まれては、打開策を繰り出す青柳(井ノ原快彦)と敷島カンパニー!
 まずは主役高野が怪我!
仕方なく高野を魔王役に変え……る案で敷島先生(黒木瞳)を説得するも高野とスポンサーが怒るw   じゃあ、と王子には若者に人気なユニット(EXILE的な??)のダンサー那由多(古川雄大)をと提案すれば、スポンサーは喜び、高野と敷島とオデット姫が怒るw
 しかも某来日公演が延期で日程丸かぶり。チケット売れないぞ??

 で、青柳が何をするって、那由多案は娘に聞いた名を言ってみただけでw  各種連絡の時期を見計らって遅れては怒らせますorz  得意は掃除や飲み物調達、苦情処理と雑用ですねえ。でもその苦情が言いやすい風貌、人柄も相まって、徐々に潤滑油になりました。
 自宅で親睦鍋パまで開催!
鍋の似合わない高野もちゃんと来てw ダンサー達の弱音や本音が引き出されて和解、盛り上がって踊ってみた『バレエ体操』動画がなんとバズります!見事チケットも完売!過労の敷島先生も持ち直し、さあ振付終わらせて猛練習だー!
 と、なったところで栄転話なのでした。

 元々、カンパニーに来たのも社命の出向。みんな笑顔で送り出してくれましたよ。
 失脚間近な社長を見切り、新派閥に就こう!という上司脇坂さん(西村まさ彦)の誘いに乗って昇進し、舞台は当日見にくればいいだけだったのに。
 何故か戻って来るんですよ、青柳さんは。

「人生、一度だけでも飛んでみたかったんです」世界の高野悠が軽々と飛ぶ様に!好きなことを選んで、自由に!

そう聞いて「俺も飛んでみたかったな」と応えた脇坂さん(コート姿もお素敵) 、社長と並んで公演見てましたからね、青柳を手土産の寝返り工作に失敗したのでは。ああサラリーマン無情。
また、人生を選択して初めて、奥さん(小西真奈美)の気持ちが分かったと離婚届にやっと記入。でも、そうなると逆に奥さんから歩み寄ってくれましたよ。そんなものですかね。

 前後しましたが、青柳も一緒に迎えた公演初日。満員御礼、でも波瀾万丈です。
 オディール骨折!
リフトで、持ち上げられた人の肋骨折れることもあるんですね💦 落ちなくても危険だとは、リフト! で、群舞から1人抜けて突然主役の代役って!そんな! 那由多の自主練に付き合ってた娘ではあったけど! ←あ!

 更には舞台装置故障!
王子と姫の別れが出来ないけど、アドリブでカバー!ハッピーエンドにしちゃえ☆  
って、えー(^^;;   まあやり遂げるのが大切!Show must go on ですね!
(最終回予告で「人生、一度だけでも…」を見ての、装置故障、まさか修理のために舞台に躍り出ちゃうんじゃないかとハラハラしたのは内緒ですw)

 さてその後の青柳さんは。
高野のブレインに引き抜かれ、世界を飛び回ることになりましたよ!バーン!
瀬川はともかく、青柳さんが場を和ませる以上の役に立つのかは心配ですけども。それを求めてるのかもしれないので、いいか!

 バズったバレエ動画、真似して踊るのも流行って、青柳母娘も、社員一同も踊ってましたね!脇坂さんも〜  

「麒麟がくる」〜最終回 ☆☆☆☆

 麒麟は…来なかったですねorz

 光安どの(西村まさ彦)の死後ぱったり感想を書けずにいましたが、コロナ休止後もずっと見ていましたよ。亀岡の大河ドラマ館を訪問。昨今のCG技術、月代や坊主の肌表現には驚嘆!作品を倍楽しめました。

 さて物語は、西に東に使いっ走り放題だった十兵衛(長谷川博己)が、出家から武士に戻された将軍足利義昭(滝藤賢一)を支えて大出世、京に上ります。
 しかし慈悲の人だった義昭はいつか変わり果て、駒ちゃん(門脇麦)の救護所積立が戦の金にされる始末。袂を分つた十兵衛はご存知信長(染谷将太)に士官しますが。元々地蔵を石垣の素材にして平気な罰当たり信長、『大きな国を作ろう』とはしゃいだ志はそのままでも、すぐ女子供皆殺しに一族根絶やし!
 初陣では叔父上光安を殺す白昼夢を見た繊細な十兵衛、今度は愛娘殺害にうなされます。女子供でなくバリバリ戦国武将がこんなにも戦いを嫌い続ける様子は新鮮でした…。

 そんな光秀が、また夜毎見るようになった夢は…月に向かって大樹を登る信長。その木を切る自分。
 え、それ信長を殺す夢と思えば穏やかじゃありませんが、今までに照らせばその人が、家族の域で大事な存在ということになるのでは…w

 一方の信長は、光秀の忠義を試すかのようにもしくは光秀だけは大丈夫と甘えるかのようにやりたい放題。衆目の面前で叱責、大恥をかかせておいて
「気にするな!」
実は家康(風間俊介)の反応を見たかっただけ、って君。普通それだけ充分嫌われますけど。妻の帰蝶(川口春奈)にすら、「父道三なら毒を盛る」って言われちゃってますけど!

