「キミとは住む世界が違うんだよ」っていきなりキレられてもさ。
金持ちなのは社長でしょ。秘書の実家を訪ねたら貧乏長屋に病気のお祖父ちゃんが寝てるのかもしれないじゃん。
 靴下も買えない我が家・・・・という表現だけじゃなく、秘書自らが物を粗末にする場面がなくっちゃ、あれはただのいいがかりだよね。
 100万円のスーツ、断るでもなく島男くんがもらって着てるのにびっくり。そんなパーティに連れてくる妹の服は大丈夫なんですかっ?
 
 さておき、札束で万事解決♪な社長と、誠意と真心でおつきあいの島男。2人の分かり易い対比はいかにもドラマで、将来の対決を予感させてくれます。

 和菓子屋のこだわりを理解するために、自分も和菓子づくりを体験してみるアイランド島男くん。なかなか、普通じゃ出来ない変人っぷりです。
 ・・・これが出来るなら、天才SEの必要ないじゃんって気がするんですけど・・・その辺は見ないフリ見ないフリ。美味くない店で修行して意味あるのかってのも、言わない約束かもー。
 でも、どうしても気になるのは片手間修行につきあった近所の和菓子やさんのご迷惑。
 材料無駄にされ、連日時間とられて・・・。
 お礼は契約とれたナントカ堂じゃなくって、ご近所の和菓子やに払いなさいって感じです。ついでに借金もそこから返しちゃえ!

 ツボだった小ネタは・・・・
*アイランド
 社内であだ名になってるよ!
*秘書に会うなり「かおり!」呼ばわりの妹(^^;;;)
 お兄ちゃんの寝言の人だ、といっても、兄を冷やかすつもりはないらしいよね。
*社長の割り勘。
 コーヒー代は貴方で、私は車購入の代金を って!3桁違ってますよ!

 あの和菓子職人さん、「救命病棟24時」でヒゲメガネ医者だった人ですよねー。声で分かるまでにちょっと時間がかかりました。こういう顔だったんだー。

 そして、分かる人には分かる「丹波さん」
草なぎくんの声で「丹波さん」って言われるといろいろ思い出してしまうじゃないですか。まぁ本当は「丹波産」の小豆は最高って話をしているだけなんですけど(^^;;;)
 「TEAM」spまた見たいなぁ。