きれいだわ・・・桜よりヒロインより何より、藤木直人が!!

 いきなり葬式。
 都会に出て、病気を隠して1人で死んでいった彼。同級生が、家族が、それぞれに思い出や「何かしてやれなかったのか」と悔恨を語るところは哀しいね。ドラマの出来とは別に、勝手に泣けちゃう部分。
 実は帰省する予定だったんだねと、使われなかったチケット、土産を抱きしめて母親が「お帰り」と泣くところなんて、これをタイプしていても涙が。あうあう。
 ある意味、「僕の生きる道」でサラッと流した部分をあざとくも広げて来た様な・・・あ、そうか。今シーズン病気だ死だ障害だって重たいモノが多いのは「僕生き」の成功のせいなのか。(今更 ^^;;;)

 で、故人の兄と友人、として出会った藤木直人と菅野美穂。

 「カツ丼食べない?」がナンパじゃなくて、故人との思い出だからだったり。
 「撮らせて欲しい」がヌードじゃなくて、小児病棟の写真だったり。
そういう細かいところで気が利いていて魅せてくれます。
 お堅い菅野と、業界な藤木のの距離が渋谷から新宿までに近づいた(笑)ところで第一回終了。
 藤木直人って、何で顔覚えたんだっけ・・・演技の印象はなかったんですよ。普通にいい感じじゃないですか、あんなにキレイなのに! いやぁ、もっと顔だけの大根かと。

 この先、カメラマン藤木が失明していくわけで菅野が泣きまくるかと思うと腰が引けますが、丁寧に作ってくれそうな気もします。
 直太郎君の唄も楽しみに見ようかな。
 ・・え?主題歌さだまさしじゃないんだ?