 忍耐強すぎる光秀への最後のダメ押しが、将軍義昭殺害指令でした。またも試すように、1番それを嫌がる光秀に命じるんだから…。
石橋を叩きすぎて壊すタイプ信長。でも本能寺を、囲んだのが光秀と知ってむしろ嬉しそうで、徹頭徹尾人間関係の築き方が壊れていて哀れでした。
 その直後、駆けつけた太夫(尾野真千子)相手に朗らかに、麒麟を呼んでみせる!と誓った十兵衛…。でもそんな日は来なかったのですよね。まず麒麟より先に必要だった、味方をしてくれるはずの武将が来なかったとは。嗚呼。

 そして秀吉(佐々木蔵之介)の大返しも、ちらっとでた官兵衛(濱田岳!)の出番ももう無く時は飛び。
 明智光秀は生きている。
そんな噂も囁かれる中、市場の人混みにまさかの面影を見るお駒。え、確かに十兵衛、変な変装でうろつくの得意でしたけど…ってそんな姿でも無くまさにいつもの十兵衛の後ろ姿で…(涙)

 1話で麒麟を語ったのはそういえば駒でしたものね。戦災孤児で、医師の手伝いだった女の子が後の武将に麒麟の逸話を説き、義昭と近しくまでなって。夢のような出世物語だったのかも。

 駒は、家康が江戸幕府を開き息子に継がせた時代にも生きて、ああ麒麟は来た、と思ったかもしれませんねえ

「その女、ジルバ」1、2 ☆☆☆

 40才なんてピチピチギャルw 人生これから、いいですねー。

 結婚は直前に破談、仕事はアパレルから裏方の工場に左遷と、人生ままならない笛吹新(池脇千鶴)ももう40才。
なのにその40才の誕生日が最悪で、朝から人助けすれば小銭をせびられ、新しくきた上司は自分を捨てた男(山崎樹範)! やけを起こした帰り道、ふと目についた張り紙には

「ホステス募集、ただし40歳以上!」 

以上? 以下、じゃなくて?
 恐る恐る開いたドアの先には、めくるめく別世界が広がっていたのでした〜!

 てな訳で、ヒロイン新(あらた)がホステス「あらら」として働くことになるバー「オールドジャック&ローズ」のホステスたちは軒並みまさかの高齢者w  一番若いナナコが久本雅美w  クジラままが草笛光子! チーママが中尾ミエですよ。 最高齢が草村礼子? そんなみなさまが、ショータイムにはバッチリ踊って(椅子も活用、無理ない振り付けでw)チラチラお色気も! 常連客(芋洗坂係長ら)は、そんなマダム達の客あしらいやおふくろの味な突き出しを楽しみに来ているわけで、借り物ドレスで踊れもしない不慣れなあららちゃんはもう、お子ちゃまなのでした!

 若い若いと連呼され、その気になってくる新w ですよね、人生まだまだこれから!年齢を気にして老け込んでたらもったいない。生まれて初めてのダンスレッスンも、案外上達するもので、楽しい!(バーのマスター品川徹が渋い〜) 自然と職場でも笑顔と早退が増えて
『ホストにはまった?』
と誤解されてしまいますが、逆ですからw  貢いでないからw

 そのバーの創始者、ブラジル育ちのジルバさんに、あららは似ているんだとか(池脇千鶴二役)
戦災孤児だったところを拾われた、等と若い人には謎だろう単語も頻出ですが、あらら世代やそれ以上だけじゃなく、若者だって見てたら元気でるドラマじゃないのかな。

 ところで、元カレは従業員リストラのために工場に乗り込んできたそうです。新はリストラ候補? ホステスは副業で、これで食べていけるほどじゃありませんよねえ。さて。

 工場の出向仲間に真飛聖、正社員に江口のりこ。

「ドリームチーム」1 ☆☆

 心の支えが高校時代の部活って、青春の1ページがキラキラ輝いていた人だなあ。個人的にはピンと来ないです。

 イケメン大学教授(前川泰之)の妻でタワマン住まいの専業主婦香菜(山口紗弥加)は、人もうらやむ素敵主婦……の筈が。旦那の浮気報道でひそひそされる不憫な存在に。しかも実はモラハラな夫。ちょっと花を生けても恩師の葬式(!)に行こうとしても口癖は
「それ、必要??」
いやお前が味噌汁にも煮物にもドバドバかけてる粉チーズの方が無駄無駄、無駄だわ!しかもネチネチと小言ばかりの父と謝ってばかりの母をみて育った娘(根元真陽)には
「お母さんみたいになりたくない!」
とまで言われる始末。浮気の件でも謝罪どころか謎に態度がデカい夫に愛想を尽かし家を出たのもののファミレスで夜を明かすしかなかった上に、暴行事件で逮捕?? 旦那は身元引き受けを拒否??

 仕方なく頼った先は、恩師(伊武雅刀)が遺したバスケ部寮。
今は恩師未亡人(余貴美子)の一人住まい……の筈がそこには、ファミレスで男に迫られて逃げた女茜(桜庭ななみ)と、迫る男にカレーぶっかけて説教して逮捕された香菜と、事件の目撃者&セクハラで部下男子に訴えられて左遷&自慢の年下彼氏には浮気されてた優子(財前直見)と、事件関係者が勢揃い。しかも彼女たちは揃って歴代バスケ部主将、それぞれに栄光の時代があり恩師の言葉を胸に生きてきたのでしたよ。
 それぞれ20代40代50代、香菜の娘が10代で寮長夫人は60代w 男に頼らず、なりたい自分になるって物語? 幅広い年代に訴求するドラマに、さてさてなるのでしょうか。
 1話サブタイトル「あの子になりたい人生だった」に惹かれて観たのですが、誰があの子かはぼんやりでしたねえ。全員それなりに憧れられる時期もあり他が羨ましくもあり。

