「それは各自どっかに掴まっておけば」
って、時空の歪み相手に(笑) 小林聡美はいいなぁ。

「70才と思って見て」
「若!」           山本くんはいいなぁ。

 10年前行方をくらました飛行機が、乗員乗客と共にあの日のままに戻ってくる。
若いままの彼らと、10年年取った自分。その再会の大騒ぎを描きつつ・・・・また彼らが消えるまであと10日、なんて悲劇のXデイがまた近づいてくる・・・・。

 とまあ、ざっくり言うとSF(by小林聡美)。
『戻ってくる』のも『また消える』のもいいけど、その日時をピンポイントに当ててるのはどうなんだっちゅーところが、SF好きとしては気になって仕方がないのですが・・・・・まぁドラマだから。

 10年経てば、家族も引っ越したり離散したり。娘の追悼コンサートでボロ儲けしていて、娘が生きてるならタイトルは「奇跡の帰還コンサート」にしなきゃ とか言ってたり。そんな各家庭の悲喜こもごも興味深いです。

 でも何よりも、山本くんがやってきて昨日のケンカ(小林聡美には10年前)を謝ったり、10年の間に結婚してやしないかと泡喰ったり。そんな場面に時間の経つのを忘れます。だから、物語はほぼどうでもいいのに、エンディングになると『もう??』と驚くという。

 それにしても、長髪にもせずそのまんまで10年前を演じる小林聡美。凄いなーと思ってよく思い出すと・・・・10年まえには老けてたんだよね(笑)
 時間って平等??