高校で名物先生が殺される。


女子高生に聞き込みをしようとする仙堂刑事(正名僕蔵)が、変態扱いw 普段は容疑者を軽く脅迫したりする人なのにね。毎回いい場面をもらっていて、どんどんこの人が気になって来ました。(鑑識の村木さんの場面も毎回楽しいのですが、どんどん可哀想になってきちゃって。寝かせてあげて~)


捜査は、例によって糸村さんがこだわったのが「中国茶の茶碗」。

茶葉を探して凶器を発見したり。ネット活用でその茶碗を扱う店を特定、失踪中の女生徒を発見したり。彼女が容疑者から外れる情報集めになりましたかね。

そしてイラつく森田さんなのですが……だんだん糸村への当たりがソフトになって来ましたよね。
もう物を投げつけたりしないw 彼流の捜査を認めてきた様です。 

そして聞き込みや過去の生徒との関係と、物証命の糸村なら気にしない方向から真犯人を見つけてくるのでした。結果、両輪で上手く行ってます(^^)


つまり事件はスピード解決。

犯人はシンプルで分かり易かったのですが……殺された先生に謎が残りました。結局、先生は本当にあの元生徒を忘れていたの? 過去の万引き事件で優等生を見逃したことも含め、普通は落ちこぼれくんの勘違いで、先生はちゃんと生徒のことを考えていたよってなるものなのに。

教科書発注だって、いきなり取引をやめるなら新米の担当者じゃなく偉いさんとお話しして下さいよ。元教え子でなくても、あれは殺しかねない大損w


パティシエ留学の容認も解せません…。

息子の教え子の言葉、ひいては自分の息子の言葉に心を動かされて…という部分は良かったのですが。

わざと留年して家出で海外って、どれかひとつにしといて(><)