粉チーズの場面で旦那が微妙にそわそわ。醤油かソースでなら、同じ事してるって気がついた? 私の同窓会を「それ必要?」って言ったこともあるんだぞー覚えてるのかー。

「悲熊」☆☆☆ 3~最終回

 悲しい熊と書いて、ヒグマw NHK5分ドラマでした。

 濁点付きでもっさりと喋る、何かと不運な悲熊くん。
原作漫画を、顔の出る熊着ぐるみでやらせちゃうのは「猫村さん」の流れでもう全然オッケーですねw それを重岡大毅にさせようと思いついた人GJw 可愛いw
街頭シャケ販売では
『ツキノワグマが採りました~』
と、違うのに親方(北村有起哉)に言わされw 土産にもらった一切れを明日の朝食にと思ったら、そのまま冬眠してしまい起きたらカピカピにorz
公園で、きちんとゴミを分別しようとすれば、キャー熊がゴミ箱を漁ってる!と 警察に囲まれて逮捕(^^;;;;;) ニュースを観て、熊くんは悪くありません!と助けにきてくれたお友達栗林さん(黒島結菜)は、良かれと
『あれは……熊っぽい犬です!』えええええ~w

 1,2話を見逃したのでいろいろ不明ではありますが楽しめました。
川で鮭を捕る場面では大勢熊の仲間が居ましたよ!じゃあ個体名はと、毎回名前を聞かれるのですがその度にこの悲熊くん、何かひっくり返したりヘリコプターの爆音が響いたりで名前が伝わらないままw それでも最終回は、狩人もふりきり、冬眠の誘惑にも勝ちw 無事に栗林さん宅のクリスマスパーティに参加できたのでした。良かったね~

「こもりびと」☆☆

 10年引きこもってた息子雅夫(松山ケンイチ)が、父一夫(武田鉄矢)の葬式では立派に喪主を務めました!って、そんな上手くいくなら世話ないです。でも視聴者の、同じ境遇の親御さんの不安は多少減らせて、同じ境遇のお子さんには多少の希望が見えてくる、そこが物語の良いところなのかもしれません……。

 というわけで「おくりびと」的なうるわしいタイトルにしたところで、主題は身も蓋もなく引きこもりです。
ただし大学は(希望校でなかったにしろ)きちんと卒業し、就業も(正社員になれなかったにしろ)して30才までは頑張って店長にもなったのに、ブラックで心を病んで以後引きこもったそうで、知恵も経験もプライドもあるいい大人。知的にも精神にも障害がなければ行政からの補助も望めない。学校にいけないまま大人になって今に至るのとはまた違いそうです。
同じ家に住みながら、観て観ないふりを続けていた父一夫。家を出た兄妹には、雅夫は『海外で働いている』と言いつくろっていましたよ。しかし余命宣告を受け、遅まきながら向き合うことにしたのでしたが……。

 既に何度か衝突済みで、正面からは話にならない父子の間に入るのは姪っ子です。雅夫がコンビニタイムの間に部屋に忍び込みPCをチェック!
自助団体や、資格試験を調べている履歴。そうそう現代は部屋に居てもゲーム以外のことも出来るんですってば(さすがNHK、健全w)ちゃーんと録画を仕掛けていった雅夫にバレて激怒されますけどね。抜かりなくSNSアカウントも調べた姪っ子ちゃん、一夫に使い方を指南しました……。
 @カチナシオ のハンドルで不満を書き散らす息子に、@パンク先生 として父が接触、説教する様になるのです……。うわー、なりすまし最悪orz

 息子の本心を、のぞき見るだけならアリだったかもしれません。実際、すべて親のせいで上手くいかないと思っていることすら知らずにいたんでしょう?
さすがに40才にもなるのに『親のせい』って、無理あると思って観ていましたが、雅夫視点の回想ではまあ、人生の節目節目に必ず罵詈雑言orz 優秀な兄と比べてクズだ甘えだ出来損ないだと、当時教師だった人がよくもまあしちゃイケナイ見本をこれだけ並べるようなことになったのか(^^;;;;;;;) 果ては、病気の母の介護で退職したんじゃないですかー! 息子が辞めたことに文句を言う前に、正規雇用の自分が時短なり休暇なり取って支えるつもりがカケラでもあったのか、と。
@カチナシオの趣味に合わせたブルーハーツ履修も、今更です。KingGnu的な近々の曲じゃあるまいし、ブルーハーツを一緒に聞いてもいないとはいつからの断絶。 だいたい、部屋に侵入された直後から新規アカウントに連日絡まれたら、もう秒でバレますよね。ほらバレた(^^;;;;;)

 俺を馬鹿にしてる、あの時もこの時も、とやっとぶちまけられた雅夫に向かってテンプレの「悪気はなかった」「発憤させようとして」を繰り返す一夫。だったら雅夫だって今悪気はないし、お前の引きこもり対応の評価を教えてやってるんだから。25年前の雅夫が黙って言われるがままだった様に黙って聞いておけー!
 しかし哀しいかな病気の老人。興奮が障って倒れた一夫はそのまま帰らぬ人に。雅夫の不満大爆発を受け止めたことが、親として最期の勤めになってしまいました。自分のせいで、と落ち着いたら苦しむこともあるかもしれないけれど、言えなかった後悔はすくなくともせずにすみます。冒頭に書いた様に立派に人前で挨拶をして喪主も務めて、引きこもりからの脱却を垣間見せての一件落着です。多分。

 途中、一夫が訪ねる自助グループは実在のもの。参加者も実際のこもりびとの方々だったそうで、ドラマと合わせて取材番組も作成されているとか。苦悩する人々の存在を啓蒙、アピールする良い番組でした

「タリオ 復讐代行の2人」1 ☆☆

 どうしちゃったのNHK
コメディにしてはダメな事件ってあるでしょうに。

 やり手にはほど遠い、若き弁護士白沢真実(浜辺美波)
ひょんなことから、成敗するはずの詐欺師黒岩(岡田将生)に言いくるめられ復讐代行業に手を染めて、相手の罠で事務所はクビ、弁護士資格まで失ってしまう??これは本腰をいれて代行業をするしかないのかー?
そして失踪した父(遠藤憲一)の居場所は。詐称で父を巻き込んだ詐欺師に復讐は出来るのか?

