宣伝乙w

そういえばシリーズ前作も本編映画の宣伝だったんだから、今回も同様で筋は通ってます。
それなのに真面目すぎが違和感の元だった前作でしたが、今回は謎解き役を『天才小学生』にすることで程よくバカっぽくていい感じかもー。

そんなわけで事件は、宝石を狙う強盗団から送られる、謎掛けつきの予告状。
「24時間寝ない駅と24時間覚めない駅の間」…が根津駅と鮫洲駅の間と、サクッと女子小学生が解きましたよ!たまたまその予告を聞いた矢部と、そこを通りかかる監察官w

警視総監が「お前にまかせる!」と指差した先がちょうど矢部だったりw それをきっちり録画、後で証明してみせる秋葉(池田鉄洋)といいコンビです。
そこに孫娘が加わってトリオか?と思いきや、子どもには邪険なのもいいかも。推理の結果や、総監の脅迫ネタだけは聞くんだよねw
そして総監と矢部のやりとりを誤解した監察官が、どんどんと矢部を切れ者と勘違いしていく様子は鉄板で楽しかったですw
(一方の東大君「東大なのに!」ネタや、駄菓子屋「ちっちぇえなあ!」ズキン☆ネタは。毎回ずっとするのかと思うとめんどくさいわぁ。)

山田の大家のハルさんと夫ジャーミーが宝石屋にスイートテンリング買いに来て、捕まってたのには笑いましたw そりゃ怪しいw そして金髪刑事さんがもう廃業で登場しないのに、ジャーミーさんはまだ日本にいて出演してくれてるんだ…。
賀集利樹 の役名が網戸で「あぎと」にも苦笑w いろいろ若い人には分からないネタが山盛りですよね。しかし秋葉の「萌え〜」も。最近は言わないよね、きっとw