屋上の風船の森(山びこ付き 笑)!
私だって行ってみたいわあれは!!外来児にも解放して欲しいですね?。

夏だ!サマーだ!!と例によって空回る参太郎。
「僕たちに夏も秋もないんです」
とクールな病弱児たち。だよねー。病気なこともそうだけど、院内って24時間空調効いていて、季節感皆無なのでますます。

そこにやってきた糖尿病のチカちゃん。
歓迎会だ!と大騒ぎして、よかれと買い与えたお菓子で病状悪化させて。お仕置き注射までされて。
さすがに凹んだ参太郎を、なんと今度は八重っチ、和田っチ&メガネちゃんが歓迎会やろうと引っ張ってくれる展開にちょっと感動しましたー。
そういえば初回で放送室乗っ取ってたし、決して無気力なイイコちゃんたちじゃないのだけれど。能動的に生活を楽しんでくれているとやっぱり嬉しい。
また、チカちゃんと並んだ中学組が大きく逞しくみえて益々嬉しかったですね。

例によって小道具すごすぎるけど!そこも例によって、シルクちゃんつながりでしょう。

糖尿病、辛そうです。
うちも入院時、注射の練習をしている子と同室になったことがあります。聞こえてくる諸注意が長い細かい怖い(^^;;;)
その前の、こっちが断食10日目で水すら飲み込まずに吐けと言われて泣いてる時には白血病の子が隣で食べ放題、見舞いにケーキだジュースだたこ焼きだー。で、こっちがやっと食べてよくなったら隣が入れ替わって食事制限、匂うオヤツは避けるとか気をつかったものです。相部屋ってややこしい。
……でもドラマではそんな食べ物のことよりも、お母さんが来てるのが羨ましかったところが余計に可哀想で泣けました(><)
『うちの子はしっかりしてるから』って、健康な子でも認めすぎてほったらかしてしまったりするものですが、病気の時ぐらい甘やかしてかわいがって欲しいよねー。まして一生続く病気なら。
(で、中学生たちの親は…・もう大きいから時々しか来ないの?合宿状態なの?)


山びこ、絹先生が返してるのが面白かったのですが。
チカちゃんのところだけは、お母さんも一緒に叫んじゃうぐらいでもよかったのかも。
『お母さんと一緒にいたーい』
『お母さんもチカと一緒にいたーい』
うわ、恥ずかしい(^^;;;;)でもドラマだもん!

絹先生のコーヒーもごちそうになった参太郎。
少しずつ認められては来ているんだけど。やっぱり声はでかいしKYだし。そういえばせっかく思いついた”一緒に食事作戦”も不発だったよねー。どうせまた来週も何かしでかすのよ。
でも確実に、あのはしゃぎっぷりに慣れて来ています(^^;;;)悪い奴じゃないしねー。