水戸黄門を思い出しました。

諸国を巡る花咲舞(杏)があちこち支店の悪を成敗するのじゃー。フォッフォッフォ。付き人助さん格さん役は上川隆也が一人で兼任ねw


本部の「臨店班」というのは、支店の問題を指導解決するのがお仕事。「半沢直樹」で聞いた気がするけどあの時は敵側で、こんな可愛い女の子が来る様には見えませんでしたよ。同じ池井戸潤原作でも違うものです。

でも地味でお固い原題「不祥事」から、ドラマは似ても似つかないタイトル(おまけに主人公の名入り)に変えられているところは一緒。TVと小説の売り方の違いが見えて面白いです。


初回は、100万円計算が合わない騒動。

1円合わなくても全員帰れない、でも例え1円でも自分で出して補填するべからず!というのが銀行だとよく聞きますが、そんなところでどーんと100万円消えるとかありえない大金じゃないですかー。


結局は、パワハラ支店長の業績を下げてやろうとベテランテラー(窓口係)の木村佳乃がわざと一束隠したことを花咲舞が暴くのですが、なんとお金は戻っています。支店長と腰巾着が自分の口座から下ろして補填w

100万円自腹切ってでも、不祥事になるのは避けたいとは。コワイところですね銀行(><)


その後の支店長とテラーへの処分を、所用で確認しそこねましたが。例え警察沙汰でクビでも、花咲舞のおかげで言いたいことが言えたテラーさんは笑顔で辞めていけることでしょう。男社会の銀行で、言っても無駄、やっても無駄と諦められていた声を、これから花咲が拾って助けてくれますよー。


元気に楽しくスッキリ出来そうです(^^)