なるほど、いい話。


すれ違うバイキング親子、でも最後には父も息子の良いところを認めて誇りに思うのでした。……というか、マッチョで族長な親父が、戦って殺す以外の敵との付き合い方をオタク息子から学ぶお話。これがうけるとは、「アバター」とは違う層もアメリカに居るってことですねー。


ちなみに原作もシリーズを5冊ぐらい読みましたけど、違い過ぎw

原作では、卵からドラゴンを育てるのは村の通過儀礼。そうやって共生しながらも、相手をけがさせたり殺したりしちゃイケナイことが分からないドラゴンて、人間とはつくづく違う生き物だねーって描かれているのに、映画だとドラゴンだって優しい生き物で分かり合えるんだ!ってなっていて真逆w よく原作者が許したものです。


アニメらしいスピード感あふれる動きは最高!