料理って楽しいな~&子どもの躾が悪すぎる回w


江崎のオーバーアクション料理、真似したくなるの分かる分かる!

そして皿を洗う人、野菜を切る人、塩を振る人、盛りつけて回る人wと厨房をちょろちょろ覗いて歩く数馬の息子。衛生的にどうよとは思いつつ、活気に満ちた厨房を楽しんでいたら自分の父親だけがだらんとやる気のない様子に、みるみる息子の顔がくもる演出は分かり易かったです。


そんなわけで、今回の主役は料理への情熱を失っていた数馬
(パスタ主任ってパスタイオって言うんだー)

前回から妻子と別居中な伏線はありましたけど、突然子どもだけ妻に預けられてロッカビアンカで子守り。ふてくされ、息子もいる前で江崎にキレたりする数馬でしたが、なんだかんだで初心に立ち返って新作メニューにも採用され、すると妻の愛も戻ってくるという実にベタな、でも楽しい「いい話」でした(^^)


女性陣が大喜びの、職場恋愛事情。ロッカビアンカで披露宴をした写真は出るわ、今井シェフが映ってないのは花嫁を当時好きだったから?(^▽^)
「まずい」と言われた江崎がムキになって子ども向け料理を作りまくるエピソードも楽しかったです。別れ際に出された料理も、ニヤッとしながらやっぱり「まずい!」なのが子どもらしいし、頭を抱える江崎もまるで子どもみたいでナイス(^^) 


しかし息子:翔馬の躾悪さがダメダメでしたねー。

登場するなり江崎の料理をダメにし、泣けば許されるって9才じゃダメでしょう~。ギリ5歳児の行動ですよね。そして母親が迎えにくれば「ママーママー」と叫びながら営業中の店内を駆け抜けるとかありえない!元ホール係の母親なら、裏に回れ裏に(><) 
家庭的な店と、なってない騒々しい店の違いをちゃんと分かっていて欲しいです。