<天国から来た男>
神保悟志が菊川怜を口説く!しかも人間じゃない?

なんとこの企画、台本なしw 役者が設定もセリフも考えるだなんて、まさに丸投げです。 ただし一つだけ決まっているのは女将の菊川怜を『口説く』こと! 打ち合わせで唸る役者神保悟志をまず見せてから、お芝居のスタートです。

小料理屋に現れた、笑顔全開の男(神保悟志)
飲み物は「焼酎の牛乳割り」しかも、できれば皿でw 骨つき肉の準備がなくてがっかりし、女将(菊川怜)の昔のことを根ほり葉ほり。高校時代のご近所の飼い犬事情に食いつく、その会話にはさまる荒い息づかいと、鳴き声と……小刻みに振り続けているおしぼりは、しっぽかな。
そう、実は男はダルメシアンのポチの仮の姿だったんです(^^;;;;) 
12時までにキスしてくれないと、また天国に召されちゃうよーと女将にキスをねだりますw いや、無理w 鼻を濡らして皿のミルク焼酎を飲み、魚も皿に顔付けて丸かぶり~。革ジャンの下に首輪とダルメシアン柄のシャツまで仕込んでいるけど、もう無理w

ハグでもいいとポチは粘りますが、渋る女将には他の人みつけたらとか、
「天に召されるところ、見てみたいかも(笑)」
とまで言われて、お会計もされて送り出されてしまいましたよ。お気をつけて~って、天国まで?

なんと終了後は反省会!
設定を知らされていなかった菊川怜と、犬と分かったのはどの辺かとか、おしぼり振りが通じてなくてショックーと語らいます。時間決めの一発撮りってことですよね、過酷(^^;;;;) また、出されたミルク割りが本当に焼酎入りで、しかもくらっとくるほど濃かったとか! 本物が準備されてるんですねえw
神保さんが犬設定を入れた理由は、素では口説けないと思ったからだそうですが、かえって無理でしたよね。菊川怜的には、カウンターを挟んでいる距離感もあり
「ガッと(カウンターを)超えてきてくれたら」
とこれまた無茶なことを。
「強引な男が好きなんだ?」
と分析されたところで、お後がよろしいようで…… .。

うわー、来週は小市慢太郎! その後は金子昇と渡辺いっけいと! うわー西村まさ彦も出ないかな!