えええ、結局犯人は誰なの?次回に続くの?続かないの???

例によって死亡確認から始まったものの、依頼人が死刑囚笹川の身内だと姉さまから横槍が入って削除は棚上げ。デジタル遺品はなんと、笹川ではない男が容器に粉を入れている証拠動画じゃないですか。渡せ、いや消すの押し問答をなだめ、8年前の祭りで毒物混入事件が起きたという街に調査に赴く佑太郎です。

現場近くのレストランで味を褒めちぎり『この人のブログで見て来た』と、佑太郎が見せるのは混入動画からの画面摂り。運びが上手い! 警戒もされず判明した身元はなんと、市議会議員宮川ですよ。そりゃ、こっちは疑われずに前科者だった笹川が逮捕されるわけですねえ。

とは言いつつ、粉の匂いを嗅ぐ仕草が気になりますよね。毒物を持った人物のすることじゃないでしょw
そこに視聴者同様に気付いていたケイは、宮川に大胆接触。宮川犯人説で裏を取る佑太郎と姉を横目に、レストラン主人だって動機はあると妻と宮川が浮気していた証拠を集めてるしw あ、この動画を撮った人物はどうなの、ってもうその先はこっちでドラッグ、あっちでDV 笹川の息子も疑い、宮川の娘も怪しければ近所の八百屋もやりかねない!
ほんと、なんなのこの街は!どこでも同じと言われても!

「僕も妹を亡くしててて……」
と、事件で幼い娘を亡くしたレストラン店主につい肩入れをしてしまう佑太郎でしたが。偏向を攻めるケイが、佑太郎の事情を知っていることがショックな様子でしたよ。え、こんなに毎日個人情報漁ってる相手が自分のことは調べないとでもw 信頼というよりは、深く考えてなかったのかな……。雇う時に調べて当たり前だろう、と言い放たれるまで、友人気分でいたのかもと思うと切ないです。
そしてまた、問題動画を撮影した依頼人の経歴を洗ううち、交流があった女性に声をかけられて。死亡をふせたまま情報をもらう佑太郎。『みつかったら、教えてくださいね』ときらきらした瞳で言われても、もう死んでいるんですよ……。辛いじゃないですか。

そしてトドメのように、全てが無駄に。
今までだったら、死者の秘密を暴いてあれもこれも解決したのに。明るみに出さないまでも事情が判明したのに。今回は積み上げた山にハシゴをかけて登ったら、そのハシゴを蹴倒されて降りもそれ以上登りもできなくなったような中途半端で。笹山の死刑が執行されてしまいました。あああ。
いっそ、カウンターな調査などせずに議員が怪しいぞっとすぐ訴えれば少なくとも死刑は棚上げになったでしょうか。それとも、再調査がむしろ死刑を早めたでしょうか。

8年ぶりの祭りで「飲んだら死ぬって言われた」と、当時のことをつぶやく少女。外の人だった……って、誰なのー!勘違い、忘れなさい、と肩を抱く手に思わず力が入りすぎな女性は、何を思うのー!
「気持ちが悪い」
と吐き捨てた佑太郎は、もう同じようには仕事に取り組めないのでは?

ああ、最終回を早く見たいような見たくないような。終わりが怖くて、この宙ぶらりんなままでいたいです。