パリで撮影の、Hulu制作ジュヴナイルドラマです。

 ヒロインのレナは、1905年から現在にタイムスリップ!
でもバレエの練習着のまま、場所もパリのオペラ座だったので周囲から浮くこともなく。新しい練習生なのね~と現代のバレエ学校に入学し、モダンダンスやヒップホップは壊滅的でも古風なテクニックは抜群w と受け入れられちゃうんですよ。
 偶然みていた1話で、そこが一番のツボでした。バレエ!!!
私服じゃ無理は当然として、例えばスポーツ選手ならこの120年で道具やテクニックはずいぶん進化したでしょう。テニスなら1905年当時でもオリンピックに女子競技ありましたが、スカートはくるぶし丈。ラケットは重い木製w フィギュアスケートも五輪競技でしたけど氷上に図形を描く技術が大事で、現代では小学生でも飛ぶ二回転が男子最高難度(^^;;;;) でもバレエなら、トウシューズのデザインは恐ろしいことにこの100年たいして変わらず。「くるみ割り人形」が1892年「白鳥の湖」は1895年に初演!オペラ座バレエ学校の優等生レナなら、現代でもきっと通用しちゃうのよー。うわー。

 タイムスリップの原因はというと、彼氏ヘンリーがくれたペンダントでした。実はヘンリー本人も知らなかったのですが彼の一家はタイムトラベラー。時間の「ゲート」とやらを開けるための秘密道具のペンダントだったのに、きれいだからって勝手に持ち出してプレゼントしちゃダメじゃん……。 ヘンリーの父は即座に事故を察知。現代のバレエ学校にまでレナを追い、生徒としての待遇や出自、金銭問題をどうにかしてはくれるのですが連れ戻ってはくれません(^^llll) 時間の歪みがどうのこうのなんですよ。諦めきれないヘンリーは、また勝手なことをして面倒を増やし、追っ手の時間警察3人組に拉致された挙げ句に手を組んで、10話ではタイムマシンを作らせているところ。でもジュブナイル物の敵役の常として、間抜けでねえ……。
 そうそう、レナはそもそもロシアの王女様で(作中でフルネーム検索すると、同じ顔の白黒写真がw)パリにはバレエ留学中でした。身分違いの恋が許されず、タイムスリップの日も駆け落ちするはずで手荷物もっていたんでしたっけ。そんなふたりの秘密のやりとりは、オペラ座屋上の壁のくぼみに隠した手紙。そのやり方のまま、1905年のヘンリーから21世紀のレナへメッセージを届ける、時を超えた文通は胸熱でした。伝統あるオペラ座ならでは、でしたよね!

 てなわけで、序盤はひたすらヘンリー待ちで帰りたいのですが、そのうちルームメートのイネスにはタイムスリップを打ち明けて納得され、現代用語や日用品の使い方を覚えて馴染めば、ピザは美味しいしスマホは便利。周囲とも仲良くなって……ヘンリーを思う時間も段々に減って幸せそうになっていますよw

 クラスメートはインドやスペイン、スコットランドと各地から集まり、民族舞踊を取り入れて踊る授業はダンスも楽しかったですが、そんな組み分けや練習を機にあちこちで恋が芽生えたり芽生えなかったりする様子もまた楽しみのひとつです~(あれ、でもそういえば東洋系ってひとりもいないのね……男子にも女子にも食堂のモブにもひとりも!!!マジか) 
皆バレエ一辺倒というわけでなく、すぐブレイクダンスを披露するジェフもいれば真面目なマックスだって実は学外でこっそり地下ダンスバトル(?)に。理系で賞をとっているイネスに、なんとクリケット競技で国代表レベルのダッシュ、優等生のティアだって、ダンスで優勝するだけじゃない、スケボー選手が夢だったことも。子供達がどこかに自分を重ねられる気配りを感じます(もしやインドがアジア代表??)
 更に親子関係も。美しくて上手くて自信満々でツンケンしているティアが、母親が応援に来た途端に言いなりで失敗続きのダメなティアになっちゃうんですよねえ。機転を利かせたレナの助け船に感謝しながらも、じゃあ母が嫌いと言い出すわけでもなく、無理して学費を稼ぎ自分に夢を託している母に応えたい、だなんて。健気じゃないですか。

 それでも、発表会のヒロインはレナに。ティアは屈辱の代役。さあどうなる? とか言ってると忘れそうになるタイムトラベルの方も、どうなる?
と、ここで12話以降がコロナ対応でお休みのアナウンス入りました。あら12話でまだ終わらないんだ! でも撮影は済んでるでしょうになんで……って、吹き替え版の収録が進まないんですねえ。
続きを楽しみにしています。

(全26話、第2シーズンも放映済みで第3第4シリーズ制作中だそうです。レナ帰れてないってことじゃーんw そのうち東洋系も登場か?)