ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「南くんの恋人」8 ☆☆

 ラスト、ついにちよみと対峙して
「きゃぁぁぁ」
って野村さん。そんな声をパパが聞いたら、息子が襲ってるに違いないと泣きながら止めに来ちゃいますよ。
足跡
足跡和紙にのこるちよみちゃんの小さな足跡、ぺたぺた。
足跡可愛い!!
足跡この足跡が、小さいちよみちゃん発見の証拠になったりしないのね。ゆるいわ(^^;;;)
「記念にとっておこうかな?」
って大原くん。君、マニアなんだね??

 ポケットの中身を察しつつも、生身をみる勇気がないまま守ってくれてる大原君。イイコです。そしてお母さんに麗花さんっと。さーあ、知ってる人が増えちゃったぞ。

 いつもどっしり構えていたお母さん。なんと、知ってたからだったのね・・・。その洞察力普通じゃありません。
 小さな手形が服についてるのを、洗濯するお母さんだけが見ていたとか?
 それとも・・・・お母さんも昔同じ経験があったりして(笑)
 あの、喜怒哀楽の丸々表に出る南パパが、挙動不審丸出しで恋人を守っている姿はそりゃあ笑えるでしょうが・・・心労で倒れちゃうって。無理かー。

 今回も、ちよみちゃんお着替えしまくりで眼福でした♪共布のヘアバンドも可愛い♪

 それだけに、回想シーンの2人だとちよみがデッカク見えるのですが・・・・だからこそ、華奢な南くんの横にいて似合う、小さな女の子になりたい・・・と思ったことがあったら面白かったのにな。
 で、麗花さんはちっちゃくて華奢な子にしてみるとか。ま、いいんですけどね今の巨乳ちゃんでもゴーインな感じで。

「逃亡者」7 ☆

 アブラゼミのUP。
大阪市内ではクマゼミ主流、違うのね・・・・そのセミも足元に転がり、永井は長袖になって季節が代わろうとしています(^^;;;)

 永井、挙動不審すぎ(笑)
あれじゃ、指名手配知らなくても呼び止めたくなりますって。髪を切る気がないのなら、いっそ派手なアロハでも着てねーちゃん冷やかしながら歩いてみなさいって。

 水野刑事は新聞記事から、永井はやっと呼び起こした記憶からたどりついた、もう1人の義手の男、田所(田中要次) 哀しいぐらい直接関係ありました。
 そして実行犯だと告白!がーんっ
 彼と阿部ちゃんがイカニモ関係ありそうに描いてありますが、「頼まれた」とは言っても「峰島に」とは言ってないしetc、いかにもひっかけ臭いなぁとか、一応習性で考えてしまうのですが・・・もうダメ、マジメに考えちゃ。

 だって、危険人物宅にのこのこ単独で乗り込む刑事も刑事(それで電動義手だったら、逮捕する気だったんかいっ募金頼むフリでも出来ないのっ)ですが、その後明白に監禁・暴行を受けているのに
「私の証言じゃきっと採用されない」
からって、逃げた男は野放しですよ??解決しないように頑張りすぎだっ
永井の事件どうこうじゃないでしょっあんたの傷はどうなのっっ市民が危険じゃないのっっ!!!

 虐待のカルテ云々から、改竄などの不正を告発しようとして奥さんは殺されたカナーと、またまた習性で考えてしまいました。入院少女のコマとか・・・ああ、考えちゃダメ。

 昔世話になった刑事さんの演技とか、義手の男がピアノ弾いてたらしい(それは辛いよね)演出とか、いいところもあるんだけどなー。
 それと地下室のネズミ!!これはハムちゃん再登場への伏線か??

「人間の証明」8 ☆☆☆

 サムライだ、棟居!!

