「危ないですよ」って、パンツ見えてるよその角度(><)

前回はスカイダイビングを志願、アクティブなところを見せた想くんでしたが。今回は塀から出入りすればボロボロ、ちょっと走って座り込む安楽椅子探偵。
行動派のヒロインときっぱり役割分担で、楽しくなりました。
(忍び込む彼女の携帯が、マナーモードになっているか確認する想と、そのメールを読んでも無頓着に鳴らしっ放しの可奈の対比も可笑しかったです 笑)

まあ事件は自然死。
あの人が殺したのかも、と関係者がかばい合ったせいで話がややこしくなっていたんですねー。

……と、ジュヴナイル的に満足していたら、ちゃんと先があったので逆にびっくり(^^;;;)
そういえば人形の目がアップになってました、ました。
電気を溜めるような仕組みに作ってあったんですね。
いやでもそれって狙う人には発動せず、違う人を100年後に殺しちゃう可能性もあるわけで、杜撰じゃない??(←追記*静電気ごときでペースメーカーは壊れませんと抗議があったそうで公式サイトに訂正が掲載されました。ですよねえ)

冒頭の授業での熱唱(笑)も最後にきっちり拾ってオッケー!かといって説明台詞は最小限。脚本が「ちりとてちん」の人だったことを忘れてましたよー。
こうなると、可奈は可愛いけど一本調子、想はローテンションというメイン2人の堅さが惜しいところ。
一緒に盗み聞きの場面なんて、可奈のうなじにちょっとはドギマギするぐらいの青春らしさがほしいんだけどなー♪(「OLにっぽん」三十路の2人の方が100倍甘酸っぱかったよね)

パパのお約束なズレっぷりも、楽しくなって参りましたー!