 この本筋は愉快になりそうなのになあ。何故そこに強姦を絡めてしまったのか。しかも思い切り実際の事件を思わせて不愉快です。更に、証拠映像を披露するのが結婚披露宴て。共犯者でもなかった相手の女性には、晴れ舞台を踏みにじられる謂われはないでしょうに。被害者と新婦でターゲット財津(三浦涼介)を挟んでビンタの応酬って、面白くもないしすっきりもしませんよ。クスリ呑まされて強姦されて、告発したら金で偽証を集めて嘘つき呼ばわりされた屈辱と恨みが、ビンタで済むわけあるかいな(あの男狙ってるのーと、事前に本当に言っていたとしたって、不同意なら強姦なんだってば)
ナレーションで『次々と被害者が名乗り出て、犯人は何年も実刑に』も取ってつけた様でしたよね……今までもみ消してきた親に見放されたのかな。

 更に、財津の協力者だった男(本田大輔)を寝返らせたのが、黒岩が授けた秘策。 財津を裏切ったら倒産→家族で文無し。でも本当に嫌われての離婚で慰謝料だったら妻子に贈与できる……。いやそりゃそうかもしれませんけども、後日奥様に黒沢が説明して仲直りさせるオプションは無し?本気か演技か他人からどう見分けるのか謎ですし。財津の言いなりだった理由もまた家族を想ってだったのに、やっぱりすっきりしませんよ……orz

 そして三浦涼介は、悪役御曹司なのに美しすぎて気が散りましたw 

「大江戸もののけ物語」~最終回 ☆☆

 なんだかんだで大団円。
人間全滅をもくろむ百鬼(藤本隆宏)、まずは邪魔な一馬(岡田健史)を片付ける作戦でしたが、覚醒した天邪鬼(本郷奏多)と一馬の共闘に敗れます。はいはい。想定と逆の太刀筋で斬ったあたりはさすが天邪鬼でしたけど、そこまでのやりとりが『天邪鬼は逆を言う設定』を忘れていた様で残念でしたよ。「やめてください!」な場面なら「もっとやれ~」でしょ! (それで観てる子供が混乱しない様な積み重ねが、足りなかったよね) どうして一馬がそんなに邪魔なのかも、人ともののけを繋ぐ存在で特別、とふわっと和尚に解説されるばかりで消化不良。ただ見えて仲がいいなら雛ちゃん(平尾菜々花)だってそうだもん。

 そうそう、兄一之進(高田翔)はやはり養子。実子の一馬を差し置いて家督を継ぐわけには……と婿に行こうとしたゴタゴタで物の怪に襲われますが、そこで必死に一之進を助けた猫又(森川葵)はなんと。当時新海家で可愛がられた猫のたまだったのニャン。一馬幼少時の蔵の怪異は、やはり天邪鬼。家の井戸で河童(青山美郷)にも遭遇していたり、幼い頃からずっと一緒だったのか、と得心した一馬。もう会えない彼らを思い、一心不乱に書き上げた一冊が、そう
「大江戸もののけ物語」
なのでした。どっとはらい。

 一馬との縁談をお断りして消えたおようちゃん(山田杏奈)ですが、一馬は想いを諦めず。結局また天邪鬼たちも戻ってきてor見えるようになって世界はまた元通り。それって百鬼も戻ってきそうですけれど、まあいいか。

子供達は妖怪と荒俣宏先生に出会い、私は岡田健史を覚え酒向芳を認識したドラマでした!
(筆で書かれた「大江戸もののけ物語」、最後の2行だけ字が乱れていて微笑ましいw 岡田氏が自分で書き加えたんでしょうねえ……) 

「大江戸もののけ物語」1 ☆☆☆

 天邪鬼、ちょろいw

 新海家にまま現れるという『見える』者である新海一馬(岡田健史) しかし妖かしへの興味は許されず、武士らしくあれと育てられたものの兄の様には武芸に秀でず。おとなになった今も、鍛錬はほどほどに隠れて妖怪書を読みふけり、寺子屋で子供に読み書きを教える日々です。
ある日、教え子雛(平尾菜々花)を気にかけ尾行した先で目にしたのは、火焰土器に祈りを捧げている様子。一馬が勾玉を手に取ると土器が崩れ、中から現れたのは天邪鬼と名乗る男(本郷奏多) そして河童(青山美郷)と猫又(森川葵)も! 雛が『死んだ母に会いたい』と願っていたと知った一馬は、書物から『魂さがし』という妖怪に頼むことを思いつきます。しかし魂さがしは、一つ魂を呼ばわる毎に、もう一つ=依頼主の魂を要求するのだとか。大丈夫、と言い切り雛と母(宮本裕子)の再会を実現させた一馬でしたが、案の定魂さがし(酒向芳)に魂を抜かれてしまい……??
 うわ~魂さがし怖いw夢に見そうw

