何がダメでも山の景色は奇麗。


<2>

山をなめるな!

というなら、最初に高山特有の注意事項ぐらいレクチャーしてください。若造エリート医師が聞く耳持たなかった訳でもなし。

で、不注意で見逃したツアー登山者(内山理名)が途中で脱落。

医師が探しに行くって……。

いや絶対、残るべきでしょう?たまたま発見して応急処置が出来たけど、別ルートに居たなら戻るまで待たせることになるかもしれないのに!

それと背負って搬送。

リュックとストックを使って背負子を作るまめ知識には感心しましたが。慣れない事して、手足ガタガタじゃないんですか。『夕日が無影灯の様に明るい!』と落日までに手術するのはいい場面でしたが、それを見ながらも、手が震えるんじゃないかとか気になって(&手術ダミーの手が指太すぎw)

医師が背負って救助は、他の回の人手が足りない時にでも回して欲しかったですよー。そしてなんで動いて落ちたの内山理名は!


<3>

手術の内容をべらべら喋るなよー


母重病で、突然下山した向井先生。

代わりの医師が間に合わない、隙間を狙ってちゃんと来ますよ病人が。お前ら責任取れと夫が怒りますが、待ってよ。なんで病人が高山に居るの…。ルート変えて診療所まで来た、じゃなくて下りましょう。市販の解熱剤ならもっている?なら飲めよー!(てっきり、山小屋の爺さんが倒れるのかと)


結局母は助けられず、最新鋭の機器があってもダメじゃないかとショックを受ける向井もとい速水先生…なんですが。そこに来たお礼の手紙で突然の立ち直り。右手の腱を切ったばかりの内山理名、達筆ですw ここは笑う所なのか、そんなに時間が経ったのかーと思うところなのか。でも葬儀前、ほんの数日後ですよね。


尾野真千子元看護士の無神経な電話だけは、同じく母を亡くした者という気持ちが暴走して……と納得してみないでもありませんが。なんかあれこれ雑ですんなり見られません。

ついでに言うと、母の動脈瘤にとどめを刺したのは婚約者の見舞いだったかも。安静のところに無理させましたよね(><)


それにしてもガミガミ怒るよね…尾野真千子も病人の旦那も。

私事ですが、ガミガミ五月蝿いと正しくても聞きたくないと言われて大げんかしたばかりw ドラマ見ながら、確かにそうだよねと反省しましたけど……でもじゃあ静かに言って聞かないからそうなったんじゃないのかよー!

さておき、ドイツ留学をふって山に戻ってきた速水先生。もう元看護士は怒らなくても良くなるのか?

次回はヤマシゲ主役、見なくちゃ!