ええ~怖w

1巻だけ読んだ原作は、もっと「いい話」寄りで、人生を見つめ直して再スタート!なイメージだった気がするのですが。巻を重ねる中には怖い話も多いのか、夏にドラマ化ということでホラーに重点を置いたのかな?


優しい母に、可愛い恋人を紹介して結婚目前。幸せ一杯の青年(窪田正孝)が迷い込んだ不思議なビルのプレートの文字は

「走馬灯株式会社」。

貴方の人生をDVDで見せると唄われ、どうせ詐欺だと斜に構えていた青年だったのに。次々と記憶にない乳幼児期の出来事、自分が誘拐された日や納屋が嫌いになった日を見てしまい真実を知り……。

ラストが怖いー!!

それも、ポンとひと場面でみせてくれた演出が良かったです(蛇足な解説が無いって、視聴者を信用してくれてて嬉しいわw)


ゲストを迎える妖しい美女にオダジョー妻。

物語の主人公は毎回ゲストで、株式会社側の人間は狂言回しになるようです。そりゃそうですが。どうやら無料のサービスを、何故してるのかとか、利益や目標はあるのかとか、彼女側の事情は描かれるのか、それとも最後まで謎のままなのかとか。「走馬灯株式会社」そのものの描かれ方も気になりますw

(原作では山奥にぽつんと建っているのに、このドラマだとめちゃ街中なんですもん)


ドラマ最初の方は、初めて婚約の挨拶にお互いの家に行った頃の話など旦那としつつ和やかに見てたんですよー。で、初対面の母と恋人を置いて自分は外出って酷いやーなんて彼女目線だったこともあって、いろいろ破壊力倍増でしたw
旦那はもう怖いから見たくないそうで、次回から1人で視聴……は嫌だなあ。明るいうちにみなきゃw


<原作1巻、ネットで無料で読めます>→7/30まで「貸本Renta!」で