さて、キングオブグラブルコントどんな結果になったんでしょう。経過発表の順位では厳しかったかな……ぐらぶってたのにねw
10月は「着信御礼」出演も楽しみです!

「笑けずり(2)」#4 (9/23)
弊ブログではむしろ「乾杯戦士アフターV」でお馴染みシソンヌが講師として、定評のある演技力を披露。キャラの裏設定を極めていったら、コントとして笑いがとれるようになったとかとか。 そこをふまえて、リアリティを追求しろと課題を出します。
板さんは課題審査員で再度登場。
「この前と真逆のことをいうから!」課題も真逆ですから、そりゃそうなりますかw
またもボーダーの服で一瞬連泊かと思っちゃいましたよ。#2は黒多め、今回は白多めボーダーでした、どうでもいいか。
基本笑顔を抜かれつつ、厳しい評者でした。リスおじさんのコントには『リスで起きた笑いじゃなく、おじさんの次の発言で笑ってる』と指摘。洞窟ツアーコントには『片言の日本語がもう古い、ライブの高校生なら笑うだろうけど』と苦言。前々回、引き込み力を見せるコントでは演技力勝負になり、今回いざ演技を評価しようとすると逆にコントの構造が問われてしまうのですから面白いですね。

シソンヌの評で印象に残ったのは、袖。洞窟ツアーで毒グモが出ると聞いたら、捲っていた袖をあげて欲しかった、と。#3サンドウィッチマンの『赤い靴は…』といい、神は細部に宿るのですね。


「爆笑!キャラパレード」(9/24)
ゆりやんレトリィバァ苦手だったのに、ハリポタネタでかなり好感度アップw
<敬語のテストを受ける日久津くん>
お馴染みピンネタ『ことわざテスト』と同様国語の時間。敬語のテストが始まり、卑屈な回答をし続ける日久津くんの独白が笑えます。学園のアイドルからゴキブリを見るような目で蔑まれ、人気者イケメンくんには存在を知られていない男、日久津くんw 
綾部推しキャラに選ばれましたよ~(パンチラ効果か?)