前転はないでしょう、天下の往来で前転は(^^;;;)

 前回あれだけ「お友達から」モードだったのに、いつの間にか「待つ女」になっちゃってる加藤あい。 憧れの先輩に仙崎を恋人呼ばわりされて、てっきり否定かと思ったら頬染めてますよ??いいけどさ。

 一ヶ月会ってないんですって。そりゃあ確かに遠距離恋愛と同じ。デートの時、仙崎君が浮かれまくりなのは毎回が久しぶりで新鮮だからなんですね。で、
「海の上でも、キミのことばっっかり考えてた〜ん」
とのろけてる横に、捜索を打ち切られた行方不明者の遺児(波岡一喜)が。間の悪さ全開(またお互い濃い顔と変わった顔で、埠頭と船上の遠距離で見覚えていても許せるんだ・笑)

 だからって、巡洋艦(だっけ?)一隻出動させて、沿岸に見張りも立ててビラも作って配布して、訓練で『腕時計一個』を探すってアリなんでしょうか(^^;;;) そんな前例作って次の遭難で指輪がない、メガネがないって言われたらどうするんでしょうか。
 でもまぁ、最後の1分で奇跡の発見をすることもなく無事?捜索は空振りに。
そこで『代わりに貴方のものを下さい』と遺児が仙崎に頼む展開は分からないでもない交流だったので、ちょっと胸を熱くしてしまいました。

 そして、誕生日にと彼女に貰ったのがちょうど空いた左腕に必要だったダイバーズウオッチだったから冒頭の有頂天前転(^^;;;)
 ああいう仕事だからこそ、もう持ってると考えるのが普通の品じゃない?奇跡のタイミングですよ!!

 それにしても仙崎、何故そんなに嬉しいのか、遺児と何があったのか、自分が日々なにをしているのか、全く話していない模様ですよね??
 守秘義務ってそんなに厳格なんでしょうか。
 ていうか、あの生活で仕事の話を省いたら、いったい彼にどんな話題があるんでしょうか。毎食の献立?(笑)