捜し物は何ですか♪
先週に引き続き、探して探して、頼まれてないモノまでいろいろ見つけてしまう特命係です♪
(2人だけ奥に行ったところでてっきり、違う死体をみつけちゃうんだと思った人?ハーイ!)

 邪悪な伊丹ん(^^;;;) アナウンスのマネってあんた小学生かーっ
置き去りにしたくせにきっと、後から結構気を揉んでは他の2人に苦笑されてたと思うのですよ。で、鑑識さんもそれを知ってるけど、ちゃんと亀から連絡があったとかまた事件っぽいとかはもちろん教えてやらないの。…って、何妄想してるんでしょう、私。

 山道で平然としている右京さんが素敵でした(^^) 木の枝折って傘にしようなんて、誰が思いついたんでしょう。亀ちゃんかな。

 で、雨にけぶる女王の宮殿。異世界にトリップしちゃったかの様な舞台でしたね。

 次から次へと登場人物が増えて、何事かと思ったらあの人達は『頭数』が必要な有象無象だったと。下々への非道い扱いがまた素敵。
 それもこれも、大空真弓さんの女王が歴として存在感あったからですねえ。右京さんをたじろがせる女性なんて、久しぶりですよ!! 初対面での打ち明け話が何故か自然。なるほど、右京さんが旦那様に似てらっしゃったのね。

 で、名探偵の推理披露の後にもう一難♪

 七輪が無いと聞いて、てっきり火事を起こそうと(保険金狙い?)してるのかと思ったのですが……CO中毒の方でしたか。絵の保管庫なら機密は充分。しかも肝心の絵がもうないのなら煤煙出そうが平気ですからねー。(あれれでも、大きな窓を開けてたけど ^^;;;)
 死体は、なにも彼の家まで戻さずとも山に転がす方がオススメ。でも運がないとやっぱり、冒頭みたいな山狩りでぽろっとみつかっちゃうんですよ。

 最後、退場する女王をエスコートする右京さんが堂に入っていてもう素敵素敵。
その前にチーフを換えたところも、ファッション界の女王という設定を活かしたエスプリでニッコリでした。(その後ろからついてくる亀ちゃんはまた、見事に亀ちゃん)

 あの時間にはもうたけるくんは寝てただろうから、アルジャーノンはきっと執事さんが返してくれてますよね。また妄想妄想。