主人公は看護士長(中谷美紀)なのでしょうか。ナレーションの岡田将生くん陰が薄すぎw 医療ミステリー というよりは 野田聖子に代表される『産まなきゃいけない』にとりつかれた女の悲劇、なのかもしれません。


両親を亡くして貧しい暮らしから一転、財閥の御曹司に嫁ぐ花嫁(加藤あい)。

披露宴中に流産、安定期でもないのに無理するからですよ(><) 子宮も摘出。ここから嫁いびりに発展するかと思いきや、前妻との間にもう子どもがいるので夫も姑も優しく気にするなと言ってくれ……いやもしかして、跡継ぎの地位安泰のために仕組まれた流産か??疑いだすときりがないよね。


我が子欲しさに壊れかけた加藤あいは、実姉中谷美紀に代理出産を依頼。その結果が冒頭の、雨の中置き去りにされる妊婦なんでしょうが……さて、あれのどこが加藤あいの利益に?
『欲しいものはみんな手に入れてきた』と前妻に皮肉られる加藤あい。でも妊娠出産だけは、例え子宮がまだあったとしても授かり物なんですけど。現代医療はその辺の仕切りを飛び越えるから。

思わせぶりなタイトルは、『聖職者』と自らを呼ぶ夫たち学校経営者を指すのでしょうが、怪物っぷりはまだこれからです。見続けるかは2話見て決めます。