 最後に監修:荒俣宏先生の教室もついてジュヴナイルです。エンディングは大江戸もののけ音頭w 夏休みですもんね!
雛ちゃんがお母さんに会いたかったのも、病弱な母に「もっと元気なお母さんが良かった」と言い放ったまま死なれてしまったから。一緒に遊べなくても、お話を沢山してくれた、優しいお母さんが好きだった言えて、最後に抱きしめてもらえて、いやあ本当に良かったですね。で、魂抜かれて死にかけた一馬先生でしたが、河童がよそで抜いた尻児玉とすり替える荒技でなんとか息を吹き返したのでした~。出会ったばかりの天邪鬼に全てお任せの蘇生術で、お人好しも良いところです(^^;;;;)
 またその天邪鬼、名前の通り何でも逆に行く。頼めば断るわけですが、ひらめいた一馬が「もう帰る」と言えば引き留め、「他のヤツに頼むからいいよ!」と言えば引き受けてくれるんですよw ちょろい割にちゃんと義理堅いのでしたw しかし、身体にはまだ封じ込められていた土器のかけらが残り、謎のバリアで建物の外には出られない状態。何故そうなったか、の記憶もなくしているのに、新海一馬とは昔合ったことがある様で……幼少時の一馬が、蔵で出会った怪異かな? そのうち色々、分かることでしょう。
 一馬の側も、妖かしが見えるのは新海の血筋と和尚さん(イッセー尾形)が言うのに、父(甲本雅裕)の頭ごなしの拒み方はこちらも何かあったのかも。また、次男なのに一馬、兄(高田翔)の名にも一の字が入るのが気になりました。普通兄が一なら弟は二か次でしょう? あのくしゃみは、妖怪を感知してなのかな。 そして、寺のお手伝いおようさん(山田杏奈)とのロマンスは。おようって、妖怪のようじゃなくて?

 イケメン一馬は愛嬌たっぷり。江戸の暮らしや妖怪特殊メイク&CGなど、いろいろ気軽に楽しそうです。
(名前を調べていたら、河童の中の人が美少女でびっくりw顔が出ない役で可哀想〜 あと魂さがし、つい先日見た「執事西園寺の名推理(2)」3話で元フィギュアスケート人気選手で整備士の人でした~!)

「いいね!光源氏くん」~最終回 ☆☆

 え、結局養うんだw

 今更ですが最後まで見た感想を。
 「ハワイ行きたいな~」
と思っているところで車にひかれたら、ハワイに飛んでいた光くん(千葉雄大)w
紆余曲折でまた沙織(伊藤沙莉)宅に居候、頭中将(桐山漣)もやってきて二人で優雅にふぉっふぉっふぉ~と口元押さえて笑い合うところなど、なかなかに異文化で楽しかったですねえ。女性にまめな中将どのが、モテモテホストとしてがっちり稼いじゃうのも、さもありなんw
 なのに終盤、以前ワイハで拾ってくれた科学者とやら(厚切りジェイソン)が登場すると、NASAがエイリアン扱いで光くんを追ってるだの平行宇宙だのと突然のSF感で違和感が。そもそもタイムスリップじゃなく、小説の登場人物なのに、それが実在する世界もあるとか言い出したらもう大変。だったらNASAは、スーパーマンやドクターストレンジ召喚法を考えるべきでしょうw そのためには沙織どのに教えを請うなり、部屋の立地や月の満ち欠け等を調べ尽くすなりの方が大事でしょうに、なんで光くんを解剖したいの?
 そんな追っ手の前で、再び消える光くん。
元の世界に戻ったのね……。と思いきや、一緒に見たいねと言った花火大会がある、夏に跳んでいたのでした!じゃーん。ってえええええええ。

 そもそも光の君と沙織どのの関係や想いが曖昧な上に、彼があちらに残してきた妻たちの行く末も、ニート養わなきゃいけなくなる沙織の経済問題もほったらかしで、ハッピーエンドですってされてもおおおお。それともこの先、光くんが本当に源氏物語に戻りたければ戻れて、時折、沙織どの&抹茶ふらぺちーのに会いたいのお~と思えばまた訪ねてくる。そんなふりーだむな感じに受け取っておいたらいいのでしょうかw
それでも頭中将だけは、自分が脇役な「源氏物語」には戻らず、現代で楽しくルームメイト君と仲良く生きていくのでしょうね。
めでたしめでたし。楽しかったです!

「ファインド・ミー パリでタイムトラベル」1~10 ☆☆☆

 パリで撮影の、Hulu制作ジュヴナイルドラマです。

 ヒロインのレナは、1905年から現在にタイムスリップ!
でもバレエの練習着のまま、場所もパリのオペラ座だったので周囲から浮くこともなく。新しい練習生なのね~と現代のバレエ学校に入学し、モダンダンスやヒップホップは壊滅的でも古風なテクニックは抜群w と受け入れられちゃうんですよ。
 偶然みていた1話で、そこが一番のツボでした。バレエ!!!
私服じゃ無理は当然として、例えばスポーツ選手ならこの120年で道具やテクニックはずいぶん進化したでしょう。テニスなら1905年当時でもオリンピックに女子競技ありましたが、スカートはくるぶし丈。ラケットは重い木製w フィギュアスケートも五輪競技でしたけど氷上に図形を描く技術が大事で、現代では小学生でも飛ぶ二回転が男子最高難度(^^;;;;) でもバレエなら、トウシューズのデザインは恐ろしいことにこの100年たいして変わらず。「くるみ割り人形」が1892年「白鳥の湖」は1895年に初演!オペラ座バレエ学校の優等生レナなら、現代でもきっと通用しちゃうのよー。うわー。

