え?SF?
 豊崎愛生など声優の綺麗どころを集めてバンドドラマというから、興味ないなーと思ってたのですがまさかの展開でびっくりです。

 普段から地下のシェルターでギターの練習をしていたという、ゆき(豊崎愛生) バンド仲間を誘って合宿!音が漏れなくていいですねえ…って、ちょっと待って個人所有? 親や親戚一同で持っててもすごいのにね(カレンダーが2029年。その頃にはシェルター流行ってるのかなw)トイレ、シャワー、冷蔵庫付き、有事に備えて食料と水の備蓄は3ヶ月だけど、そこまで電気が持たないかも、だとか。外を見渡す監視カメラも付いてます

 ところがある夜、衝撃音と共に通信と映像が途絶えて戸惑うメンバー達。そこへ現れたガスマスクの男は、杉並区役所の職員を名乗り人数を確認し、何が起きたかはのらりくらりとごまかしながら
「大変ショッキングなことに」
とだけ伝えて、配給のパンを渡して去っていくのです。備蓄の水をゴックゴク飲んでw 外には水がないのか?
その後、何度か職員さんが来るうちに復活したカメラが写したのは…見渡す限りの、砂漠? 瓦礫すらないの? え、東京どうなっちゃってるの? それまでも、出ようとしては職員に全力で止められていたくるみ(戸松遥)は、ついに職員のガスマスクを盗んで逃亡。戻ってきませんでした。

 いやいやいや。
タイトルも「劇団」入ってるし。いつカットの声が入ってメタ芝居になるのかと思いきや、このSFのまま続くみたいですw マジかw だったら見たいかも(追記:2話ずつ脚本家を変えて別の話になるようです。またスフィア自体は結成10年目なんだとか。別畑のことって知らずにいますねえ~)

<2話>
 新たに、NASAの子会社NASAテック杉並支店の社員を名乗る胡散臭い男来訪。
連合軍の「ああいった」攻撃を受け、「そういった」状態なので。「火星に移住」を最終目標にまずはアメリカ合衆国に移送しようとしているそうです。ちなみに男女カップルを最優先に「健康」「優秀」「美しい」など条件付きの上に有料49万2千円(クレカ受付可w)  払うんだ…(^^;;;;)  それも、あさこはくるみの分まで2人分!
 戻らないくるみが心配でたまらないあさこは、ついに5分で戻る約束で、外へ!

のはずが、やっぱりまた区役所の人に止められるw  詐欺の警告をされるのかと思いきや肯定で
「私とカップルになる人!」
と募集。全力でお断りの3人に暴れ出したところで、飛び蹴り~してきたのは戻ってきたくるみ!遅いよ! なんと外は全く変わらないので、つい自宅まで帰ってきたのだとか。
詐欺男をふん縛り、呼び出させたNASAテック男も捕まえて、さてお金は戻って来るのかな。

 差し入れ袋に『杉並区崩壊しても、ドンキは開店してるんだ…』とツッコむ雪の心の声や、監視カメラに砂漠映像を貼り付けた詐欺手口への仕返しも面白かったです。そして衝撃の?ラストw

 最後には、1、2話の脚本家徳尾浩司とスフィアでのジャージ姿のアフタートークもあり。