「もう二度と、刀を手にするな」
いずれ医師として、人の命を救う身なんだから。と章を諭す左近。優しいなあ。
……その前に、一度
「馬鹿野郎!」
とぶっ飛ばしていますけど。
実際、役立たずなのに斬り合いの場でうろうろし、女の子は家にいたらいいのにといわんばかりのバカはもう一度キュッと絞めたって良かったんじゃない?

でも”助けたかった”とただただ身の安全を案じられるのは勝手の違う体験なのかも。
それは、常に傍で闘い守ってくれる若狭とは全く別の気遣いだから。

前回弓月王に告げられた、若狭と左近の関係。
今回、「それでも許嫁ですか!」という章の言葉に特に異論ははさまれないってことは、本人も了解済みなんだ?だからといって、特に抱き会う2人を目撃しちゃう訳でもなく。住む世界が違うなりに、突進している章です。
(闘う妻を治療する夫。ジャガー横田夫妻みたいなのもいると思えば、案外似合いの2人かもしれません)

えーっと、以上が捕らえられた左近を救出に行ったときのやりとりについてです。
じゃあ何故捕らえられたの?誰に?という部分が本来の事件になりそうなものなんですが、木綿問屋と奉行の裏取引がどうこうとか、印象薄かったです。(左近への拷問も……手ぬるく済んで良かったー^^;;;;;)
章に詰め寄られた若狭が
「誇りがあるから、命を賭けられる」
と、自分たちの絆を語る場面も素敵だったのに、じゃあ章が命を賭けて守れるものはこれだ、という答えが描かれなくて残念。(ああ、それが現時点では”左近”になってしまっているということかもしれないけど……守ってないもんなー ^^;;;;)

「青二才!」
と若狭が章を怒鳴りつける場面。貫禄の若狭に対して、あまりにはまる章の形容なので笑ってしまいました。

江戸での勉強を勧められる章。
いよいよ別れの時が近付いています…。

6話 5話 4話 3話 2話 1話