もつれ具合が大変に楽しい♪
写真にしろ、すき焼きにしろ、三谷作品の行ったり来たりに似ているよね。
 また、メインの人物それぞれが見ていて楽しいので今のところ物語の着地点は気にせずにただ楽しんでいます。すべての元凶、悪党な了がもう、カッコイイんだ!
 こいつとさえ関わらなかったら、明之もユウも穏やかに暮らしたんだろうに。

 結婚式から逃げる、恋人に捨てられる、波瀾万丈度から考えたらいわゆるドラマな人生送ってるのって、了の方だよね(笑)

 だって、主人公の不倫っていったて、既成事実はまだキスとハグだけじゃん(^^;;;)
 うっかりキスされ、うっかり抱きしめ、そこをうっかり写真に撮られ・・・・と進展はしてるけど、一番の問題は
「ウソをついた」
こと。それだけといえばそれだけ。

 でも同時に奥さんも、それだけ のウソがあるらしいのが深いー。
 たかが妻のマフラーを弟が持っていたってだけで、渡すときににんまり微笑んだだけで、猛烈に心配になるのは、自分もやましいからだよねー。

 梓のガラスをアキが装丁した本。
2人の名前が並んで書かれた見返し。発行(誕生)を祝って、出来を誇って、こんな絆って、まるで2人の子供みたい。
どんなにサヨナラって口にしたって、あの絆があるかぎりきっとまた会ってしまうよね2人は。
 対する奥さんユウは、不妊治療してたけど授かってないという設定が哀しいなぁ。夫婦の絆ってそれだけじゃないだろうに!

 気にしない、といいつつやっぱり考えたこの先の騒動は・・・・ユウを好きな蔵之介さまも巻き込んで、もう離婚よーってなったときにユウの妊娠が分かるんじゃないでしょうか。
 だからってどう終わるんだろう。

 アメリカのドラマみたいに、だらだらドタバタ永遠に続いて欲しいタイプの話かも。