「はい、防弾チョッキだから仕方ないね!」(笑)

2話の空で逆ギレ右京さんにも笑いましたけど、今回の子供相手に無茶言う右京さんと亀のテキトーな受け流し、たまりませんでした。子供ぜんぜん納得してないよ?
「ますます細かいスね」の芹沢といい、遺棄死体の家族を「他人と思えない」鑑識さんといい、それぞれのキャラが冴えてます。
それでこそ、本筋の捜査が引き立とうと言うものです。
え?捜査??1話でするなって釘刺されてなかった??

えーっと、2話での瀬戸内逮捕があまりにすんなりで拍子抜けしてしまいまして。だからって実は瀬戸内が殺してたとか言われても困るワケで、あれが妥当と頭では思っても、感想かけずに3話も観ずにほったらかしになってました。
でもやっぱり面白いわ「相棒」。
今回いい話だったー(><)

タイトルにもなった「隣の女」、こうやって推理ドラマで観ている分にはそりゃ、入れ替わったんだなとそのうちに気がつきますけどね。匿名係がそこに近付いていくきっかけがいちいち、細かくてしつこくてたまりませんよ!!
亀ちゃんのおばか発言にかぶさる”カーンカーン”ってBGMも好き(笑)

しかしこれ幸いと入れ替わっても、通帳判子鍵の置き場所からサイズの合わないブラ趣味の違う服(^^;;;)カードの暗証番号。本籍地は一体どこなのか?健康保険や年金が未払いだったりしたら地味に痛い?
他人になりすますのは尋常じゃない手間だとは思いませんか。

それが苦にならないほどの、捨てたい人生も悲劇なら。入れ替わられても誰も気づかなかった相手の人生も悲劇で悲しくなりました。
男の死体さえ見つからなかったら素知らぬ顔で生きていけたかもしれないけど、一生偽りの自分でいなきゃいけないなんて。
今回しつこい特命係のおかげでちゃんと捕まえてもらって、よかったんだよね。何しろ別の人生を歩んだんじゃなくて当時の恋人と結婚しようとしてるんだから。
……ってことは、あれれ?

子供の父親も、当然その人だよね?? 籍を入れずに(まるで死体が見つかって警察が来るのが分かってたかの様に 笑)こっそり交際していた意味が分からないぞ?

…まあいいや、3話も観てみようっと。