駐在さんの特別授業、面白かったー。
「先生は悪者で島に潜伏……それとも男かも!」(笑)
素直な子供達がちょっとそう思っちゃうじゃないですか、駄目ですよ!
でも、あまりにも孤立して暮らしていた先生に一歩踏み出すきっかけを与える為のお芝居なら、駐在さんGJ!(なるほど、狭い部屋でくつろぐ先生の場面、だから良く出てきてたのね)

1話以降、特に気が向かずリタイアしたつもりでいたのですが。とうきび兄さんとのデートあたりから何となく見始めたら、面白くて止められず。
島の人間関係は狭い、でもそれを狭くしているのは先生自身だ……という駐在の言葉は、都会でもそのまま通用するのかも。
都会といえば、駐在さん何かへまをして左遷されたのかと思っていたら、自らの選択で来たんだとか(それは先生も同じだったのがまた皮肉)

ちょっとラブ♪も芽生えたみたいで、これは次回も見なくちゃかなー。