「その年のクリスマスに何があったのか?」
黙して語らず、父を殺した相手かもしれない男を身を呈して救う棟居。
助けられた本人にもワケが分からず、てっきり詰問したり言い逃れしたりといった展開になると踏んでいた画面のこちらがわにも肩すかし。

 でも、30年抱えてきたモノをやはり黙って抱えていく。その哀しい決意は美しいのでした。
「殺しあいは何も産まない」
そうだよね。
(別人だよ、という幼なじみの意見もごもっとも。更に心当たりもなさそうなマッチョ刑事さん。今までの展開からすると「覚えてない」のは辛い記憶だから、とも受け取れますが。)

 ジョニーに日本人の俳優を(無理矢理)あてた意味も分かってきた気がします。
 回想で語られる孝行息子ジョニー。良くも悪くも見るたび「あ、ジョニーだ」と気になって気になって(^^;;;) これが記号のような黒人青年だったら、毎回別の俳優さんでも気がつかないかも。ああ、だからハリウッドでもなんちゃって日本人が配役されたりするんでしょうか・・・それはちょっと違うか。

 奥さんの死体が出て、バカ息子は失踪する。
そしてジョニーの母「ハルミ」はこおり恭子だった!やっぱり。でも作品世界の人はびっくり仰天なわけですよ。特ダネよ!!

「世界の中心で、愛をさけぶ」8 ☆☆☆

 やったー!プロポーズだ〜!!過去も現在も。

・・・あ、現在は「一緒に家族写真」なだけ?
でも、そういう意味もありだよね??
男女の性愛よりも「家族」に比重の大きい結婚というものも、あるのかなとフレームの中の3人をみていて思いました。
『幸せにしてあげる、幸せにしてくれる誰かと一緒』なことで、生きていける。

 冒頭、しれっと『死のうとした』と彼女に告げる現在の朔。
そんなのも含めて、今回初めて現在の朔の描写をいいと思いました。もっと見ていたいなって。・・・やっと、トンネルを抜けてきたからかな。

 全てを諦め始めた恋人達と、再生を始めた17年後の朔と。
先週も書いたけど、過去と現在が差し引き釣り合っていてなんとかつらくなく見られるンだと思うので、構成に万歳!

 それでもね。最後、ウェディングドレスのアキと朔ちゃんの写真で殴られたように泣いてしまいた。あれは反則だよー。

 それから、朔のために自分から別れたと母親と話すアキ。
「死」を知った年頃の小さい子は、「お母さん死んじゃうの?」「お婆ちゃん死んじゃいやよ」と勝手に泣くモノですが……それって自分は死なないつもりの涙なんだよね。なのに、まだこんなに若い、幼い娘が自分の死を意識して泣いている。母親はたまらないだろうと思うともう、泣けて泣けて。

「南くんの恋人」7 ☆☆

 子供も埋めない、何もしてあげられない、ジャマになるだけ
・・・これってセカチューでアキちゃんも言ってましたね(^^;;;) しかし、そんな損得づくでしないのが恋愛というものですよ!!
 いいから帰ろう、ボクが守るから。ときっぱり宣言の南くん、漢だねぇ

 でも、進学に関してはもうちょっと真剣に考えた方がいいと思うゾよ。推薦結構じゃん?

 自活を強く望むちよみちゃん、書道コンクールに入賞して、生活費を稼いだ様ですが・・・実名で応募って!!「おじいちゃんに無事を知らせる」のが目的ならともかく、賞金を受け取るには学校名と本名を出したらダメじゃないですか。

 それに、料理屋にいた間のバストイレはどうしたんだろう、とか・・・
考え出すとキリがないので、ちよみちゃんのチャイナ服を鑑賞して気を逸らしましょう。

 南くんの夢で言っていたみたいに、フォーチュンクッキー山ほど引き直して「あたり」をみつけて戻る。そんなハッピーなラストだといいなぁ。

 ラスト、ビデオのズームから居所の知れちゃうちよみちゃん!!こりゃ、話が動きそうで楽しみですよ♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