地上げ、幼児虐待と目を引くキーワードを散りばめながら、一筋縄ではいかない流石のシリーズ。再放送を見ました。
 4人娘(?)の会食に始まって会食に終わる、きっちり連ドラの枠を守って、キャラも通ってる。本当に安心してみられる良作でした。

「君は間違ってる」
 これが、愛の言葉として描かれてしまうとは、なんて大人なの(笑)

 また、幼児虐待の捉え方も等身大。直接の死因が虐待でなければそれでいいのか、と。
 叩いたことがあった。仕事を優先して幼子を顧みなかったことがあった。取り返しのつかなくなった今となっては、そんな日々ばかり思い出されて哀しい。
 また子供がね。お母さんが大好きだったと分かって更に哀しい。誰だって覚えがある程度、本当に躾の範囲かもしれない程度の手のあげ方だっただけに身に染みて哀しいです。

 シリーズ、この先はあったんでしょうか?月山の恋はどこへ行く??
(森田のシークレットシューズ・笑)
 そうそう、アリバイ崩しの鍵を握ったハエJrちゃん。 アニメで可愛く描かれてましたね。それでもイヤな人はイヤだと思うけど、苦肉の策で評価!