 タイムスリップの原因はというと、彼氏ヘンリーがくれたペンダントでした。実はヘンリー本人も知らなかったのですが彼の一家はタイムトラベラー。時間の「ゲート」とやらを開けるための秘密道具のペンダントだったのに、きれいだからって勝手に持ち出してプレゼントしちゃダメじゃん……。 ヘンリーの父は即座に事故を察知。現代のバレエ学校にまでレナを追い、生徒としての待遇や出自、金銭問題をどうにかしてはくれるのですが連れ戻ってはくれません(^^llll) 時間の歪みがどうのこうのなんですよ。諦めきれないヘンリーは、また勝手なことをして面倒を増やし、追っ手の時間警察3人組に拉致された挙げ句に手を組んで、10話ではタイムマシンを作らせているところ。でもジュブナイル物の敵役の常として、間抜けでねえ……。
 そうそう、レナはそもそもロシアの王女様で(作中でフルネーム検索すると、同じ顔の白黒写真がw)パリにはバレエ留学中でした。身分違いの恋が許されず、タイムスリップの日も駆け落ちするはずで手荷物もっていたんでしたっけ。そんなふたりの秘密のやりとりは、オペラ座屋上の壁のくぼみに隠した手紙。そのやり方のまま、1905年のヘンリーから21世紀のレナへメッセージを届ける、時を超えた文通は胸熱でした。伝統あるオペラ座ならでは、でしたよね!

 てなわけで、序盤はひたすらヘンリー待ちで帰りたいのですが、そのうちルームメートのイネスにはタイムスリップを打ち明けて納得され、現代用語や日用品の使い方を覚えて馴染めば、ピザは美味しいしスマホは便利。周囲とも仲良くなって……ヘンリーを思う時間も段々に減って幸せそうになっていますよw

 クラスメートはインドやスペイン、スコットランドと各地から集まり、民族舞踊を取り入れて踊る授業はダンスも楽しかったですが、そんな組み分けや練習を機にあちこちで恋が芽生えたり芽生えなかったりする様子もまた楽しみのひとつです~(あれ、でもそういえば東洋系ってひとりもいないのね……男子にも女子にも食堂のモブにもひとりも!!!マジか) 
皆バレエ一辺倒というわけでなく、すぐブレイクダンスを披露するジェフもいれば真面目なマックスだって実は学外でこっそり地下ダンスバトル(?)に。理系で賞をとっているイネスに、なんとクリケット競技で国代表レベルのダッシュ、優等生のティアだって、ダンスで優勝するだけじゃない、スケボー選手が夢だったことも。子供達がどこかに自分を重ねられる気配りを感じます(もしやインドがアジア代表??)
 更に親子関係も。美しくて上手くて自信満々でツンケンしているティアが、母親が応援に来た途端に言いなりで失敗続きのダメなティアになっちゃうんですよねえ。機転を利かせたレナの助け船に感謝しながらも、じゃあ母が嫌いと言い出すわけでもなく、無理して学費を稼ぎ自分に夢を託している母に応えたい、だなんて。健気じゃないですか。

 それでも、発表会のヒロインはレナに。ティアは屈辱の代役。さあどうなる? とか言ってると忘れそうになるタイムトラベルの方も、どうなる?
と、ここで12話以降がコロナ対応でお休みのアナウンス入りました。あら12話でまだ終わらないんだ! でも撮影は済んでるでしょうになんで……って、吹き替え版の収録が進まないんですねえ。
続きを楽しみにしています。

(全26話、第2シーズンも放映済みで第3第4シリーズ制作中だそうです。レナ帰れてないってことじゃーんw そのうち東洋系も登場か?)

「麒麟が来る」~17、18 ☆☆☆

 お、叔父上~!!!!
宴会芸は披露損orz お家のため土地のため、とにかく気を遣って生きてきた光安どの(西村まさ彦)でしたのに。斉藤家親子断裂となれば、きっぱり道三(本木雅弘)のために出陣するのですね。それも甥とは別行動。普段から道三にはたてついてばかりの、それに息子高政(伊藤英明)と親しいはずの十兵衛(長谷川博己)に選択の自由を残しておいてくれる。そんな時まで気遣いの人でしたよ。 そしていよいよ城を捨てようという時には十兵衛を上座に据えて「家督を譲るのが夢だった」と。なんて欲のない、叔父上~(嫁とったら譲るんじゃなかったんですか…… 十兵衛がすぐ使いっ走りで家を空けるから延びてましたか)

 今年の大河、前代未聞の撮り直しで放送開始が遅れたかと思ったら、今度は未曾有の緊急事態宣言で撮影中止。生活もバタバタする中で、家族のマスク縫いながらも毎週楽しみに見てはおりましたがなかなか文章をまとめられず。
 尾張では信長(染谷将太)がやたら魅力的&不安定で目が離せませんでした。将来十兵衛がこれに振り回される布石と分かってはいても、信長を主人公で見たいと思ってしまいましたよ。帰蝶(川口春奈)もそんな旦那を操縦すべく大嘘を吐き、金で兵集めと大活躍ですよね。一方の十兵衛の嫁熙子(木村文乃)だって何かしそうに登場したのに……嫁いできたらすっかり姑(石川さゆり)とセットで家で待つだけの人になってしまって……残念な限りです。

