あんなの月(ライト)じゃない、Lじゃなーい!! とはいうものの面白かったデスw 松田くんもいちいちチャラうざくてステキでしたw


そもそもの〈名前を書くと殺せるノート〉〈死神〉というアイテムは子供だましながら、小出しにされるノート利用法や天才Lとライトの斜め上の行動で、読者に思考勝負を仕掛けて引き込んだのが、原作「デスノート」(最近では「進撃の巨人」がそういう楽しみ方をされてると思いますデス) 主人公は超天才だわ変な名前だわ、殺人犯故にわざと共感をしづらい設定にされていたとか。

…なのに時代は移り”月と書いてライトと読む”程度の変名じゃ目立ちもしない現代w

ドラマ化にあたっても名前は同じに、ただし超天才から凡人にどーんと格下げになったのは共感しやすくて正解なんでしょうねえ……。JKで生意気な妹に振り回されるライト兄ちゃん、夢は安定公務員orz


最初の殺人もまずは元クラスメート、次に父親を守る為というまあ卑近でわっかりやすいところから始まっちゃって、これLの捜査が入ったら即逮捕だよーと呆れるばかりなのですが。原作知らない視聴者を思えばいきなり世界平和言い出されるより納得なんでしょう。

いちいち死神リュークに驚き、アイドルオタクで、居酒屋バイトして、二人殺しちゃったと自殺を図り、じゃあもっと悪い奴にデスノート渡しちゃおー☆というリュークのゆさぶりにまんまと「じゃあ僕が!」と手を上げ直し(ダチョウ倶楽部か!)、毎朝せっせと悪人を殺しては涙ぐむ、いやあ窪田正孝が……もといライトが可愛いよ(><) Lの挑発にまんまと乗るおバカ加減も、このライトならさもありなん。


要は窪田正孝鑑賞ドラマなのか?そこはこれからのLにかかっているでしょう。

松山ケンイチのLが、原作に忠実に変な座り方も変な摘み方も目の下のクマも再現した見事なLだっただけに、今ドラマのLは違和感がありまくりです。ミサより肌綺麗ってなんですかw そのうち見慣れれば、キザで綺麗で普通なLも受け入れられるのかも(もう時が過ぎ、映画と同じキャストでドラマ化は不可能。松ケンはLでなく「ど根性ガエル」のヒロシくんなんだから……ねえ)

ホント、事前に気を揉んだ割に、案外楽しく見られましたから。現時点では最終回まで見届ける気満々です。全世界あちこちで放映しているそうで、人気が出てくれたら窪田正孝くんワールドワイドに大人気大出世ですよーん、どうなるのかな。

リュークのCGも違和感ゼロで、連ドラでこれをできる時代になったんだなあと感無量です。何しろ月と書いてライトも(略)


ただし初回拡大はちょっと長かったです。拡大にせず、ダミーLが殺され本物Lがテレビ放送からキラに宣戦布告するあたりで終わりにしても次週への興味がひけて良かったんじゃないかな。