大団円(^^)

 トリアエズナマは、販売違法なラガーだ!
と、有力者のバッケスホーフ(篠井英介)に難癖をつけられて「のぶ」存続の大ピ~ンチ! その裏付け調査をうけおったのはあの、冷血有能ゲーアノート(浪岡一喜) このままでは大将は逮捕され、店はバッケスホーフ商会に乗っ取られてしまうのか?

 ……って、そんなわけないじゃんw
「しのぶちゃんは裏口から逃げて」
「いやです」
なんて大将(大谷亮平)としのぶちゃん(武田玲奈)のやりとりも、常連さんが急に寄りつかなくても、余裕で見ていられます。みんながそれぞれ何か、手を回してるから来られないんでしょうよ。そして一見バッケスホーフのために働いているゲーアノートだって「のぶ」を助けるに決まっているじゃあないですか!

 タイムリミット、バッケスホーフと共に現れたゲーアノートが蕩々と発表した調査の結果は。はい、バッケスホーフこそ禁制品を密輸して呑んだ張本人でした~!有能~! 確かに、一口呑んでエールじゃなくてラガーだと分かったことがもう動かぬ証拠です。逃げだそうとした従者(梶原善)共々、逮捕! 店の前には、様子が気になるベルトホルト(阿部進之介)ら常連の衛兵たちがたむろしてましたからね。

 無事を祝っての宴会~!
バッケスホーフが破談の横やりを入れていたベルトホルトとヘルミーナ(堀田茜)との結婚も、助祭さま(田山涼成)の尽力で案の定、署名を集めたり脅したり、店をバッケスホーフから買い取る資金を集めたりと常連はそれぞれ出来る支援に走り回っていましたよ。その期待に応えて、これからもこのアイテーリアのために店を続けていこうと心を決める大将としのぶちゃんなのでした。
いやでも、「のぶ」のトリアエズナマが密輸ラガーじゃなかったとして。じゃあどこから仕入れているのかは問題じゃないのかいw ラガーのあまりの美味しさに流通を禁じたという王様が、そのうち「のぶ」に通い始めてしまうのかもしれませんねえ。