 そんな信長を道三がすっかり気に入り、そのことが高政との溝を益々深めていく皮肉。
 そういえば主君道三に「どちらかと言えば嫌いです」と面前で言い放った十兵衛。気が利かないにもほどがありましたがw 「我が父は土岐頼芸」と標榜しだした息子の嘘を嘆く道三としては、なるほどそのバカ正直故に十兵衛を重用したなら筋が通っておりましたw そして十兵衛も、ケチだが決して嘘はつかない道三を、好きではなくとも主君としては尊敬していた由。返す刀で土岐頼芸は「人として尊敬できたことがない」とバッサリw 
「敵は……高政殿!」
(って皆が皆、いつか言う「本能寺にあり」を思いましたよね)
と家督を握る高政に楯ついて、籠城をするつもりでいたのに光安どのには逃げろと言われる。
「私も後を追うから」
いや来ませんよね、叔父上orz

<18話>
 そして城は落ち(叔父上~!)、帰蝶の手配で一行は越前へ(市場にカニw)
朝倉義景(ユースケサンタマリア)がくれるという金を断って、廃屋に落ち着きます。父の形見の数珠が生活費に化けるところを良妻が、「質屋というところを見てみたい☆」とお使いに同行し、こっそり自分の帯を代わりにして数珠を守るという機転をみせますよ。熙子の出番という意味でも良かった良かった。その前に、お駒(門脇麦)の命の恩人が十兵衛父だと母にも認められてめでたしめでたし。

 しかしなにより強烈だったのは、信長の涙でしょう……。
見舞いに来た弟信勝と、互いに相手が憎かったのだと心情を吐露し合う。分かりあい歩み寄ったかに見えたのに、結局は信勝死亡。兄信長への見舞いの水が、やはり毒でしたよね……。
「おまえが飲め」
と詰め寄る信長の鬼の形相orz そこはほら、器の方に仕込むぐらいの知恵もないのに暗殺など企んでは駄目でしたのよ。←道三か(^^;;;;)

 そりゃ十兵衛も光安の死に心を痛め、亡父が望んだ麒麟=太平の世を想い、戦いを厭うと口に出す大事な場面がありましたがね。やはり陰が薄いです。
さあ、次回の十兵衛は義景のために使いっ走りかな?

「いいね!光源氏くん」1、2 ☆☆☆☆

 面白すぎるw
 須磨を目指して都落ち、のはずがなぜか現代東京に。それもマンション住まいのOL宅に現れてしまった光源氏!不審者扱いでバットでぶん殴られて警察呼ばれる始末でしたよ。いや、怖いよね、そこそこ上階のベランダから侵入してくる、烏帽子に直衣の平安貴族w (直前に、お香を焚いて窓には御簾を垂らしたことで呼び込んだのかな?)

 しかしおっとりと温厚な光の君(千葉雄大)、警官に乱暴に連行されるときの目が!捨てられた子犬のように助けを求めていて! 思わず「この人、知ってます」
と言ってしまった沙織さん(伊藤沙莉) 教科書で読んだよね、……いやでも光源氏って実在しないんじゃ?と混乱しつつも乗り掛かった船。 言動も服装もおかしなイケメンを家に置く羽目になったのでした。

 何を見ても珍しがり、スマホも知らない光源氏=ひかる君。
烏帽子が梁につっかえても、頑なに脱がないw  烏帽子なしって、現代でいえばノーパンぐらい恥ずかしいことだったらしいので、むべなるかな。
翌日は早速、服を買いに。ニット帽も忘れずにw  試着室のカーテンを、御簾状に下から持ち上げて出てくるの笑いました~! 現代装束になってしまえば、ただのイケメン……かと思いきや。カフェで抹茶ラテを飲めば感動で一句!しかも立ち上がって謳う! 目立ちまくりですw
 その歌を、沙織の指導でSNSに投稿し「いいね!」をもらって知り合いも出来、現代に馴染んでいくひかる君。居候のまま、帰る様子もありません。

 以降もTVを見ては、中に囚われの女性(にょしょう)が哀れだと泣き。別の番組に出たその子がショートヘアになっていれば「尼に成り果てた」と泣きw 感受性が強すぎてもう大変。これは殴られて記憶喪失の関西コスプレーヤなどでなく、本当に平安びとなのかも? 
 常に焦らず走らず。肘を張って拳を前に置く立ち姿も(狂言や能で見る感じ)独特ですよねー。

 しかしボブヘアの沙織を尼だと思って衣食住世話してもらっていたなら、「成り果てた」は失礼な言い草よねw  実は、歴史的プレイボーイのはずが自分に手を出してこない…と内心ちょっと気にしていた沙織さん、尼だと思ってたからかーとホッとしますが、誤解が解けても口説かれもせず。通う男もいない様だが、まあ物好きな男がどこかにおると適当な励ましを、沙織の金で買ったお菓子食べながらされちゃあ、そりゃキレるのも無理ありませんて。夜通し会ってる女に世話してもらえ、とついに追い出してしまうのですが…、そっちも誤解でおばさまたちとオールでカラオケだったのでしたw

 3話では、甘いもの食べすぎで流石に太ったよねと初めての「運動」に精出すひかる君と沙織。
2人の距離も縮まったけれど、逆に帰りたさも伝わって。来た時と同じ満月の晩に、同じお香を炊いて御簾をくぐれば? と一致団結試してみますが、そう簡単にはいきませんでしたよ…。
さて、光源氏のライバル頭中将も現代に来ちゃうのか? え、ひかる君が消えた? どうなるの~!!

