あろうことか、途中で寝ました(^^;;;) だってネットの住人多すぎだもん!!
2人がくっつくのは絶対分かってるんだから、そこはいいんだって。
なのに 例によって山田がべそべそ泣くじゃない。 イヤだよこんな男ー。
 でもまぁそこは、エルメスがいいなら仕方ないわけで。

 映画版と比べて、そうかー今度はエルメスが電車を探すのかーとか。
オリジナルキャラの桜井と陣釜がナイス過ぎる!とか。この騒ぎを謝罪一言で済ますのか弟、とか。もざいくか!とか(笑) 録画した分を後日見直して楽しみました。
 
 そういえば原作(?)では、エルメスも準オタク(この、準の基準が分からないんですが)だったから電車がオタクをカミングアウトしても無問題というオチがあったかと思いますが、そういうどんでん返しはなかったのね。まぁいいか。

 で、世間の電車萌えになにか思い出すと思ったら某SFでした。ジョン・ヴァーリーの。
脳波を記録:再生できる機械で、自分が「恋に落ちた瞬間」を保存され、ソフトとして売り出されてしまった男の話。悲恋に終わるので彼個人には苦い想い出ですが、世界中の人がその甘酸っぱい瞬間を娯楽として味わっているんです。
 恋愛ドラマってそういう欲求があるわけで、当時の「毒男スレ」もそんな甘酸っぱい追体験だったのかなーと。

 純粋ドラマというより、バラエティの再現ドラマを見ている様だったかも。
楽しかったからいいか!