うわ、蛇足。

撮り下ろしの前半、インタビューアー側を字幕だけで表現したり、子役が成長してるところは面白く見られたのになー。
そして本編もつかみはオッケー系の派手な事件&入院右京さんの安楽椅子(もといベッド)探偵も珍しい見応えある話なんですが……後のフォロー部分でがっかり。 せっかくの本編の感想すら変わりかねないがっかりですよー。

高所恐怖症の男に、地獄を見せて殺すわけで。
確かに何年か前に見たときも、”酷いなー、いわば代理殺人なのにそこまでってよっぽど嫌われてたんよね”とは思いましたけど、その原因をくっきり描いてくれなんて誰が頼んだんだか!!  ハンカチを握りしめる手と、あくまで言葉を濁す彼女で十分じゃないですか。(更にこれじゃ、彼女一人だけが辛かった、恨んでたって印象。ホイホイ手伝った他の人たちはなんなの)
しかも、それを右京さんと薫ちゃんにペラペラ喋ってるインタビューア何様??

”殺意を覚える程酷いこと”として婦女暴行をもってきてるけど、この扱いでは返って軽すぎて見識を疑う。ていうか、だからって法を通さず個人で裁いていいはずがないってのが普段の右京さんのスタンスじゃないのかな。

さて、シリーズ続いたらあの女の子が婦警さんになって赴任なんてこともあるんでしょうか!!