超能力?
意識を失った来宮刑事(堀北真希)を、病院まで背負っていく峯岸刑事(壇れい)。ビルの外階段しかない死亡現場から、どう降ろしたのかが気になって眠れません。一目で着用ブランドや来歴や心の声を見抜く特殊技能はみ出し女が集う捜査七課ヒガンバナ、もしかしたら峯岸だって腕力増強スペックkホルダーなのかもw
しかしこの通称ヒガンバナ、七課にそれほど音が似てるわけでもなく。綺麗な花で毒があるってだけならベラドンナでもスズラン沈丁花キョウチクトウなんでもあるのになぜ。花束にして映えるからですか。更に、周囲が揶揄するか本人たちが自嘲で自称するのか、どっちかならともかく両方で言い合ってるって究極ダサくないですか。

そんなわけであまり期待もせず、可愛い堀北真希ちゃんを見ようと思ったら言葉は荒いわ陰気だわ喧嘩売るわ。でもその裏に隠した熱い刑事魂は垣間見えて、クールビューティー来宮刑事をちょっと応援したくなりました。幼い頃の凄惨な記憶が彼女を捜査に向かわせるのね。
特技は『シンクロ』。相手の気持ちが読め、事件現場では残留思念と同調して情報を掴み取ることが出来る……代わりに寝込む、らしいです。それも加害者/被害者、どちらの意識かわからないというのですからややこしいですよね。
今回のシンクロで口にした『嘘…つき』は結局殺された方の意識でしたが、殺した方もかなり興奮していたんだからそっちとシンクロ出来てたら早かったのに選べないw だいたい、その場で妊娠が嘘だと知ったなら衝撃のあまり最期の言葉がそれになるのも分かりますがね、元々知ってたのにねえ。
そうそう爆発物のキーワードが「嘘つきの数字」ってのも、たまたま現場を目撃してた男がなんで出産予定日まで知っていたのか。脅して動画撮らせた件も、目撃場所からそっちに降りて脅して、じゃあ僕はアリバイ作ってるから外梯子登って動画撮ってねっ時計もちゃんと映すんだよ!って、なんてあなた任せなw 逃げられたり、それこそ自殺されちゃう可能性だってあったのにねえ。
実父が乗った船に爆弾が仕掛けられてスルーだったのもどうだか。孫孫いう父がいなかったら偽装も特別養子もせずにすんだのに…なんて剣呑なセリフはありませんでしたよね。
おや、こう書いていたらダメダメですねw 見てる分にはシンクロの特殊効果とか楽しかったのですが。

来宮にちょっかいかけてくる記者にDAIGO、新婚オーラ全開で今一番安全な共演者です。てか堀北嬢も新婚なのに!もっと笑顔いっぱい幸せいっぱいなお仕事なかったんですかねえ。