着物も着れないの!?


元従業員にも「鴨スケ」呼ばわりされてる鴨。先代女将の娘なだけで、掛け軸も額の文字も分からない、着付けも出来ない。崩れた料理をそのまま運ぼうとする、なのに「中居ぐらい出来るわ!」ってその自信はどこからくるの。もの知らずって怖いわー(><)

そんな鴨を、今回やっとガツンと怒ってくれる人がいて溜飲が下がりました。

元中居頭の鞠子さん。

このまま鴨が上羽やを売れば、鞠子さんが女将で迎えられることがほぼ決定。上羽やの全てを知っている鞠子さんには、何一つ知らない鴨はそりゃ歯がゆいでしょう。私たちだってイライラ見てるのに(><)


しかし今回、思わぬところで母女将と鴨がそっくりでしたよ。

宿泊客の病変に、足袋裸足で京都の街を医者連れて駆け抜ける鴨。15年前の女将も、産気づいた客の為に産婆さんをおぶって同じく足袋裸足で走ったそうですよ。ちょうどその時の親子が宿泊で、その晩こそが鴨がインフルエンザで発熱40度なのに母が戻らなかった晩と分かって、少しは鴨の恨みも解けたものかな。


そしてやっと、3話目終わりにしてやっと、従業員に謝罪して、旅館立て直しの為に手を貸してくれと頼んだ鴨。遅いぞ!

そして登場の鞠子さんが『女将は鴨さん』と高らかに宣言です。

そ、そうか一応跡取りだしね…

と思ったら、雑巾がけに庭掃除、水槽そうじにほこりとり水まきと、下働きから始まりましたw

だよね!
普通1話で済ませるだろう展開にやっとたどりついて、タイトルから期待した新米女将奮闘記にやっと次回からなるわけですよ。ああ楽しみ。 


今回、鴨が旅館とは別の住居で育ったことが分かって納得でした。何も知らないわけですね。

あとまだ残る謎は、おじいちゃんが仕事を首になってもまだ毎日来ていけている花。あの花代はどこから来ているのかです!お花も生け花用の、枝ものなんか特に、お高いぞー。