いやー、1時間アッという間。手堅いですな。
 1日デートしてキスした(された・笑)相手と今カノ(小西真奈美)が一緒にいて、焦る妻夫木クン笑顔 キスの手話に焦るところもカワイイ!
 そして”怒ってる手話”は、意味分からず見ていても剣呑ですね(笑)

 例の手話の出来る年上彼女が、サエ(柴咲)ちゃんのサポート係とやらに就任。すると早速、いらないお世話をあれこれしだしてモメまくりです。お互いに相手を、合わない、変わってると評すところで笑っちゃいました。そんなもんよね。

 どれも、サエ本人がイヤだと伝えればすむ話。親切心をそう悪く書かなくってもなぁ・・・・とは思うものの、その事件ひとつひとつがカイ(妻夫木)とサエを近づけていく、その過程はお見事です(結局、カイの対応も不愉快ってのもいいよね)
『電気を消して暗くなったら、話も出来ない』と泣くサエ。
いっそ暗闇にして抱きしめてやりたかった、と独白するカイ。
 恋だよ、恋!!

『後ろで噂してる』その内容を聞いて、間髪いれず殴りかかるカイも凄かった。お姫様と騎士だわね!惚れちゃうよ!!
 最初、サエの焦り方でウソかと思ったのですが・・・テーブル間違い(^^;;;)いやその前に、天下の美女・柴咲コウを「あんなの」呼ばわりとは。そんな目の悪い奴ほっておけ!

 カイも、サエも「耳が聞こえないからつき合えない」という方向じゃないから・・・つきあってる彼女さえいなかったら全然OKっていう順調な状態です。

「僕が好きなのは真帆だけだよ」
なんて台詞は、相手に触れながら言わなくちゃ不安なままなんだよ、カイ君。そういう手慣れてないところが魅力なんだけど。

 来週は、揉めるのかな。ワクワク。