「オリガミの魔女と博士の四角い時間」中村倫也、上野樹里☆☆☆

 う…、うさ耳!丸い尻尾! 「月のうさぎ」の中村倫也に悩殺されましたw

 お月見の晩、餅をつくウサギがいる月を見上げて
「お餅食べたいなあ」
と呟いたオリガミ博士(滝藤賢一)のもとに、どかーんとウサギさんが墜ちてきます。つきたての餅を持って。そして帰らないw  月は寂しくてゴツゴツしてて、1人で餅つきも疲れるし腰痛くなるし、とにかくもう、イヤ!なんですってw  駄駄を捏ねるうさちゃん(中村倫也)がとにかくキュートなんですよ。魔女へのオバさん呼ばわりも、可愛すぎるので許す(><)
台詞そのまま、かわいこちゃんに演じさせても問題ない内容を誰がどーしてイケメン中村倫也に当てたのか。それとも中村倫也に何をさせようか会議にうさ耳が出たのか、それが問題です!!!

 月にウサギがいなくなったら、みんな困っちゃうよ!と、何とかなだめたい博士。当のウサギさんには見ることができない、ウサギが餅をつく月がどう見えるのかを教えようと、得意の折り紙でウサギを折ることになりました。もちろん横でウサギさんも折りますが……真剣に教える博士の、耳をつまんで邪魔をする魔性のウサギさん。え、博士がうさ耳触った時には「痛っやめてっ」とクールに拒否しておいて自分はニコニコとそれするんだw   尻尾を立体に折る段では、灰色もこもこスーツの尻尾を見せてフリフリ踊ってくれますorz

 そして自分で折ったウサギと月を重ねて。やっと帰る気になったウサギさんに、折り紙を持たせる博士。 やっと一息、見上げる満月には餅つきをするウサギ…でなく、折り紙を折るウサギさんが映っておりました(耳もスーツも靴も灰色の中、靴下だけ差し色ピンク。それと同じ色の折り紙でしたよ~)


 さてその折り紙を、どこで仕入れるのかが上野樹里ゲストの回「千輪桜」
いやいやカラスも月のウサギも人の姿でやってきて、折り紙魔女も動き回る魔法の森。用紙だっていかにもな商人がお届けかと思いきや、なんと街ロケです! ええええ、あの森、現代日本のどこかだったんだw
 街道に面した老舗をのぞき込むオリガミ博士。
「休業」と張り紙した木枠のガラス戸をガラガラと開け、雑な応対をした留守番嬢(上野樹里)は、店主はいないと言うばかり。しかし博士の熱い折り紙愛と、そのために店主さんがどれだけ真摯に紙を選んで用立てしてくれたかを聞くと一転、プロなら折り紙を折ってくれと言い出します。それも桜の花を。実は入院中、もう来年の桜は見られないだろう店主=祖父に、満開の桜の花をせめて折り紙で見せてあげたいと、泣かせてくれるじゃないですか。
紙だらけの店内から、桜で染めたという和紙を選んだオリガミ博士。奥の和室で、小さく切り揃えた和紙で、一緒に桜を折り始めます。パーツ4つを糊付けして桜一輪を生み出す手法、糊付け部分がしべに見えて綺麗ですが、折っても折っても終わりが見えない…! いつしか机に伏せて眠り込んでしまった2人の頑張りに、魔女(付いてきてましたw)が使った魔法は。

 目を覚ました孫娘が、光る中庭に目をやると。折った桜が中庭の木にびっしりと見事に満開に咲いていたのでした…!
折しも再放送の今は桜の季節。公園を彩る満開の桜と、遜色ない美しい桜に見えましたよ。翌日、孫娘さんと博士で揃って行っただろうお見舞いの手土産の桜の枝。店主さんはさぞ喜んでくれたことでしょう(^^)


 あと最近では、オリガミ博士が親戚のおばさんに振り回される「エミおばさんのにんじん」も面白かったです。
いつもアポなしで「ゆきおちゃ~ん(博士のことw)」と、ご陽気に現れるエミおばさん(久本雅美) 勝手に料理や掃除を始めて、作品の折り紙は潰すわ結婚しろと言い出すわ。温厚な博士も流石にキレて怒ると、実は家族にも同じ調子でお節介を焼きすぎて疎遠にされて「誰にも必要とされていない」と泣き出してしまうのです。 他人事とは思えない魔女の口添えで、博士はエミおばさんを折り紙作りに誘います。
 緑とオレンジが表裏の折り紙で、人参の折り方を教える博士。エミおばさんたら案外折り方が綺麗。実は繊細なのかも、と言われて喜んだり。あっという間に形が進んで戸惑ったり、間違えて笑い転げたり…。最初は「折り紙なんか」と言っていたエミおばさんも、博士の
「折り紙で人が笑顔になる。折り紙で人の役に立ちたい」
という言葉がやっと心に届いた様です。博士の凄さ、折り紙の素晴らしさを認めて、益々自分には何もないとまた弱音を吐きますが、おばさんはそのままで、居てくれるだけでいいんだよと励まされて元気に帰っていくのでした(^^)
 そして半年後。なんとあれからオリガミにはまっちゃったというエミおばさん。創作折り紙を手に意気揚々と、またアポなしでやって来たのでした。おそるべしエミおばさん!
ぐいぐいと陽気で、ガサツに見えて案外と繊細、というこれまた久本雅美のイメージにぴったりな役でしたよ。当て書きなのかな。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