ベネズエラ、カラカス出身のデザイナーがいた!応援する〜

ずっとお気に入りで見てきたプロジェクトランウェイですが、もうモンド以後ぐらいから服に惹かれずデザイナーも覚えきれず……。前シーズンなんて6話ぐらいにやっと放映してることに気づくも、そのぐらい減ってた方が見易いやとか思ってた次第(^^;;;)

でも今回は初回から録画できたし!
その昔、足掛け3年暮らしたカラカス出身のデザイナーもいて人柄も服も悪くないので、彼をまず中心に見ていきたいと思います(^^)
ロベリ・パラくん。32才ならいた時期もかぶるわ〜(だからって絶対会ってないけどw)政情不安定な母国を出、居候で頑張ってる彼の人生にPRが良いきっかけになりますように。
私が記憶の中のカラカスは、黄緑のスーツにオレンジのローファー履いたサラリーマンとかw むしろベネトンが茶色や黒い服売ってたりする、極彩色が普通な街でしたけど彼のデザインはむしろ沈んだ配色。そうそう、気温は通年20度ぐらい、冬服は苦手じゃないのかな。

日本風を連呼するオネエなコーネリアスも変な服で面白かったけど、えーと日本カットって具体的にどんな?
あと気になったのは、妻子LOVE(てことはゲイじゃない!)ドレッドのマー・ジン・ウォン。タイトなワンピ素敵〜
元ホームレスでのターシャ、オーバーサイズでみんなの母さんっぽいけどまだ33才w カジュアル楽そうでいいけど、ドレス作れますかね。

馬と暮らしてるブリク・アレン、リメイクデニムがめちゃ可愛い! でも経験不足が気になります。
 金髪元ニュースキャスター、リンダは 、3児の子育て終わって参加。ママ仲間としてはこちらも応援したいけど、毎回体力勝負なのは大丈夫でしょうか。服自体も、同じような境遇でノーキャリアな下がり眉キンバーや、モデルしながら服を作ってたほぼスキンヘッドママ、ロランス(娘24才息子6才!)の方がパワフルかな。

ほんと、ゆっくり好きな服を作るのと課題を駆け足でこなすのは違いますからね。さて、今度はどんな無茶な課題が出るんでしょうね。
楽しみです!