え、ちょ、そこで終わり??
堤下敦出演、というだけで録画を見たら、実質前編でびっくりしました。「極妻の逆縁2」は続編でなく後編です。そして和装ゼロ! 確かに極道の妻がヒロインですが……これも「極妻」??

「天下とってやる!」
と言うだけの下っ端ヤクザの夫英彦(上地慶)を、それでも支えたい華(染谷有香)は、組の金を持ち出そうと焚きつけます。折しも鉄砲玉を命じられた英彦は計画に乗り、といっても実際には華が盗ってきて、本当に億の大金を持って逃げるふたり。華の知人「ひかる」の伝手で隠れた別荘には、無愛想な管理人(河野智則)とおかしな妹(伊藤真緒)が居て……。

 カーッ英彦がぼんくらにも程がある~!
犯行も高飛び手配も全部華にやってもらいながら、煙草がない、ひかるって男かとぐちぐち。挙げ句、あっという間に居場所をアニキ(山口岳彦:瞬間メタル山口)にばらしてますよ! その頼れる男アニキに、英彦を殺して金持って一緒になろう、抱かせろと迫られた華が、近づいたら死んでやるーっと自分にナイフ向けて頑張ってるって間にも、管理人の妹(?)と密着、そんな場合か~!!
 さてそのアニキが謎の死を遂げ!金が消え!!管理人を疑い一触即発なところに、道に迷った部外者が一夜の宿を求めて参入して「2」につづくw いや本当にここからどうなるんでしょう。

 堤下の役は、中堅ヤクザでした。笑顔で鉄砲玉を勧めておいて、反応が悪いとぶっ飛ばすオラオラです(似合うw)そして金を持ち出した華を、銃を手に追ってくる。でも下は綿ブリーフで足下ふらふらw 色仕掛けに気が緩んだところを殴られでもしたんでしょうねえ。 留守番中の不手際、指つめさせられてないといいですけど。