いいドラマでした!


NHK高松放送制作、香川発地域ドラマの全国放送です。

銀行マンの鉄平(桐谷健太)は、東京や海外で巨額の融資を動かすつもりが地元香川の『うどん融資課』に転勤になり、哀れ単身赴任。

うどん屋開業資金や店舗移転の融資相談にのる事に。

商売の相談の筈が、浮気調査や嫁姑の愚痴合戦に巻き込まれ……家に帰っても、電話で嫁の愚痴。いい加減にしてくれー


と、冒頭からテンポよくすっかり物語に巻き込まれました。

タイトルの「うどん融資課」本当にあるそうで、さすがうどん県w

何度もアップになるうどんが美味しそう!でも盛りつけはシンプルにネギだけでどこも一緒なんですw 一杯190円とか150円とか、驚きのお値段ですよ~。セルフってなんですかw

ひとつだけ残念なのは「うどんは食べずに呑む物だ」という言葉だけで、その実演が見られなかった事w 俳優さんは台詞言う加減もあるでしょうけど、お客さん役でそれみせて欲しかったなあw


そして仕事にも慣れた頃、サトエリ来店。

義父の代からの田舎の店舗をたたんで、高松市内の実家で新店舗を出したいと。サラリーマンも多い好立地。旦那さん(駿河太郎)の打つうどんも美味しくて、高額融資が見込めるとほくほくの鉄平でしたが……何故か旦那は移転拒否。

移ればもうかるのに…と、奥さんと一緒になって移転をすすめる鉄平だったのですが。

「夜明け前から仕込みに励む父がカッコ良かった」

「地元の人においしいうどんを食べさせたい一心」

と迷いのない旦那に、あまりに違う自分と実父の関係を思いだしてざわざわ。そのうち旦那も折れて移転が本決まりになるものの、常連客の惜しむ声も聞いて、逆に鉄平に迷いが出てきたりして。

銀行マンの得意技、算盤片手に弾き出したのは徹底的なコスト削減&新規定収入! 割り箸代や自販機の設置、食堂への卸契約などで地元でも豊かにやっていけます!どーん!


ラストでは、上京以来すっかり不仲だった父に会いに妻子と行く話も出てハッピーエンドです。


サトエリ奥さんの立場で考えると、実家に戻って市内で暮らせば友だちも近くてスーパーもオシャレな店も多くて、引越を楽しみにしてただろうなあと思うんですけどw

それに、相談に乗ってた店の嫁姑バトルも、鉄平自身の嫁と姑の不仲も、言ったらすっきりした☆程度のなしくずしに上手くいっちゃってて、そんなことあるかーと思ったりw


それでも、地元に何十年も愛されて、朝の6時から来る数人の客の為に準備してくれてる店を、効率ともうけだけのために移してどうするって考え方は好きです。

もうける融資はまた別でがんばりますから!と、今日も元気な鉄平くん。がんばれ。


旦那など、面白い連ドラが始まったと喜んでいたので、1話限りと知ってがっかりw 


また何かの折に2話3話と、いろんなうどん屋をめぐるドラマをみせて欲しいです(しかし桐谷健太は四万十川でも地元民の役で四国づいてますけど大阪の人だよね)