順列組み合わせ、大団円!

 4月に食い込んだ最終回前に一回休みが入るもんだから、もう終わったかと勘違いしてましたよ~。随分ふんわりなエンドねと、それなりに納得w でも本当の最終回では、それこそ初対面で喧嘩してた安井と恵理乃が仕事で再会。ズバズバ言い合う仲でいい感じになって終わりましたよ~。ああ楽しかった。

 お洒落レストランのお洒落料理会で出会った男女。まずは順当に当日好印象の組み合わせで後日、安井&沙羅、藤城&恵理乃が急接近するも早々に分かれて。流石にそこ以外の人間関係もありつつ、元カノを誘ったら実は料理会メンバーとお友達だったとか。小説家(真島秀和)があちこち声かけてる女子の中に、モデル沙羅ちゃんのお友達もいて『同じ店に、同じ文句で誘ってた…』と超イメージダウンだったりw 結局は案外世間って狭いんだぞっと(^^;;;;)

「戦略が大事☆」
と主張して、わざと返事を遅らせ焦らしたのが裏目に出て振られたドラマ制作の笹川(坂井真紀)はその後のフォローなし。焦らし自体が昭和でダサいらしいし、仕事でも部下に「その表現、古いです」と言われていてあれこれ心配になっちゃいますけども。その他が上手くいったように、きっと合う人がどこかにいるのでしょう!

 まどろっこしい!と恵理乃に切られた藤城くん(黒羽麻璃央)でしたが、食事会当日には高嶺の花で話もできなかった沙羅(筧美和子)とめっちゃ後に再会。やっと連絡先を交換(^^) 控えめで臆病なところをむしろ、誠実と受け取った沙羅と、穏やかにゴルフレッスンなど始めていますよ。あとは小説家を切った決定打『え、今夜誘わないの?』が心配ですけど、同じ若さなら沙羅ちゃんがリードしたっていいもんね。
その沙羅に、自分のことばっかり…と嫌われた安井(古川雄輝)も、恵理乃(大西礼芳)なら自分からもガンガン日常や大変な仕事を発信していて無問題。沙羅やその友人が問題にした安井の自撮りアイコンになんて気づいてもいないのではw その恵理乃だって、小説家にとっては美味しい食事より会話を優先しちゃうことがマイナス。いや、貴方の小説を一所懸命に褒めていたのに? 結果、小説家は恵理乃を2度と誘わずに、パクパク美味しく食べる可愛い編集さんと仲を深め。安井と恵理乃はついに初回のレストラン、グランロッサに戻ってぎこちなく、交際を意識し始めた初々しいご会食。LINEで楽しい相手と、会って話して楽しいのはまた違うかもしれないし、ここはただのスタートですかね(^^)

 そして移転するグランロッサ。その先でまた、素敵な出会いを演出して行くんですね~。続編あったら、今度はシェフ(和田正人)も組み合わせの輪に入れてあげて~(^^)