見応えあった~
しかも最後までメンバー達が仲良かった!支え合ってきた仲間ですもんね。変に対立演出されるより心地よいです。

 楽しみお宅訪問では
「僕の夫です」
「私の妻よ」
とパワーワードがw デザイナーたちのLGには今更慣れっこでしたが、そうかー結婚出来る様になったのね、としみじみ。
 そしてクリスチャンのアドバイスを受けるわけですが、点数が全く足りないビシュミ、危ない(ビシュミだけパートナーなし。宿無しからは抜け出せても、心の平安がなかったのかしら……)

 そして4人また集っても、ショーまでに3人に絞られちゃうんですよ。
ニーナが作品写真を見て、足りない要素をアドバイスしてくれます。それに沿った新作&既存2着でまとめろ、となってそれぞれに悩みまくり。へスターはデザインは決まらない指は縫うと迷走の挙げ句に、なんと最高の一着を作成。モフモフスカートにシャツの上からブラと、無地でもインパクト大な一着で、ラストのショーにも出す出来映えでした。それにひきかえビシュミはそもそも8着と足りないのに、新作も迷走のまま謎の袋が爆誕orz どうしてこうなった……。ガロのテーラードもお粗末な出来でしたが、あの袋よりはましw
 残念でしたけど、おかげで選考はすんなりだったかな。本人も、他の3人が選ばれて誇らしいと、とりあえず言える状態での勇退でした(後にNYファッションウィークにショーを出せたそうで、良かった^^)

 さてへスター、ガロ、セバスチャンはモデル決め。
選んだモデルがどの服を着るか、今ある程度心に決めていても「いろいろ着せて比べた方が良い」とクリスチャン。おかげで当日、予定とは全然違う服で良い結果になったと感謝されていましたよ。また、フィッティングの手伝いが3人来ると事前に教えてくれていたり。経験者らしい実務的な助言に安心できましたね。

 そして当日!
ニューヨークファッションウィークへの参加で無く、プロジェクトランウェイのためだけに集まりを催した様ですね(そういえば同窓会も無かった!)
 へスターは、カラフルではじける様なコレクション。手書きの教会画っぽいプリントも好き~。さすがにショー向けともなるとキッチュで安めな感じは抑えめに。へスター比でちゃんとお高そうに仕上がっていました。でも自分も同じプリントの服をカジュアルに着ていたところも好き。布熊バッグも好き~!
 セバスチャンは網み網みでアースカラー。職人の父制作の革ベルトも印象的でシックでかっっっこいいコレクションでした。概ね無地。縞以外の、絵柄のある服も見たかったかも。ところで縞々で透ける青トップス、プラスサイズモデルでの透けは強力でしたw
 ガロはダークでキラキラと夜の外出向けなコレクション。素敵でしたけど、もっとお得意コスチュームっぽいぶっとんだのも見たかったですね。胸の前に板入れた様な服は身体から浮いていて気になったかも。人気の新作スパンコールドレスをあえて下げた割に、代わりに出した新作ドレスはジッパーが浮いている悲しい出来に。誰よりも事前にたくさん準備していたのに、チョイスを間違えたのかもしれません。残念。

 結果、セバスチャン優勝~!
コロンビアだっけ?南米から出てきてチャンスを勝ち取ってブランド立ち上げ!アメリカンドリームですよ。頑張って!

 そして最後を締めくくるのは、演技も出来るクリスチャン(^^) 次のシリーズでまた会える! 放映済みのシーズン18までは、またwowowで放映してくれるでしょう。さてその先は、しばらく無理なのかな……(^^;;;;;)