そっか「みぞうゆう」と読んだ首相はあのとき入れ替わってたのかw (とんだトバッチリw)

首相とバカ息子の入れ替わり~。定番、入れ替わりドラマに楽しい一本が追加になりました。通常2人だけの秘密なものですが、このドラマだと周囲に即バラし、側近が即信じてサポートしてくれるところが変わり種ですね。そしていまどきなのは、息子が女子力高くて花柄着てジェルネイルをしてあげる子だってことです。なのでガッキーと舘ひろし父娘が入れ替わった「パパと娘の七日間」見てるのと印象が似てるかもw


首相に決まった泰山(遠藤憲一)ワニ顔w 大学生の息子(菅田将暉)は家に戻らなくなって久しく、わざわざ探し出して「問題を起こすなよ!」と念を押すも、フェミ男子な息子には「父さんとは違う」と言われるばかりなのですが。国会の真っ最中、父の奥歯の痛みと殴られた息子の昏倒がシンクロし……入れ替わった!!

生中継の国会で、あんな挙動不審が流れたらそれだけでもう健康問題が取りざたされて大変でしょうがw とりあえずは自宅に親子集合、中身息子の父は泣くわ、中身父の息子は怒鳴るわ大騒ぎです。 しかしなんでいちいち股間チェックなのw 鏡より、手を見るより、自分だーってパーツなんですか?(自分ならどこだろう、お腹つまむ? 娘なら盲腸の跡があるよん)

不仲な妻はともかく、首相側近がすぐ入れ替わりを信じてくれたから話が早くて楽チンです。翌日から早速、首相の仕事と就職面接に分かれて行動。もうそれだけで、面接では堂々と偉そうで有能すぎるんだろうとか、首相としてはいつにない優しさで人気が出るんだろうなとか、予測がつくじゃないですかー。でも、大臣失言の真相を「お友達が自殺しちゃってぇ」と涙ながらに報道陣に語るところはさすがエンケン、わかってはいても顔とのミスマッチで面白くて仕方ない場面でしたw 銀行で仁王立ちの息子の方も、なかなか堂に行ったもの。菅田将暉くんやりますね!


じゃあ案外うまくいくかと思ったら、キタキタ思わぬ落とし穴。国会答弁の「未曾有」も「直面」「発足」もあれもこれも、読めないよ!(これでよく大手銀行に就職希望したもんです)私立エスカレータ進学の実力をみろってかw

……と、これからの波乱を暗示して1話の終わり!

楽しかったです。実は原作は池井戸潤でびっくり、経済問題もきっちり描かれて、我が家のJKからオヤジまで一緒に楽しめちゃいますね。とりあえずカレー屋の経営は、父と側近ですぐ立て直せそう、フェミ息子視点で国も良くなっちゃうのかな。 夫婦の不仲と、息子の恋の行方はどうなるw 
エンディングのダンスもナイス!
次回も楽しみです。