主演:賠償美津子。

でも主役は板倉俊之、なのかもPart2w

小狡いけど憎めない小悪党は、はまり役でした。ハンチングだの白スーツに白いパナマ帽だの、昭和レトロなおしゃれも似合って、鑑賞中ニヤケっぱなしでした。苦労したという関西弁もご愛嬌、更に濡れ場まで!きゃー(><)

しかし。

正直、映画としていまひとつ。初監督のキム兄が、この事件おもろいな、映画にしたらどやろ?とでも思ったまんま、ただなぞっている感じでしたよ。


物語は、戦後実際にあったニセ札事件が下敷き。

板さん演じる大津は、ニセ札詐欺を考案し校長(倍賞美津子)や村人を巻き込み、騙し騙され、最後には命を落とすという物語の中心人物です。

貧しい村の人が必死でためたお金を狙う資金作り。だましているはずなのに、感謝され拝まれたり。おまけに職人(木村祐一等)を集めてのニセ札作りの試行錯誤はまるで文化祭の様に楽しくて

「本当に出来るんじゃないか」

とか言い出して、影の黒幕だった恋人(西方凌)に怒られる大津。そう、影の黒幕は彼女だったんです。

集めた金を持って逃亡を計画するも、もちろん失敗し逃げ惑う大津、駅で彼を待つ女……。この辺も板倉ファンには見せ場ですが、そうでない人にはどうなんでしょう~。

クレジット通り倍賞校長を主役だと思うには、最初は激怒した詐欺話に結局は加担し、村人を騙した心の動きがよく分かりません。「誰も死なないなら」オッケーと名士さんも言ってたけど、結局大津は殺されてしまった。それをどう思ったのかもないし。小金稼ぎの動機のひとつだっただろう知的障害のある養い子(青木崇高)も、村の貧しい子達も、その後どうなったんだか。