うわー、もう大波乱orz

冒頭の双子対決は、期待したほど盛り上がりませんでした。
制限時間1時間。クレアは脇目も振らず頑張ってるのに、ただただ泣き続けるショーン。何それ。
『クレアが残るべきだよ』
と、もう戦いを投げて勝ちを譲りましたけどね。見たかったのはそれじゃない。後から『私が譲ったから』とならないように、きちんと対決した上で負ける誠実さも大事だったのに。対決できないなら二人まとめて放り出すと、最初から言っておくべきでしたよね。

そんなわけで不戦勝でクレアが残り、モデルは番組スタッフの家族や知人が集まってそれぞれの希望の服を作ります。その上でテーマは活動的な女性の服。また、その服のためのオリジナルプリントがDixie社の紙コップとして製品化されるとか。服にも紙コップにも目を引くデザインにするって面白いですね!

「華やかに服がいい」と言われて、華やかは得意でしょうになぜかグレイの服を作ろうとするバタニー。ティムの意見で色は変えましたが、デザインした生地はどこに? クレアは白黒デザインをボトムに。上は黒にして形で勝負に行くようですが、その形が……斜めラインがまるきりマルガリータの先週のワンピース。 隣の机で、見たくなくとも目に入るんだとイライラを募らせるマルガリータ。なのにそのマルガリータに意見を求めるとかクレアまじかw やっとティムが「このデザインは見たことがある」と言ってくれましたが、「君の服で」がついたもんだから、マルガリータ更に逆上w
またマイケルとのスペイン語のやりとりも剣呑で、クレアが隠れてルール違反をしているそうなsのですが、上に報告する様子はありません(本当に自分の履く既製服のズボンを測って参考にしたとして、それダメなの? 以前、メンズチャレンジで男性デザイナーが自分のズボン脱いで測ってましたよねw)

さて、高評価は華やかな色初体験のケンタロウと、なーんとクレアw 気が散りまくったマルガリータはいいものが作れずに、聞かれる前から布が足りたかった等、言い訳を並べ出してもうすっかり負けモードです。しかし『告げ口はしない主義』と付け加えてしまったら、何かあったともう言ってるじゃないですかw
そして優勝がクレア! これでマルガリータ落ちたら切れまくりかなと思ったら、あれれ、その前にマイケルがランウェイから自ら去ってしまいました。
『フェアじゃない』
からだそうです。えええー。自分が優勝しても、それ言ってた?ルール違反だというなら、ジャッジされる前に言えばいいのに。その辺の揉め事が、また次週に持ち越しになるそうです。