「雨宮リカ、28才です」
 高岡早紀(46)が言い放つ、この自己紹介だけで十分怖いw 
ゴージャス自室はガラス瓶だらけ。花が入ったハーバリウムのみならず、メガネやイヤフォンなど小物入りの瓶は、ターゲットの私物? ある意味、派手な怖がらせで目玉や指が並んでるよりありそうで地味に怖いかもですorz

 外科医大矢(小池徹平)に一方的に惚れた看護師リカ(高岡早紀)自称28才。
元々は、街中での救命救急に居合わせてサポート。立ち去り際の礼を「運命のプロポーズ」と思い込んだ彼女が、勤務先の花山医院に転職してきてグイグイ迫るわけですが。言葉通りにリカを28才だと受け止めて「年齢にしては大人っぽい」とか言ってる大矢先生……天然なのか目が悪いのか、それともあれは、同時に入って担当看護師になった素朴なお嬢さん(藤本沙紀)を称してるミスリードなのかな、年齢違うけど。リカは「どちらかというと美人」じゃなく「美人!」だもんね(^^;;;;;)
 なんにせよ、早々に大矢の叔父にあたる花山院長(西岡徳馬)にすり寄り「こんな人を嫁にどうだ」と言わせちゃう凄腕のリカさん。大矢本人にも
「結婚しましょうよ!」
と、直球で持ちかけますが。呑気な先生、あくまで一般論で受けとって
「今はまだ無理だな~」
と、脳裏には恋人(山谷花純)を思い描きながらのゆる否定。
「え〜、私28才までに結婚するって決めてたのに」
とまた怖いこと言ってるリカさんの夢を壊さずに話が続いてしまいます。アンジャッシュのコントかなw

 そして、大矢が担当の老人患者を殺すリカ。 だって先生が徹夜続きで体を壊してしまう!(結婚にも支障が、ね)
自分が交代後にボヤが起きるよう工作し、騒ぎの間に人工呼吸器を外す。アリバイを気にする理性はまだあるようです(監視カメラとかないのかな) でも看護師長(池谷のぶえ)から疑われ、次は師長を階段から突き落とす。丁度緩んでいた手すりが外れ……いやこれ「監察医朝顔」だったら、手すりの掌紋がないとか判明しちゃうやつw それに、ボヤに使ったタバコは若い看護師森田(立花絵理)のもの。一緒に休憩してたその子に疑われたら、今度はその子も殺すんでしょうか?
 もちろん先生の彼女も危ない(><)

 私物を盗んでは「落ちてました☆」と渡したり、大矢に近づく邪魔が入るとあからさまに舌打ちしてるぐらいは可愛いもので、笑っていられたのですが。初回からバリバリ人が死んでびっくり。続きも目が離せない展開になりそうです!